2015年10月09日

◆石油派の残党がもう1人失脚

宮崎 正弘 



<平成27年(201510月8日(木曜日)通算第4676号 > 

 
〜「石油派」の残党がもう1人。蘇樹林(福建省省長)が失脚
   これで「石油派」の江沢民派ほぼ一斉か〜

 
「石油派」のボスだった周永康が失脚し、天津裁判所で「無期懲役」。金庫番だった蒋潔敏はそれ以前に拘束・逮捕され、89万香港ドル(邦貨換算1400万円弱)を賄賂で「上納」していたことが分かった。

中国共産党中央規律委員会は10月7日、福建省長兼同省党委副書記の蒋樹林を拘束したと発表した。福建省は台風に見舞われたばかりで、蘇省長は9月29日に台風被災地を慰問したことが報じられた後、公の場から姿を消していた。

蘇樹林は2002年から06年までシノペックの副社長、07年から 11年まで同社会長を務めた石油派。江沢民が握った石油派は、いよいよ 最後の砦も陥落した。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック