2015年10月26日

◆ヒラリー、最悪危機乗り切ったか?

宮崎 正弘
 

<平成27年 (2015) 10月25日(日曜日)通算第4698号> 
 
〜ヒラリー、最悪の危機を乗り切ったか?
  バイデン不出馬、ブッシュ選挙戦撤退か〜
 
共和党の激しい攻撃に11時間にわたった公聴会を弁舌巧みにかわし、ヒラリーは最大の危機を乗り切った模様である。
 
論戦の焦点はリビアでおきた「ベンガジ事件」だった。

米国駐リビア大使が領事館にいたところを過激派に襲われ、四名が殺害されたが、(1)なぜ米大使はトリポリではなく、警備のお粗末なベンガジの領事館にいたのか(2)シリア反体制派への武器を、リビアで蒐集していたのではないのか(3)作戦をヒラリーは私的メールで国務省を通さずにおこなっていたのではないのか。

しかし、22日の下院特別委員会での質問に満を持してヒラリーへの詰問を展開した共和党だったが、言葉巧みに、雄弁に乗り切られた。

ヒラリーは予備選前の最大の危機を克服できた模様で、党内最大の脅威とされたバイデン副大統領は不出馬を宣言した。

また共和党は、最有力とされたジェブ・ブッシュ(元フロリダ州知事)が、選挙本部を縮小し、スタッフへの給与削減に踏み切った(フィナンシャルタイムズ、10 月25日、電子版)。ということはブッシュの撤退の構えを見せたことになる。

   
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック