2015年11月26日

◆中国海軍の基本戦略は不変

宮崎 正弘 


<平成27年(2015)11月日(25水曜日)通算第4738号>  

 
〜中国海軍の基本戦略は不変
  しかし2040年に太平洋を米国と分割統治できるか?〜

トウ小平時代に劉華清によって立案された中国海軍戦略は、着々と進行し、その全貌を露わにしてきた。

第一列島線突破は間近に迫り、南シナ海の人口島埋立による九等線の確保も道半ば、2020年にグアム・サイパンから小笠原諸島をつなぐ第二列島線確保のため、グアムキラー、空母キラーというミサイル軍も備わった。

静かに着実に、私たちが気がつけば「サラミ戦略」は半ば近く達成されていることが分かる。すでに米空母は台湾海峡から東シナ海へ入りにくくなっており、海兵隊はグアム以東へ主力を移転させる。

川村純彦・元海将の分析によれば、中国のやり方には5つの段階があるという。

第1段階は国際法では認められないことを「国内法」で宣言する(92年海洋法が典型である)

第2段階は「避難」などを名目に漁船群を目標海域に進出させ、乗組員は「海上民兵」といって、軍事訓練を積んでいる(典型は昨年小笠原に現れ赤珊瑚を盗んでいった漁船団)

第3段階は相手国のクレームに備え海警がでてくるが、強力な放水装置と、体当たり戦術などをとって既成事実を積み上げる。これも尖閣諸島では日常茶飯となっている。

第4段階は相手国の威嚇行動があれば海軍が出てくる(ベトナムなど、実際に海軍の軍艦がでてきた)

第5段階では「平和的話し合い」などと言って外交交渉にうつり、既成事実を背景に交渉を有利にすすめてしまう。

尖閣も台湾も南シナ海も、全ては、この段階設計に基づいて行われており、日本は米国との同盟関係を強め、防衛力を一段と、急速に高めなければならないと川村氏らは言う。
     
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック