2015年11月28日

◆オバマの平和レガシー

Andy Chang



パリ同時多発テロのあと、G20でオバマは記者会見でイスラム過激派について4回も記者に質問され、4回とも「イスラム過激派(Radical Isalamist)」の名称を使うことを拒否した。オバマは新聞記者の質問に対し、「我々はイスラム教徒(回教徒)を敵としない。

イスラム教は平和的な宗教だ。アメリカはイスラム教を敵としない」と繰り返した。イスラム過激派をイスラム教徒と言い換えたのだ。

同じくヒラリーも選挙運動でイスラム教徒は平和を愛する人たちだと述べた。ヒラリーもイスラム教徒にも過激派がいることを拒否したのだ。ISISと呼ぶイスラム過激派は自分からイスラム帝国(ISIS)を名乗っている。それなのにオバマとヒラリーはイスラム過激派、
ISISと呼ぶことを否定する。

「イスラム教」早分かり(2)
━━━━━━━━━━━━━
平井 修一
回教徒がみんな平和を愛するかどうかは別問題である。回教徒の中にも過激派がいる。

アメリカ大統領はみんな偉人だが、愚かな大統領も一人居る。

●ISISはオバマが作った

ジュリアーニ元ニューヨーク市長はFoxnewsで「イスラム帝国(ISIS)はオバマが作ったのだ」と断言した。オバマは中東の動乱をブッシュの責任にして批判を繰り返し、イラクとアフガンから撤兵したオバマを中東平和と呼ぶレガシー作りに励む。

国防部とCIAの反対にもかかわらずイラク撤兵を強行したためイラクで真空状態が起きた。アルカイーダ、ISISなどが強大になった。つまりオバマがISISを作ったのだとジュリアーニが述べた。多くの人も同意している。

オバマが「ISISは消滅した」とテレビで述べたあと、ケリー国務長官も「ISISはもう存在しない」と述べたが、翌日にパリで同時多発テロが起きた。フランス、ベルギー、ドイツ、英国などが我々は団結し、陸上部隊を派遣してISISを撲滅しなければ世界各地でテロが
起きると警告したが、オバマは空爆に賛成しても兵隊は派遣しない
と主張している。

●親米民主国家作りで反米組織が育った

オバマはアメリカ兵を派遣しなければ中東の平和レガシーを作ったと言う。中東の動乱はブッシュの責任だと言い張る。

だが真相は大いに違う。ブッシュがイラクとアフガニスタンで泥沼に嵌った。オバマが大統領になったあと、事あるごとにブッシュの責任を言い立ててイラクから撤兵した。そのためイラクが真空状態になって反乱がおきた。アメリカがイラクやアフガニスタンで作っ
た新政府は汚職まみれ、アメリカが訓練した軍隊も汚職まみれの軍隊だった。オバマはこれもブッシュの責任にした。

まだある。オバマはリビアとエジプトで独裁者打倒、革命と民主を援助して反乱組織に武器を提供した。そしてリビアのカダフィとエジプトのムバラクを降して新政府を作った。オバマは独裁者を倒して親米民主国家を作った功績を自慢したかった。

ところがこれが裏目に出た。リビアとエジプトの革命はオバマが反乱組織に提供した武器のおかげだが、独裁者の追放後に武器がアルカイーダやISISの手に渡って反米組織が増大した。オバマは独裁者追放、親米政権をめざした挙句、反米のISISが出来たのである。

オバマはこれにも懲りず、シリアのアサドは独裁者だと主張し、リビアの反乱軍に提供した武器を取り戻して反アサド組織に渡そうとして失敗、スティーブンス大使を含む4人がアルカイーダの攻撃で殺害された。これがベンガジ事件である。

オバマとヒラリーが反乱軍に提供した武器は国会の承認を経ていなかったので武器を取り戻す交渉は極秘だった。このためヒラリーは護衛二人をつけただけでスティーブンス大使をベンガジに派遣し、大使と三人の護衛がアルカイーダに攻撃されて死亡したのである。
ヒラリーは真相を言わないから調査は難航している。真相が解明されたらオバマは罷免、ヒラリーは監獄だ。

●オバマの平和レガシー

オバマは中東でも南シナ海でも戦争をしない、軍隊を派遣しない。戦争しないレガシーを残すため、国防部やCIAがいくらISISの撲滅には派兵が必要だと説得しても反対である。

南シナ海で中国が埋め立て構築をしても南シナ海にイージス艦を遊弋させる示威しかやらない。フランスでISISの同時多発テロが起きても「イスラムは敵ではない」と言い張る。みんなオバマのエゴを満足させるためだ。

ISISはアメリカを最大の敵としている。アメリカ国内でテロ攻撃が起きる可能性は非常に高い。オバマはテロの危険性を認めながらテロを撲滅するにはISISの根拠地を徹底的に攻撃しなければならないと言っても空爆だけで派兵は避けている。

その上にオバマは人道的援助でシリアの難民を収容すると発表した。難民の中にテロ分子がいる可能性は高い。パスポートも記録もない難民の身元調査をどうやったらいいのか、こんな調査が信用できるか。オバマの決定に全国で反対運動が起き、全米で32州が難民受け入れを拒否している。憲法によれば外国から来た人間の身元と安全性が確認されなければ入国を拒否できるとしている。CIAもFBIもシリアの難民の中に潜入したテロ分子の摘発は出来ないとしている。

それでもオバマは國民の安全を守る責任を無視してレガシー作りをやりたがる。アメリカ国内でテロ攻撃が起きたらオバマは史上最低の大統領、罷免運動が起きるだろう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック