2016年01月25日

◆反日日本共産党と在日の連帯

MoMotarou



セックスをしてお金を貰う人を通常「売春婦」と呼ぶと思うんですよ」
        ーーー木坂麻衣子 ch桜キャスター

【慰安婦日韓合意】言論弾圧開始、日本を香港のようにしてはならない[桜H28/1/15]
https://youtu.be/ZNWtURUd24s

           ★

木坂麻衣子さん。この人は面白い。なぜか有名な経済評論家の奥方。これからの人だ。

(広告会社勤務を経て渡英。帰国後はフリーランスのグラフィックデザイナーに。最近は企業のブランドマネージャーも兼任。2011年の東日本大震災に際し台湾からの多大な義援金への感謝広告を民間で出した「謝謝台湾計画」の発起人)

■進歩的文化人は終わった

「右や左の旦那様」。右も左も日本を思って活動するなら納得する。しかし、我が国においては左の方は反日に染まっています。自国を賤しめる勢力は、不利になって来た風を躱(かわ)す為に「リベラル」を自称しました。このliberalをアメリカで探すと「反米政治家」ではなく「愛国者」でした。昨年は隠れていた反日主義者が湧き上がってきた一年でした。

■湧き上がる反日勢力の連携

切っ掛けは国会議事堂前の反日デモでした。これは日本共産党が在日韓国・朝鮮人と連帯して行ったものは明らかになっています。連携の最初は東京都新大久保(在日の店舗が多い)でのデモ行進。韓国との交流記念の会では、なんと首相夫人が参加しておりました。

この時NHK夜七時のニュースで派手に宣伝。その映像を見た私は、志位日本共産党議長らの服(黒色)に注目。これはキング牧師の「ワシントン大行進」を意識したものである、と。

■「ヘイトスピーチ」は在日の日本人支配を目指したものさらに「ヘイトスピーチ」を看板に人権民族差別方面に展開する。この「反日在日韓国朝鮮人」との連帯の経験は我が国占領期にGHQ指導下でありました。

組合活動を通じて法曹界・官界・公務員・労働組合・マスコミ等に張り巡らした地下ネットワーク(連絡網)が形成されており今回も有効に作用しました。典型的な例としては大阪市。なぜ大阪市はなぜ問題の多い「ヘイトスピート法案」成立させたか?

それは大阪市は行政面で在日に乗っ取られているから。次は東京「都」。

また女性には「平和」を埋め込みに成功。反日予備軍として民主主義国家の選挙に、地方自治乗っ取り住民選挙誘導しております。

■日本共産党は共産主義が嫌い!

昨年は安倍首相の法案を中心に反日勢力が浮き上がって来ました。今年も追い詰められた勢力はネットワークを持っている日本共産党を中心に動くことでしょう。

私は日本共産党が一番嫌う事を言って反撃します。「あれは日本共産党がやっているのだ!」。未だ日本には共産党拒否の意識があります。「ソ連を見よ!済んだだろう」「中共を見よ!もう終わりだ」「北朝鮮をみよ!金書記はたらふく食っている」「韓国を見よ。女を喰い物にしている!」。

我が国は日本共産党員や在日韓国人朝鮮人より日本人の方が多いのだ!大和心で女子どもを守るぞ!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック