2016年04月01日

◆介護保険の申請方法は・・・

大阪厚生年金病院 
                

介護保険の申請方法についてお話します。

1;まず申請の仕方です
住所地の市区町村の保健福祉センター介護保険課の窓口で申請します。

40歳〜64歳の方は今もっている健康保険証と印鑑を持参ください。65歳以上の方は介護保険被保険者証も持参ください。料金はかかりません。

居宅介護支援事業所・介護保険施設に申請を代行してもらうことも可能です。担当医を自己申請するため普段みてもらっている医師の名前を言えるようにしておきましょう。

2;意見書の作成依頼
申請が終われば、市区町村から担当医に意見書が送られてきます。担当医が病気に関しての意見書を作成し市区町村に送ります。

3;認定調査
委託を受けた調査員が本人の心身の状態を調査するため入院先や自宅を訪問します。

4;介護認定審査会
専門家が認定調査の結果と担当医の意見書をもとに審査します。

5;認定結果の通知 
要介護認定を本人に通知します。申請から認定まで1ヶ月〜1ヶ月半かかるため早めの申請が必要となります。

要介護認定は現在、心身の状態に応じて要支援・要介護1〜5に分類されています。要支援が一番軽く、要介護5が一番重い状態です。

6;サービスの計画
認定を受けた方は必要なサービスを居宅介護支援事業所(一覧表については介護保険課でもらえます)に依頼し、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成します。このお手伝いをするのがケアーマネージャーといわれる人です。作成のための自己負担金は不要です。

居宅介護支援事業所はお住まいの地域にいくつかありますので、長い付き合いになりますのでよく考えて選びましょう。

7;サービスの利用
 ケアプランに基づきサービスを利用できます。

流れはおわかりいただけたでしょうか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック