2016年05月26日

◆大阪北新地 異聞

眞鍋 峰松

 

世間には不況の風が強烈に吹きまくっているらしい。 

職場も、第一線を離れて10年数年、続く非常勤職も半年前に終え、今では暇を持て余す。 それでも、世の多くの人に比べ長年職場には恵まれたものだと感謝する日々だ。

所が、数日前のある新聞の記事に改めて世の不況風に驚いた。 

ご覧になった方も多いかも知れないが、見出しの「不況キタ風 進む二極化」の下に、忘年会シーズンを迎えたが、長引く不況に東日本大震災の自粛ムードも加わり、今年は例年以上に各地のネオン街が活気を失っており、大阪を代表する北新地も同様だ、というのである。 
 

確かに、ごく最近まで徘徊してきた大阪代表格の歓楽街、北新地の最近の変貌ぶりを肌で感じてはいた。居酒屋チェーン店の急増やカラオケ店の出現、道行く若者の増加など、10年以上も前の中高年サラリーマンなど社用族めいた人達だけが闊歩する街とは様変り。

記事によると、<店舗の淘汰が進み街の様相が一変。中堅のクラブやラウンジが相次いで閉店する一方、安い居酒屋などが進出し、高級店と大衆店の二極化が顕著になっている。 昔から続く格式のあるクラブは今や数十軒。安い店と高級店の二極化が進み、その割を食う形で中間店の閉店が相次いでいる>とのこと。 

加えて、<客だけでなくホステスも集まらない。時給制のバイトだと、今の若い女の子は北新地以外のキャバクラなどに勤める傾向にあるという。その理由も北新地は年配客相手でマナーもウルサイ。ところがキャバクラだと未明まで勤務でき稼ぎも多い上、若い客相手のため、水商売の経験なしでも気軽に勤められる>、という。

この記事を読んでみて、改めて思った。このような二極化の現象や安易な勤務と稼ぎを求める風潮は、何も身近な風俗世界だけの話ではない。否、むしろ北新地の問題はその延長線上にあるというだけのことだ。

そこで考えてみると、気になるのは今の我が国を取り巻く経済情勢とそれと関連する世界経済のことだ。

所得階層の二極化とこれに伴う中間所得層の減少と貧困階層の拡大。その要因の多くは非正規雇用形態の拡大と正規・非正規雇用者間の待遇格差が根底にある。これらが国民の間に生活不安・不満を齎し、社会全体の安定を乱す要因となっている。 

しかし、この現象はひとり我が国のみならず、世界全体の抱える問題でもある。世界的には失業率の悪化が最大の要因と思われるが、アメリカや西欧世界での変化を求めるデモの続発、中近東での民主化を求める革命騒ぎまで、その根底には全て国民間の経済力・所得格差の問題が横たわる。また、そこに共産主義一枚岩だったお隣の中国までもが揺れ動いている。

世界を席巻している弱肉強食・効率一点張りの社会。即ち、拝金主義の横行・リストラ自由のアメリカ式経営、市場原理万能の諸改革、これら全てが合い待って引き起こした現象だろう、と私は思う。 

では、これらに如何に対処し、社会の安定を図っていけばよいのだろうか。 

それには、こと日本に関しては「国家の品格」の著者 藤原正彦氏の言うように、

<鎌倉時代以降、多くの日本人の行動基準・道徳基準となって来た武士道精神を復活し、慈愛、誠実、忍耐、正義、勇気、惻隠の心を取り戻していくこと。とりわけ他人の不幸への敏感さである惻隠の心、「名誉」と「恥」の意識の回復を図る>ことに尽きる。 

だが、果たしてそのような“情緒”的な形で解決できる問題なのだろうか。これからの社会、一体どのような方向に向かって行くのか、全く予想もつかないな〜、という気分になる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック