2016年07月11日

◆中国『海のシルクロ―ド』

宮崎 正弘 



<平成28年(2016)7月9日(土曜日)通算第4957号 >


 〜中国『海のシルクロード』、バングラデシュで頓挫
    チッタゴンの南,深海の港湾新設をハシナ政権はキャンセル〜


またまた中国提案の巨大プロジェクトが頓挫した。

メキシコ新幹線、米国(ロスーベガス)新幹線、インドネシア新幹線と陸 のプロジェクトの挫折ばかりではない。

『海のシルクロード』は言うまでもないが、中国の軍事戦略の一環であ り、南シナ海に伸びた魔手はマラッカ海峡からインド洋へ伸びており、ス リランカのハンバントタ港にはすでに中国海軍潜水艦が寄港し、インドば かりか米国が警戒、その先のモルディブにはチャイナタウンが出来ている。

コロンボの沖合には人工島プロジェクトが再開されようとしており、パキ スタンのグアイダール深海港湾整備は進んでいる。

この海のシルクロードは、ジブチへおよび、そしてギリシアのピレウス港 の買収に成功(チプラス左翼政権はデフォルト回避のため、港湾を中国に 売却するという愚挙演じた)。つまりインド洋を囲みこみ、インドを封じ 込める中国の戦略が背景にある。

こうして中国の「一帯一路」の海洋版は着々と進捗するかにみえた。
 バングラデシュのチッタゴンは地政学的に要衝とされ、この港湾からの 輸送路はバングラ国内ばかりか、ブータン、ネパールを含むインド経済圏 の貨物輸送のハブでもある。

バングラはその野党政権時代に、中国がチッタゴンの南に位置するソナ ディア港が深海であることから、ここに巨大港湾施設プロジェクトを持ち 掛け、度重なる協議を経て、2012年に政府が許可に前向きとなった。ほか にUAE、オランダも提案を行っていたが、融資条件などが折り合わな かったとされる。 

過去30年、中国はバングラデシュに対して橋梁、道路、港湾整備など多く のプロジェクトを手掛けてきた。

現に「中国・バングラ友好橋」は、八本が建設中である。

ダッカにはチャイナタウン5万人構想もあり、また繊維産業では中国企業 が100万人のミシン女工を雇用している。

加えて中国の武器がバングラ軍と警察の武装の82%、ほかに民間企業の進 出も目立ち、重層的な進出がみられるのである。

2014年、ハシナ首相は北京を訪問した。

しかし数ヶ月後の15年1月、ソナディア港開発構想は最終的に折り合いが つかず「白紙に戻す」ことが決まった。2016年2月に、この事実がインド のメディアで報道された。

代わりにバングラデシュに深海の港湾プロジェクトを仕切るのは誰あろ う、わが日本である。

チッタゴンの南に位置するマタルバリ(ソナディアからさらに南へ25キ ロ)に深海に面した港湾ばかりか、付近に4基の火力発電所とLNG基地 が含まれ、総額46億ドル、この80%を日本がアンタイドローンでカバー する。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック