2016年07月29日

◆患者自己注射物語

渡部 亮次郎



日本で糖尿病患者が治療薬「インスリン」を患者自身で注射して良いと決
断した厚生大臣は園田直(そのだ すなお)である。インスリンの発見か
ら既に60年経っていた。逆に言えば患者たちの悲願を歴代厚生大臣が60年
も拒否するという残虐行為をしてきたのである。

園田自身も実は重篤な糖尿病患者であった。しかしインスリンの注射から
逃れていたために大臣在任中、合併症としての腎臓病に罹り、1週間ほど
緊急入院したくらい。大変な痛がり屋。引きかえに命を落とした。

政治家にとって入院は命取り。大臣秘書官として事実を伏せるために余計
な苦労をしたものである。にも拘らず園田はそれから僅か3年後、人工透
析を途中で拒否したため、腎不全のため70歳で死亡した。昭和59(1984)年
4月2日のことだった。

その直後、私が糖尿病を発症した。全く予期せざる事態に仰天した。糖尿
病は現時点の医学では絶対治らない病気、いうなれば不治の病というから
業病(ごうびょう)ではないか。絶望的になった。

検査などの結果、私の母方の家系に糖尿病のDNA(かかりやすい遺伝子)が
有り、弟は発症しないできたが、上2人の男兄弟は暴飲暴食による肥満が
契機となって発症したものと分かった。

しかし、あれから30年近く、私は毎朝、ペン型をしたインスリン注射を繰
り返すことによって血糖値を維持し、今のところ合併症状も全く無い。普
通の生活をしていて主治医からも「文句の付けようがありません」と褒め
られている。お陰で園田の年を超えた。

これの大きな理由は注射針が極細(0・18mm)になって殆ど痛みを感じなく
なったからである。あの時、園田が自己注射を決断したお陰で医療器具
メーカーが、患者のためと自社の利益をもちろん考え、針を細くし、簡単
に注射できるよう研鑽を積んでくれたからである。

逆に言えば、厚生省が自己注射を許可しないものだから、医療器具メー
カーは、それまで全く研鑽を積まないできてしまったのである。自己注射
で注射器や針がどんどん売れるとなって初めて研鑽を積む価値があるとい
うものだ。

つまり役人や医者の頭が「安全」だけに固まっている限り医療器具は1歩
たりとも前進しないわけだ。患者たちを60年も苦しめてきた厚生省と日本
医師会の罪こそは万死に値するといっても過言ではない。

そこで常日頃、昭和56年までの糖尿病患者たちの苦しみを追ってきたが、
最近、やっとそれらしい記事をインターネット上で発見した。

「インスリン自己注射への長い道のり」(2001/05/28 月曜日)と題するも
ので、とある。
http://www.geocities.jp/y_not_dm/insurin2.html



東京女子医科大学名誉教授 福岡白十字病院顧問 平田 行正氏へのイン
タビュー記事「インスリン自己注射の保険適用から15周年を迎えて…」よ
り抜粋と要約

<インスリンが発見されたのは、1921年(大正10年)です。欧米では供給
のメドがつくとすぐに患者の自己注射が認められました。しかし、日本で
は60年もの間、自己注射が認められず、また、保険の適用もありませんで
した。

当時の日本では、医療は医師の占有物だとする古い考え方が根強く、医師
会はもちろん、厚生省の役人の中にも、何もインスリン注射をしなくとも
飲み薬があるではないか、と平気で発言する人もありました。

インスリン注射が必要不可欠な糖尿病患者は、インスリンを自費で購入
し、自ら注射するという違法行為でもって、生命をつないでいました。

インスリン発見50周年にあたる昭和46年、糖尿病協会は全国的な署名運動
を行い、3ヶ月足らずで11万4,000名の署名を集めましたが、厚生省から
は、「国としては、正面きってこれを取り上げるのは難しい」という回答
が繰り返されました。(佐藤内閣で厚生大臣は内田常雄に続いて齋藤昇)。

中央官庁の理解が得られず、困り果てた医療側や自治体はあの手この手で
知恵を絞り、自己注射公認まで持ちこたえました。

昭和56年(厚生大臣 園田)、各種の努力によりインスリンの自己注射が
公認され、その5年後には血糖値の自己測定が公認されました。保険適用。

医療は医師だけのものではなく、患者と共に手を携えて行うべきものだと
いうことが公認された、医療史上最初の出来事です。

インスリン自己注射公認までの悪戦苦闘

長野県・浅間病院と県の衛生課や医師会などが協議して、生み出した苦肉
の策。患者の来院時にインスリンを1本処方し、その一部を注射して、残
りを渡して自己注射する。毎月1〜2回患者から直接電話で報告を受ける
ことで、電話再診料として保険請求した。

新聞が長野方式として報じたため、厚生省から中止命令。

バイアル1本を処方して、注射後捨てたものを患者が拾って使用した、と
いう言い逃れ。来院時に400単位を1度に注射したことにして、1〜2週
間は効いている形にした>。


1986年、研究のスタートから10年目、

血糖自己測定が健保適用に  (2003年9月)
 血糖自己測定を導入した糖尿病の自己管理がスタートした頃(1976
年〜)、今では誰もがあたりまえと思っているインスリン自己注射は、医
師法に違反するという非合法のもとで行なわれていた。

日本医事新報(1971年)の読者質問欄ではインスリン自己注射の正当性に
ついて、当時の厚生省担当官は「自己注射は全く不可であり、代わりに経
口血糖降下剤の使用があるではないか」と回答している。

これが1970年代の実態だったのである。このような状況に対して、当時の
「日本糖尿病協会」は、インスリン発見50年を迎えて、なおインスリン自
己注射が認められない現状を打破すべく10万人の署名を集めた。そして厚
生大臣をはじめ関係各方面に、インスリン自己注射の公認と健保給付を陳
情したが全く受け入れられなかった。

正当化されたインスリンの自己注射(1981年)

このような状況だったため、インスリンの自己注射容認と、インスリン自
己注射に関わる諸費用の健保適用までには、なお多くの人の尽力と歳月を
要した。そして結果が出たのは1981年(昭和56年)。この年ようやくイン
スリン自己注射の正当性の認知とこれの健保適用が得られた。その内容は
当時行なわれていた慢性疾患指導料200点に、もう200点加算するというも
のであった。これはその後の医療のあり方に大きな影響をもたらし、血糖
自己測定も含め、患者を中心にした医療の実践の必要性と有用性の実証へ
と繋げられていった。


<血糖自己測定の健保適用(1986年)(園田死して2年後)

C:\Documents and Settings\Owner\My Documents\血糖自己測定25年.htm

インスリン自己注射の健保適用から5年後、私たちが血糖自己測定研究を
スタートさせてから10年目、大方の予想を上回る速さで血糖自己測定の健
保適用がなされた。これはインスリン自己注射指導料に加算する形で設定
された。

以後、何度かの改定を経て、保険点数には血糖自己測定に必要な簡易血糖
測定機器、試験紙(センサー)、穿刺用器具、穿刺針、消毒用アルコール
綿など必要な機器や備品の全ても含まれるようになっている>。

1人の政治家の柔軟な頭脳による1秒の決断が日本の歴史を変えたといって
もいい決断だった。この事実を厚生省は大げさに発表しなかったが、元秘
書官として責任をもって報告する。(文中敬称略)2007・05・24


      
━━━━━━━
話 の 福 袋
━━━━━━━


 ◎前代未聞! 上杉隆氏ら都知事選候補6人がテレビの「偏向報道」に宣
戦布告

山口一臣 | ジャーナリスト(元『週刊朝日』編集長)

東京都知事選挙に立候補している候補者有志が連名で在京のテレビ局など
に選挙報道の公平性を求める文書を送っていることがわかった。有志に名
を連ねたのは、上杉隆氏、山口敏夫氏、中川暢三氏、マック赤坂氏、立花
孝志氏、七海ひろこ氏の6人だ。

今回の都知事選ではテレビが「主要3候補」と呼ばれる小池百合子氏、増
田寛也氏、鳥越俊太郎氏ばかりを取り上げ、他の候補者はほとんど画面に
出ない状況が続いている。ツイッターなどSNSやネット上では「テレビ報
道に偏りがあるのではないか」と盛んに指摘されていた。

実際はどうなのか? いま手元に幸福実現党によるテレビの選挙報道の実
態調査の結果がある。選挙戦最中の7月18日から22日までの間に、各テレ
ビ局の代表的なニュース番組を選んで主要3候補とその他の候補が何秒づ
つ取り上げられたを比べたものだ。予想はしていたが、これが驚くべき数
字なのだ。

調査対象となったのは、テレビ朝日「報道ステーション」、日本テレビ
「NEWS ZERO」、TBSテレビ「NEWS 23」、フジテレビ「ユアタイム」、テ
レビ東京「ワールドビジネスサテライト」、NHK「ニュースウォッチ9」の
6番組で、結果は上のグラフだーーーー※


・テレビ朝日 「主要3候補」940秒対 「その他の候補」33秒(3%)
・日本テレビ 「主要3候補」502秒対 「その他の候補」16秒(3%)
・TBSテレビ 「主要3候補」1082秒対 「その他の候補」34秒(3%)
・フジテレビ 「主要3候補」1212秒対 「その他の候補」26秒(2%)
※テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」は選挙に関する報道がなかった

「主要3候補」に対してその他の候補18人全員が束になってかかっても、
たったの2%〜3%の時間しか報道されていなかったのだ。

この民放4社の数字がいかに異様で異常な数字であるかということは、同
じ期間のNHK「ニュースウォッチ9」が主要3候補54%、その他の候補46%
と、ほぼ平等に扱っているのと比べるとよく分かるだろう。
https://info.hr-party.jp/2016/3404/

上杉氏ら候補者有志6人はこうした報道姿勢を、有権者に対して多様な情
報を提供し、多様な選択肢の存在を伝えるという報道機関としての責務を
放棄しているばかりか、「政治的に公平である」とする放送法第4条1項2
号に違反する可能性があると批判し、上記の民放4社に即時の是正を求め
る「要求書」を26日付で送付した。

候補者有志らは同時に、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証
委員会に対しても、この不公正な報道姿勢について審議対象にするよう要
望する「要望書」を送った。放送業界全体がこの問題に対して、どう対応
するかが注目される。

それにしても、情けない話である。民放なので視聴率などを気にしなけれ
ばならない事情もよく分かる。だが、テレビ局は報道機関でもあるはず
だ。主要候補3人に関する放送時間が、その他18人の候補の合計の30倍以
上もあるというのは、いくらなんでも不公平に過ぎるだろう。

公職選挙法第151条の3では、選挙に関する報道であっても編集に自由は制
限されないと謳われているが、同時に「表現の自由を濫用して選挙の公正
を害してはならない」と明確に書かれている。

局内で、それを指摘する声はなかったのだろうか。今回の選挙では、有権
者の中には、立候補者は3人しかいないと思っている人も多いという。こ
うした偏った報道は、何より有権者の不利益にもなっている。そういうこ
とに、局内の誰一人、思いが至らなかったということなのか。

さらに言うと、各局とも「その他の候補」の扱いが2%〜3%とまるで談合で
もしたかのように同じ数字になっていることも気になる。テレビ報道の世
界では、メディアごとの独自判断が薄れ、画一した横並びの判断が横行し
ていることの表れのような気もする。

いずれにせよ、候補者有志6人と民放4社のバトルの行方は、もう先が見え
てきた都知事選の帰趨よりも何倍も面白そうだ!

なお、今回、申し入れをした候補者有志による記者会見が27日(水)午後
4時から道玄坂会見場(東京都渋谷区道玄坂1-20-8 寿パークビル2階)
であるという。取材申し込みは、http://fpaj.jp/?p=6853まで。

山口一臣
ジャーナリスト(元『週刊朝日』編集長)
1961年東京生まれ。ランナー&ゴルファー。早稲田大学第一文学部卒、週
刊ゴルフダイジェスト記者を経て大手新聞社へ中途入社。週刊誌記者とし
て9.11テロを、編集長として3.11大震災を経験する。週刊誌歴約27年。こ
の間、テレビやラジオのコメンテーターなども務める。現在は堅気のサラ
リーマンとして勤務する傍ら、市民ジャーナリストとして情報発信を続け
ている。
【Yahoo! ニュース】 2016年7月26日 18時49分 〔情報収録 − 坂元 誠〕



 ◎7/27の新聞記事からいくつかご紹介します。唸声

▼唸声ネタ帳/7月27日、石原元都知事が鳥越氏をバッサリ、小池氏が知事
では都合が悪い?等ネタ帳は新聞などのニュースを唸声風に一言解説&コ
メントしています。

◇産経7/27:【東京都知事選】鳥越俊太郎氏は「売国奴だ、こいつは」 
小池百合子氏は「あの人は嘘つき」…石原慎太郎元知事バッサリ 長男・
伸晃氏には「苦労している」

石原慎太郎元東京都知事が26日、自民党都連が党本部で開いた会合に出席
し、都知事選(31日投開票)に立候補しているジャーナリストの鳥越俊太
郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=について「売国奴」、小池百
合子元防衛相(64)についても「嘘つき」「大年増の厚化粧」と述べ、激
しく批判した。

かつて自民党で長く国会議員を務めた石原氏は、都知事を辞任後、日本維
新の会などで衆院議員を務めた。久々に“古巣”を訪れたのは、自民、公
明、日本のこころ各党が推薦する増田寛也元総務相(64)の応援のため
だった。

石原氏はまず、鳥越氏について「売国奴だ、こいつは」と断言。中国に
尖閣諸島(沖縄県石垣市)を攻め込まれた場合の対応をめぐり、鳥越氏が
過去に「自衛隊が出動したら人が死ぬ。そんなことだったら尖閣なんか中
国にくれてやったらいい」と発言したとして、「こんなばかなことを言う
やつが東京を代表したり日本人を代表しておこがましいことができるか」
と怒りをあらわにした。

矛先は小池氏にも向けられた。「もう一人、大年増の厚化粧がいる。あの
人は嘘つきだ」と言い放った。また、小池氏が石原氏に都知事選出馬を促
されたと発言しているとして「全くそんな覚えはない。虚言癖で困ったも
のだ」と否定した。

会合には、自身の長男で都連会長の石原伸晃経済再生担当相も出席。慎太
郎氏は、小池氏が都連執行部に無断で出馬表明した経緯を念頭に「そこに
私の息子がいて苦労している」と述べ、ねぎらう場面もあった。産経電子版

「そこに私の息子がいて苦労している」?と石原氏は完全な親バカをご披
露してしまいました!外国人参政権を推進する増田氏を石原氏が応援する
のもどうなのでしょうか?

あなたを応援していた日本人は苦労しますよ! 今のところ明確なサイン
を出しているのは、この3人の中では小池さんだ けです。虚言癖?耄
碌?どちらかがウソを吐いていますが、自民を応援し ているだけでも石
原さんは大丈夫なのかと疑ってしまいますよ。そう、自 民ではなく、息
子を応援しているのかな?


◇産経7/27:【東京都知事選】小池百合子氏演説詳報(26日)「言いたく
て、うずうずしていたけど、つい言っちゃいました。要は、私が嫌な人が
いるということなんです」

この知事戦、あと5日。あっという間でございました。最初、たった一人
での船出だなと思っていたら、「東京を一緒に変えていきましょう。だっ
て首都・東京なんだもの」という思いで、例えば、若狭勝さんという現職
の自民党衆院議員。私は自民党からの推薦受けてないですよね。私を応援
している議員は自民党を除名処分の対象。だけど、応援するんだといっ
て、ずっと一緒に運動していだたいている。

私が知事になると都合が悪い人がいるんですかね。いるんでしょうね。だ
から要は推薦も何もなかった。私、これ言いたくて、うずうずしていたん
ですけど。つい言っちゃいました。要は私が嫌な人がいるということなん
です、都連の中にはね。扱いにくいだろうな、まずいだろうな、いろいろ
暴かれちゃうんだろうな、いろいろな思いの方がおられるんでしょう。

でも東京五輪は2020年。パラリンピックも控えている。2025年には団
塊世代が75歳以上に。つまり高齢化というよりは超高齢社会がやってく
る。続き↓産経電子版
http://www.sankei.com/politics/news/160727/plt1607270004-n1.html

石原さんの息子は小池候補を「今日をもって自民党ではない」と話してい
ます。つまり、昨日までは自民党だったのでしょうね。それにしても増田
候補は自民党なのですか???何だか、旗色が悪くなってきましたね。石
原さんの息子は話さない方がいいみたいですよ。親父さんが話しても何だ
か変だし・・・。風向きが変わったことを敏感に察知できないと政治家は
できませんよ。


◇日経7/27:相模原殺傷、予兆把握も防げず 事件前に措置入院 退院の判
断難しく

相模原市の障害者施設殺傷事件では、大量殺人を示唆する植松聖容疑者
(26)の発言を行政や警察が把握しながら、事件を未然に防ぐことはでき
なかった。2月には「他人を傷つける恐れがある」として強制的に入院
(措置入院)したものの、2週間弱で退院。精神科医療における診断の難
しさが浮き彫りになった。

措置入院は精神保健福祉法に基づき、精神疾患のため自分や他人を傷つけ
る恐れがある患者を本人らの意思と関係なく、行政が強制的に入院させる
制度。厚生労働省によると、2013年6月末時点の措置入院の患者数は約
1600人。

2人以上の精神保健指定医が「自傷・他害の恐れがある」と判断すること
が条件で、入院期間に定めはない。指定医が「入院の必要がなくなった」
と診断すると、病院が自治体に「症状消退届」を出し、都道府県知事らが
退院を決定することが多いという。

退院は指定医1人が判断すれば可能だ。ただ関東の病院で働く指定医は
「精神科医療において百パーセント退院して大丈夫という判断は難しい。
患者と話し、言動などから判断するしかない」と判断の難しさを語る。

措置入院は患者の同意を得ない入院のため、患者団体や専門家から人権上
の問題を指摘されている。指定医は「医師は人権に配慮し、最短で退院さ
せる道を探っている」という。続き↓日経電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO05305060W6A720C1CR8000/?n_cid=NMAIL001

先日、精神的におかしくなった友人に付き添って精神科へ行ってきまし
た。躁状態であり、自傷はあり得ないのですが、全く仕事もできない様子
で精神科の先生の意見を聞きに行った次第です。その時は、入院して薬で
治していくとの話でしたが、本人が急に入院は嫌だと言い出し、人権を考
えると強制措置入院はできないとの話になりました。

ただ、このままの状態であれば、必ず何かを起こす可能性があると医者は
話しているにも関わらず、強制措置入院はできないのです。家に居れば、
アルコールを飲んでしまうために入院してアルコールを断ち、早く薬で治
していくこともできるのですが・・・。人権とは何でしょうか?その人の
ことを最大限に考えても人権の壁に突き当たります。


◇時事7/27:刃物5本を使用か=現場で新たに2本−遺族に謝罪も・障害
者刺殺容疑者

相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が刺殺さ
れ、26人が重軽傷を負った事件で、殺人未遂などの容疑で逮捕された元
職員植松聖容疑者(2)が出頭時に所持していた3本の刃物の他に、事件
現場で新たに2本の包丁が押収されていたことが27日、神奈川県警への
取材で分かった。
 県警津久井署捜査本部は同日、容疑を殺人に切り替えて植松容疑者を送
検し、自宅を捜索した。入所者を大量殺害する目的で少なくとも5本の刃
物を用意し、職員が手薄な夜間を狙い襲撃したとみて、動機の解明を急ぐ。
 県警などによると、同容疑者は「障害者なんていなくなればいい」とい
う趣旨の供述をする一方、遺族に対しては「突然のお別れをさせるように
なってしまい、心から謝罪したい」と話しているという。
 捜査本部によると、包丁2本は施設内の別々の場所に落ちており、いず
れも血が付着していた。26日に出頭した際に所持していたバッグ内から
は、いずれも血の付いたナイフと包丁計3本が見つかっている。
 植松容疑者は26日午前2時ごろ、居住棟の窓ガラスを割って侵入。職
員の頭部や顔面を殴り、持参した結束バンドで縛った後、部屋を移動しな
がら就寝中の入所者を次々と刺していったとみられる。乗っていた車や施
設近くの路上からは、結束バンドも見つかった。(2016/07/27-12:22)

殺害したことを謝罪しているのではなく、突然の別れになってしまったこ
とを謝っています。自身も強制措置入院をさせられており、全ては容疑者
のシナリオ通りなのでしょう。精神鑑定で無罪となる事が本人のシナリオ
かもしれませんが、死刑判決が出た時はどうなるのでしょうか?それもシ
ナリオの一部でしょうか?たとえ、無罪となっても一生病院からは出られ
ません。「障害者なんてなくなればいい」は自身にも当てはまります!そ
れにしても、この容疑者を好青年だと判断していた人たちは・・・???


◇中国映像:膨大剤を使った西瓜に怒った群衆が畑の西瓜を叩き割る!
https://youtu.be/3eC3I5LIW1I
YouTubeが削除されていたら以下の秒拍まで
http://www.miaopai.com/show/EKQM2cLKUReZQI2sbGev4Q__.htm
人体に有害であるとは証明されていない成長促進剤ですが、中国では爆発
する西瓜で有名になり、中国国民が気にしています。お腹の中で爆発する
のではないかと誰もが考えますから・・・!


唸声の気になるニュース↓映像や写真などは以下にてお楽しみください。
http://ameblo.jp/unarigoe/



 ◎3メガバンク、利益3割減…マイナス金利影響

3メガバンクの2016年4〜6月期連結決算の税引き後利益は、総額で5000
億円程度となる見通しだ。

日本銀行のマイナス金利政策の影響で、前年同期(7036億円)と比べて、
約3割減少する。預金を元手に企業などに貸し出しをして得られる「利ざ
や」の縮小が続いているためだ。

金融市場の動揺を背景に投資信託などの販売が低迷したことや、国債な
どの運用益が減っていることも利益を押し下げた要因とみられる。三菱
UFJフィナンシャル・グループと三井住友フィナンシャルグループ
(FG)は、ともに1800億円前後、みずほFGは1200億円以上の利益を確
保した模様だ。

「マイナス金利政策の効果で資金の需要が高まっているとは言えない」
(メガバンク幹部)との指摘も出ている。銀行の収益環境は引き続き厳し
い状況が続きそうだ。
読売新聞 7月27日(水)9時1分配信

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック