2016年08月03日

◆レーニンの連立政府戦術の敗退

宮崎 正弘 



<平成28年(2016)8月1日(月曜日)通算第4975号 >

 〜レーニンの連立政府戦術の敗退
  毛沢東もボルシェビキに学び、天下を取ったが。。。。。〜

都知事選挙の結果は日本人特有の判官贔屓が鮮明にでたものである。
無党派の勝利などと単純明快な説明は耳に凧。それより鳥越惨敗の背景を
政治的にさぐる必要がある。

改憲阻止、野党結集を呼びかけて、野党四党が結束したにもかかわらず敗
退してしまった。公約なし、出遅れ、週刊誌などと敗因が語られている
が、肝心のことを忘れていないか。

レーニン以来の左翼戦術が敗退したことである。

共産党の鉄壁の組織票さえ、2割前後が小池候補に流れたというのは、組
織的締め付けが弛緩し、革命組織の紀律が破裂している事実を示唆してあ
まりある。

レーニンは少数派ボルシェビキ率いて、「野党共闘」により革命を成功に
導く。メンシェビキ(多数派)の壁を破り、かれらが実権を握るには、議会
を長引かせ、徹夜も厭わず、議論に疲れた多数派が退場したと見るや、採
決を強行し、主導権を握る。これがレーニンの組織論であり、のちに毛沢
東が援用する。

日本でも左翼暴力団といわれた全学連が自治会選挙で、よく使った手段で
ある。
 自治会の一割にも満たなくても「組織された」党員が、多数派と連立を
組んだかに見せ、議会を出席議員数でクリアし、多数派が退場したところ
で、居残った「組織された」メンバーが投票を行い、トンデモナイ議案も
突如成立する。その決議は合法となる。

鉄の組織は、日本では弱体化した。野党四党の連立パターンは化けの皮が
剥がれ、ついに左翼退潮の明確な兆しをしめしたのではないのか。

レーニンの連術は死に絶えつつあり、トルコのクーデタ失敗や米国のトラ
ンプ現象のように、新しい武器はツィッター。このハッカー戦争を主導で
きる者が、これからの政治の中枢に躍り出てくるだろう。

第3位の上杉、4位に食い込んだ桜井各候補も、組織票の宗教団体を超え
る得票を示している。何かが壊れ、従来になかった政治手法が、これから
本格的に登場する契機となったのが、こんかいの都知事選挙だったように
思える。

      
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック