2016年08月26日

◆ロシア、イランに24億ドルの信用供与

宮崎 正弘



<平成28年(2016)8月24日(水曜日)通算第5004号 >

 
〜ロシア、イランに24億ドルの信用供与、70のプロジェクトを契約
   S300対空ミサイルシステムをイランに納入〜


ロシアは8月21日、懸案だった対空防衛ミサイルシステムをイランに納入
したと発表した。

同システムは2007年からイランに配備されていたのだが、核開発疑惑で
2010年の国連決議により、ロシアもイラン制裁に加わったため、数年
間凍結されていた。商談の額は8億ドル。

ロシアはまたイランにスホイ戦闘機を供与するとし、具体的交渉に入った。

ロシアが誇るスホイ戦闘機はF16に匹敵するシロモノと言われ、中国も数
百機を購入している。

イランのホセイン・デガン航空旅団長(将軍)は、「ロシアがシリア爆撃
の為、イランの飛行場をつかったのは確かであるが、以後、ロシアジェッ
ト戦闘機ならびに爆撃機は駐留してはおらず、ロシアへ戻っている」と
語った。

同時にスホイ戦闘機導入の交渉開を認めた。

他方、民間部門を含めてロシアとイランは70件のプロジェクト案件に合意
し、ロシアが24億ドルの信用供与を行うとしているが、これらは2015年の
プーチンのテヘラン訪問時に合意されたものである。

要点は、ロシアとイランの関係緊密化が、具体的なかたちを取って現れて
きたことであり、イスラエル、米国が注視している。

        
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック