2016年09月25日

◆分かりにくいプーチンの世界戦略

櫻井よしこ



安倍首相は関係前進に積極的だが分かりにくいプーチンの世界戦略

安倍晋三首相のプーチン大統領に対する姿勢は突出して積極的である。9
月2、3日、ウラジオストクにおける日露首脳会談と東方経済フォーラム
で、首相は日露関係は「無限の可能性を秘め」ており、「ウラジーミル、
あなたと一緒に、力の限り、日本とロシアの関係を前進させていく覚悟で
あります」と述べた。
 
北方領土返還が課題であるにしても、警鐘を鳴らす専門家は少なくない。
客観的にはプーチン大統領側に北方領土を返還する兆しも、プーチン戦略
も、よく見えてこないからである。
 
一方、中国の脅威の前では日露関係は非常に重要である。米国、日本、で
きれば韓国、オーストラリア、ニュージーランド、東南アジア諸国連合
(ASEAN)、インドを結び、その先にロシアを加えて、中国の膨張に
抑止を利かせる構図を考えれば明白だろう。
 
無論、ロシアの政治も経済も自由とは程遠いプーチン独裁体制の下にあ
る。さらにロシアは対中関係を重層的に進めつつある。ASEAN各国も
対中政策では相当の温度差がある。それでも日本が対露関係を強化すれ
ば、紛れもなく対中カードの一枚となる。
 
ではプーチン大統領の世界戦略とは何か。示唆を与えてくれるのがマリ
ン・カツサ氏著、草思社刊の『コールダー・ウォー』(『新冷戦』、渡辺
惣樹氏訳)である。
 
本書を手に取ったとき、まず、著者のカツサ氏は「ベタベタのプーチン
派」ではないかと感じた。プーチン政策のほぼ全てを褒めちぎっているか
らだ。その中には2014年に中国と結んだ30年間で4000億ドル(1ドル100円
換算で実に40兆円)という天然ガス売却契約も入っている。

同契約は中国が、困窮するロシアの足元を見てスムーズには進んでいない
とみられているが、カツサ氏はこれも高く評価している。このように欠陥
もあるが、それでも本書はプーチン大統領側の考え方を知るのに大いに役
に立つ。
 
カツサ氏は、プーチン大統領の新冷戦においては、「戦いの武器はもはや
戦闘機や戦車ではな」く、石油、天然ガス、ウラン、石炭などであり、そ
れらを利用可能にするパイプライン、港湾施設などのインフラ整備である
と、指摘する。

「平方マイル当たりの資源埋蔵量は世界一」のロシアは、あらゆる資源に
関してロシアへの各国の依存度を高め、資源輸出によって生ずる富と力を
ロシアという国家の富と力に直結させることで新冷戦における勝者の立場
に立ちたい、と考えている。
 
第1次、第2次世界大戦を経て、大英帝国に代わって米国が世界の覇者と
なったが、その力の源泉は石油とリンクしたドル支配体制を築いたからで
あり、プーチン大統領は資源の支配と自国通貨との関連付けの重要性を誰
よりもよく理解しているというのだ。だから自国資源を最も効率よく支配
するために国策会社として、ロスネフチ、ガスプロムなどの独占企業を誕
生させた。
 
新冷戦での勝利、つまり資源貿易で安定して利益を確保し続けること
は、世界の安定と平和が前提であり、厳しい損得勘定のできるプーチン大
統領であればこそ、無謀な武力行使には踏み切らない、プーチン大統領は
とりわけ慎重に国益を計算できる人物だと、カツサ氏は指摘する。
 
だが、プーチン大統領は政敵を力ずくで倒し、多くの言論人、ジャーナリ
ストの殺害に見られるように、専制君主である。自らを支持する勢力には
実に寛大だが、対立する相手には超法規的であり非情な手段を用いるのを
ちゅうちょしない。
 
本書は料理人だった父親のことも含め、プーチン大統領の生い立ちについ
て興味深いエピソードも紹介する。日本にとっては分かりにくい人物であ
り国だが、本書はその暗い背景を少しばかり読み解かせてくれる。

『週刊ダイヤモンド』 2016年9月24日号
新世紀の風をおこす オピニオン縦横無尽 1150 

  
    

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック