2016年10月04日

◆幼児受難の時代

川原俊明(弁護士)


福岡で小1男児、千葉で保育園女児が、それぞれ幼い命を失うことがありました。

人間、生まれてきたからには、肉体が朽ちるまで、思い切った人生を歩む権利があります。

人それぞれに人生があり、運命があります。人生には、苦しみと楽しみがあり、山と谷があります。せっかく生を授かった生命体が、寿命が尽きるまではぐくむことは、神あるいは自然の摂理への義務です。 
 
しかしながら、他人によって自分の人生を打ち切られることは、余りにも殺生な話です。被害者が、生を受けてまもなくの乳幼児であろうが、何十年の人生を享受してきた老齢者であろうが、まったく同じことです。
 
他人を殺害することは、自分の命の尊さすらも理解していないからです。

これだけ文明が進んでも、人間が、細胞一つ、一から作り上げることはできていません。細胞の遺伝子を変える技術があったとしても・・・。
 
生命の神秘は、まさに神のみぞ知る分野でしょう。ましてや、幼児には、多くの未来が待っています。
 
福岡の小1男児の場合、たとえ多少の発達障害があったとしても、その男児は、寿命が尽きるまで人生を享受する権利があったはずでした。犯人とされる母親に、たとえ多くの事情があったにせよ、男児の生を奪うことは許されないことです。

ただし、往々にして、人の殺傷事件の背景には、社会問題が山積していることも事実です。経済問題、介護問題、環境問題、医療問題など、社会のるつぼの中に、多くの事件の発生があります。
 
この世の中から、少しでも犯罪をなくすには、平和で、多くの人が幸せを感じる社会環境が必要だと思います。それぞれに人生があります。
 
互いを思いやり、命の尊さを理解することが大切なことです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック