2017年04月18日

◆「措置入院」精神病棟の日々(26)

“シーチン”修一 2.0



カフカの「城」のような“どうしても辿り着けない”と焦燥感にあえぐ夢で
起きた。以前は“締め切りに追われる”夢をよく見たが、発狂以来、「城」
もどきが多いようだ(どういうわけか浅草あたりで迷う。一葉女史、荷風
散人、吉原などの印象が強いためかもしれない)。悪夢で目覚めるとしば
らく呆然とするが、それにしてもなぜ「城」なのだろう。

「不条理」「夢と現実の混在」「困惑と焦り」・・・カフカの作品はそん
な風に語られているようだが、彼は父親へのコンプレクス(複雑な思い)
がトラウマになっているとか。

彼は肺結核だったが、小生のような発狂経験はなく、キチ○イではない。
なぜ彼は「城」や「変身」を書いたのだろう。WIKIから。

<精神分析的解釈の代表的なものはヘルムート・カイザーの『フランツ・
カフカの地獄』(1931年)であり、カイザーはここで『変身』や『流刑地
にて』などの作品を、父に対する息子のエディプス・コンプレックスが表
れた作品として論じている。

新フロイト派のエーリヒ・フロムは『夢の精神分析』(1951年)で『審
判』を取り上げ、この作品を心理的事実が表れた一つの夢として読むべき
だとした。

また精神分析の発想を応用しているものとしてジョルジュ・バタイユのカ
フカ論(『文学と悪』所収、1957年)があり、ここではジークムント・フ
ロイトの快感原則の理論などを踏まえつつ、父親の権威が支配する世界に
対して小児的な幸福を追求した者としてカフカを論じている>

カフカは父から自分という人格を認めてもらいたいが、父は理解しようと
もせずに、自分を難じる、共通の言葉もない・・・これはデュガールの
「チボー家の人々」でも父と次男の葛藤として描かれている。

小生の場合、カミサンに理解されたい、「ああ、修一はこういう人格なの
だ、ずいぶん変わっているけれど、それだから修一なのだ」と。しかし、
カミサンは小生に常に疑い深い視線を向けるし、「彼は彼、私は私、考え
や価値観、嗜好は全然違うけれど尊重はする、個人主義でいいのではない
か」とは思わない、思えない、思いたくない。

このあたりが小生の緊張や欲求不満、ストレスとなり、「城」的なもどか
しさや悪夢になっているのではないか。カミサンは永遠に変わらないから
小生のストレスも溜まり続けるのか。

今朝は発狂して壊したドアを修繕する。まるで新品のようになったが、こ
れで発狂の物理的痕跡は表面的には消えたことになる。憂さ晴らしにビー
ル瓶を叩き割る奥さんの話を聞いたことがあるが、奥さんなりの発狂防止
策だったのかもしれない。田舎ならそれもできるが、街中では難しいだろ
う。ストレスを上手く発散しないと爆発に至る。

発散をしくじった人々の集う病棟日記から。

【2016/11/24】統合失調症のYさんはずーっと軽いいびきをかきながら気
持ちよさそうに寝ていた。眠っているときだけが落ち着けるのだろう。起
きているときは幻覚、幻聴でぶつぶつ言ったり、朦朧とし、フラフラした
り。まだ40歳前後だろうに、顔の筋肉が衰えてドローンとした表情だ。

社会復帰は到底無理で、一生を障害者、患者として生きるのだろう。服装
を見ても着た切り雀で、近親者から見捨てられているようだ。

80歳過ぎのおばあちゃんのTさんは、「娘が一人いるけれど離れて暮らし
ているから、家に帰っても自分一人では(気力体力的に?)何もできな
い」と意見交換会で言っていた。彼女はホールで塗り絵にはまっていた
が、実に上手だった。どう見ても精神疾患ではない。

介護施設の機能はすべての精神病院が引き受けられる。前者は深海(まる
で死後の世界)のようにひっそりとしていたが、後者は若い女性も多く、
ホールではおしゃべりで賑やかだ。彼女も10代の孫のような女の子とお
しゃべりをしていた。どちらが老人にとっていいかは明らかだ。精神病院
は積極的に介護事業に取り組むべきではないか。

30歳ほどの美女の歩きっぷりが素晴らしい。歩幅は大きいし、とても力強
く、男でも見ない歩き方だ。“ボス”と仲良しなので、誰も手を出さない
が、声をかけてみた、「ちょっと伺いたいんですけど、とても歩き方がい
いですね、何かスポーツをやっていたんですか?」。

「小学校と中学校でバスケットをやっていました」

ナルホド、納得。ボールを持たせたらダムダムダムとドリブル、一気に
ダッシュし、スラムダンクでゴールに叩き込みそうな感じだ。通称“バス
ケ”でいこう。このパワーで家庭内で暴れまくったら両親は警察に助けを
求めるしかないな・・・

小生の息子はマッチョ、キン肉マンで、4、5歳から剣道を習っていたが、
消防官に採用された。一芸に秀でることは人生にプラスになる。年長の知
人は剣道5段で、学校やビルの警備員として優先的に採用されている。剣
士は棒を持たせるとまったくスキがなく、びしっと決まる。剣道4段のカ
ミサンは暴れる統失患者にもひるまない。

中姉と長女の連れ合いは高校まで球児で、ともにゴルフが上手い。スポー
ツは趣味の範囲でもいいからやっておくほうがいい。小生は一升瓶の火炎
瓶を室伏のごとくに投擲する迷人で、千葉刑務所へ送られたから、投げる
のが好きなら火炎瓶や石はやめておいたほうがいい。

今朝の産経コラム「だからリベラルは嫌」(加納宏幸記者)は面白かっ
た。彼らリベラルは口先ではきれいごとを言うが、オバマ(イスラム教か
ら白人を憎悪する過激プロテスタントに転向したりした)やメルケル(穏
健プロテスタントの牧師の娘、自分は正義だと思い込んでいるお節介オバ
サン)のように国家を棄損する。

リベラルは宗教のようなものだから棄教は難しい。論稿で理路整然と叩き
まくり、選挙で落としていくしかないが、あと10年もすればリベラルはほ
とんど消えているのではないか。カトリックも中絶、離婚、同性婚などに
寛容にならざるを得ないし、イスラム教は永遠に殺し合いを続けるから、
どちらもパワーは衰えていくだろう。

中韓を未だに拘束している儒教の「朱子学」は人民統治にはすこぶる有効
だが、頑迷固陋のガチガチの保守でありイノベーションにはまったく不向
きである。英仏さらには見下していた日本にも負けた支那は、明治維新の
チャイナバージョン「洋務運動」を始めたが、半分は自滅、半分は保守派
に潰されてしまった。

世界は、というか先進国はIndustry 4.0(第4次産業革命=情報通信技
術、人工知能などによる生産性の飛躍的向上)に取り組んでいるが、支那
にはインターネットさえない。人民は世界の情報から遮断されたままだ。

そして支那、朝鮮は基本的に強者が弱者を支配する朱子学秩序のままで、
ロシアも同様だろう。有能な人材はどんどん流出するばかりだ。習近平曰
く「マルクス主義を学べ、俺の言葉を暗記しろ」だと。現代版の科挙によ
り大失敗した共産主義を延命させようというのだろうが、滑稽を通り越し
て痴呆症の域だ。暗記ではなく創造がミソ、キモなのに・・・

才あるものは沈没船から逃げ出すから、グズグズしているのはクズばか
り。弱体化は免れない。

日本の場合、改革を唱えるのが保守派で、既存秩序維持を叫ぶのがリベラ
ルを含めたアカという、実に奇妙なことになっている。リベラルはとっく
の昔に粗大ゴミになり、廃品回収車も避けて逃げる汚染物に堕してしまっ
た。「壊れていてもかまいません」が、腐臭ふんぷんの汚物には誰も手を
出さない。

長興寺蔵の「織田信長像」は優しげな美男で、巷間伝えられる残虐過酷な
イメージとはまったくそぐわない。天安門の毛沢東像も、1949年の建国以
降だけでも(餓死を含めて)4000万人を殺した独裁者とは思えない。

プーチンやドゥテルテは人殺しの人相をしている。トランプは狡猾かつ有
能なビジネスマンの顔で、選挙中はタフガイを演じていたのだろう。

中共は公式見解で毛沢東は「貢献7割、誤り3割」とされており、それ以上
の詮索を禁止しているが、まったくの善人も、まったくの悪人もいないの
なら、英雄・偉人も善7:悪3あたりかもしれない。英雄の自宅でのくつろ
いだ姿、たとえば褌一丁で夕涼みをしているとかを間近に見る下男にすれ
ば「下男の目に英雄なし」となるわけだ。

小生は自分を5:5あたりかと思うのだが、カミサンから見れば4:6、3:7
で悪の方が目立つのかもしれない。

14:00〜16:20、立て続けに心理面接。1人目は「両方が納得する解を得
るために奥様にもヒアリングする」、2人目は「奥様の良いところ、感謝
することを書いてみたら」とアドバイスを受けた。

精神病院には臨床心理士、精神保健福祉士、作業療法士などがいて、彼ら
カウンセラーはコメディカル部に所属していた。「コメディー・・・患者
を楽しませるからなのかなあ」などと奇異な感じを受けていたが、Co-
Medical部、訳せば「医療支援部」に所属しているという。「二度と病院
に来ないで済むよう、患者と家族が平穏に暮らせるようにするのが仕事」
だそうだ。

17:00、夕薬に整腸剤のビオフェルミンが追加された。20:00、就寝前薬
としてこれまでのフルトラムゼパムに加えて「グッドミン」が加わった
が、深く眠り過ぎないか。トイレで目が覚めないと大事になるが、大丈夫
なのか・・・心配だ。(つづく)2017/4/16
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック