2017年04月20日

◆北朝鮮攻撃は遠のいたのでは?

宮崎 正弘 



<平成29年(2017)4月19日(水曜日)通算第5269号>   

 〜4月27日(新月)の北朝鮮攻撃は遠のいたのでは?
  米国の「レッドライン」は、いまだ具体策が意味不明〜

 「北朝鮮がレッドラインを越えたら、米国は単独でも行動する」とトラ
ンプ大統領は習近平にも直接言った。中国が北の暴走を押さえ込めると推
測したわけだが、中国の軍を掌握していない習に、そんな力はない。

日本の新聞はさかんに習近平が権力態勢を磐石としていると分析している
が、北京情報筋からの分析はまるで逆である。

軍の抗議集会が北京のど真ん中に展開されるという前代未聞の事態が出来
している。

米国の言う「レッドライン」とは具体的に何を意味するのか。

メディアは「北が核実験をしたとき」「北がICBMの発射事件をおこな
えば」と報じているが、トランプ政権は「あらゆる選択肢が卓上にある」
と曖昧に表現するだけで、この中味は巡航ミサイル数百発発射して核兵器
施設、ミサイル発射基地、軍事施設の全てを攻撃するという壮大なシナリ
オから、金正恩の「斬首作戦」にとどめおき、北の新体制と核凍結の交渉
をするアイディア、対シリアのように象徴的に打撃を与えるプランまでが
飛び交っている。

巷間囁かれてきたのは4月27日が「新月」となるため、この日に米軍の軍
事作戦が行われるだろうという推測だった。

新月は言うまでもなく太陽と月が一線となるため、夜中に月明かりがない
日である。

タイミングから言えば4月25日に北が建軍記念日を迎えるため、祝賀ムー
ドに湧く北朝鮮は核実験をおこなう可能性が高いからだ。

それがレッドラインを越えたと判断し、ミサイル攻撃、あるいは特殊部隊
の上陸作戦があると言われた。

アルカィーダの首魁だったオサマ・ビン・ラディンがパキスタンに潜伏中
の隠れ家を襲ったのも、新月だった。

トランプ大統領としては、振り上げた拳を降ろさなければならない。低迷
気味の人気回復にはもってこいの作戦ともなる。

急浮上している作戦アイディアは、金日成、正日親子の巨大な銅像を破壊
するという象徴的襲撃作戦だ。

これは複合的効果を産む。つまり独裁者二人の銅像を破壊すると、民衆は
体制崩壊と誤認し、反政府暴動に発展する可能性がある。

また軍高層部、警察、秘密警察がいかなる反応をするか、つまり権力機構
の通信、命令系統がどのようは反応をするかを見て取れるわけで、同時に
通信設備や発電所の破壊も行われるだろう。

北朝鮮の軍や警察が相互の通信がとれなくなれば、有効な反応が出来ない
ばかりか、防衛体制が機能せず、無秩序状態に陥るだろう。


▼しかし、攻撃は遠のいたのではないか
 
シンガポールを出航した米海軍カールビンソン空母攻撃群は、朝鮮半島近
海にはほど遠く、まだインドネシア沖を航行中であることが分かった。

1つには追尾している中国とロシア艦船に対しての陽動。いま1つは南シ
ナ海を北上していないので、東シナ海へやってくるにはまだ時間がかかる。

だが、もう一つ顕著な理由がある。軍を動かすトランプ大統領に進言する
べきマティス国防長官は、いまサウジアラビアにいる。

ペンス副大統領は日本にあって、19日には空母ロナルドレーガン艦上で演
説する。

マクマスター安全保障担当大統領補佐官はインドにいる。

最終決定をする3人がワシントンに不在とあって軍事行動を決定する態勢
にはない。
       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ■■■■■■■■ 渡部昇一氏を悼む 宮崎正弘 ■■■■■■■■
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
渡部昇一氏が4月17日に亡くなった。振り返れば、氏との初対面は4半世
紀以上前、竹村健一氏のラジオ番組の控え室だった。文化放送で「竹村健
一『世相を斬る』ハロー」とかいう30分番組があって、竹村さんは1ヶ月
分まとめて収録するので、スタジオには30分ごとに4人のゲストが待機す
るシステム、いかにも超多忙、「電波怪獣」といわれた竹村さんらしい遣
り方だった。

ある日、久しぶりに呼ばれて行くと、控え室で渡部氏と会った。何を喋っ
たか記憶はないが、英語の原書を読んでいた。

僅か10分とかの待機時間を、原書と向き合って過ごす人は、この人の他に
村松剛氏しか知らない。学問への取り組みが違うのである。

そういえば、氏のメインは英語学で、『諸君!』誌上で英語教育論争を展
開されていた頃だったか。

その後、いろいろな場所でお目にかかり、世間話をしたが、つねに鋭角的
な問題意識を携え、話題の広がりは世界的であり、歴史的であり現代から
中世に、あるいは古代に遡及する、その話術はしかも山形弁訛りなので愛
嬌を感じたものだった。

近年は桜チャンネルの渡部昇一コーナー「大道無門」という番組があっ
て、数回ゲスト出演したが、これも一日で2回分を収録する。休憩時に、
氏はネクタイを交換した。意外に、そういうことにも気を遣う人だった。

石平氏との結婚披露宴では、主賓挨拶、ゲストの祝辞の後、歌合戦に移る
や、渡部さんは自ら登壇すると言いだし、ドイツ語の歌を(きっとお祝い
の歌だったのだろう)を朗々と歌われた。

芸達者という側面を知った。情の深い人だった。

政治にも深い興味を抱かれて、稲田朋美さんを叱咤激励する「ともみ会」
の会長を務められ、ここでも毎年1回お目にかかった。稲田代議士がまだ
一年生議員のときからの会合で年々、参加人員が増えたことを喜んでいた。
最後にお目にかかったのは、ことしの山本七平授賞式のパーティだった
が、氏は審査委員長で、無理をおして車椅子での出席だった。「おや、具
体でも悪いのですか」と、愚かな質問を発してしまった。

訃報に接して、じつは最も印象的に思い出した氏との会話は、三島由紀夫
に関してなのである。

三島事件のとき、渡部さんはドイツ滞在中だった。驚天動地の驚きととも
に、三島さんがじつに偉大な日本人であったことを自覚した瞬間でもあっ
た、と語り出したのだった。渡部さんが三島に関しての文章を書かれたの
を見たことがなかったので、意外な感想に、ちょっと驚いた記憶がふっと
蘇った。三島論に夢中となって、「憂国忌」への登壇を依頼することを忘
れていた。  合掌。
        
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 【知道中国 1558回】
―「湖南省を目して小日本・・・自ら稱して小日本人といふ」――(安井3)
    安井正太郎『湖南』(博文館 明治38年)

               ▽

『湖南』の出版から6年を遡った明治32(1899)年、白岩は「湖南人はそ
の性質に於て真摯質実、我古武士の風あり。其排外は攘夷の思想に他なら
ず。故に一朝自覚する所あれば豹変して熱心なる改革論者たらんことは、
甲午役(日清戦争)後の情勢に徴し識者の早く已に認識する所なり。

況んや近時人材の輩出、未だ湖南省の如きはあらず。必ずや流風余韻の子
弟青年に依りて紹述せらるるものあらん。見来たれば湖南将来の希望、転
た多大なるを覚ゆ」と記している。

以上は、白岩の事績を研究した中村義が『白岩龍平日記 アジア主義実業
家の生涯』(研文出版 1999年)に引用している。白岩が、いつ、どこに
発表した記述なのかを注記されていないが、やはり『湖南』の主張と大差
がないところに注目しておきたい。

 中村は、白岩の湖南論は「すぐれて予見的であった」と評価した後、
次のような解説を加えた。興味深い指摘だと思うので引用しておく。

「19世紀末から20世紀30年代にかけての中国近代史を俯瞰すると、湖南
省の歴史的軌跡が太く貫いていることに気付く。それは人脈と湖南気質で
ある。人脈とは太平天国に対決した曽国藩と湘軍の登場、そして左宗棠、
改革をめざした変法運動の先頭をきった譚嗣同や唐才常、つづいて辛亥革
命期に中国同盟会の主力をになった黄興、宋教仁はじめとする俊傑、そし
て中国革命をリードした毛沢東、劉少奇等の共産党指導者らの故郷であっ
た。近代中国を通じて、第一級のジャーナリスト梁啓超は『湖南は天下に
あって人材の淵藪なり』とし、日本の幕末明治維新の薩摩、長州になぞら
えている」

たしかに黄興と近かったのは宮崎滔天であり、宋教仁は北一輝にとっては
血盟の友だった。不確かながら、北は黄興を西郷隆盛に擬えていたように
記憶する。また大正6(1917)年2月から5月にかけて湖南省を訪れた宮
崎滔天は、4月に湖南省立第一師範学校で学友会が主催したと伝えられる
講演会に望んでいるが、宮崎を招請したのは毛沢東だった。こう見てくる
と、湖南人と日本人は俗にいうウマが合ったということだろうか。

『湖南』は湖南人を「極端より極端に趨るも亦彼らの性情然るに由る
か」と記すが、譚嗣同、宋教仁、毛沢東と並べてみれば、たしかに彼らの
人生は「極端より極端に趨」っている。かりに1949年10月1日に天安門の
楼上に立ったのが湖南人の毛沢東でなかったら、あるいは毛沢東を指導者
に選ばなかったら、その後の歴史は変わっていただろうか。だが歴史は、
「極端より極端に趨」は湖南人だけではなかったことを教えてくれる。

毛沢東が敷いた対外閉鎖路線を決然と擲って、1978年末に対外開放へと国
の基本を180度転換させた?小平もまた「極端より極端に趨」った。考え
てみれば、あれだけの、しかも身勝手で扱い難い人々の群である。

マアマアとか、皆さんのゴ意見を伺ってなどと言っていたのでは何も出来
はしないだろう。儒教道徳が讃える中庸なんぞを求めて居たら、喧々諤々
で纏まるものも纏まらない。であればこそ、一気呵成にエイヤッと「極端
より極端に趨」らないかぎり、なにもできないのではなかろうか。

1949年の建国以来を振り返ってみても、50年代半ばの双百運動から始ま
り、反右派運動から大躍進、さらには社会主義教育運動を経て文化大革命
へ。劉少奇が抹殺され、林彪が憤死し、四人組が粉砕され、毛沢東が後継
と定めたと伝えられる華国鋒ですら権力の座から簡単に排除されてしまっ
た。かくして登場した?小平は「毛沢東を掲げて毛沢東を否定し」、遮二
無二に対外開放へ。外資が流れ込むと、昨日まで金科玉条と崇め奉ってい
た毛沢東をいとも簡単にボロ雑巾のように捨て去り、国を挙げての拝金思
想の道をまっしぐら。

「極端より極端に趨るも亦彼らの性情然るに由る」・・・豈湖南人のみ
ならんや。《QED》
      
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449147810
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック