2017年04月27日

◆追悼 ペギー葉山・渡部昇一さん

MoMotarou



【追悼 ペギー葉山・渡部昇一さん:占領から離れて】

徹子の部屋 150413 ペギー葉山 4月13日 https://www.youtube.com
/watch?v=PtQgDIhZ3Kc

         ☆彡

亡くなられたペギーさんの曲で一番好きなのは「南国土佐を後にして」で
す。あの伸びのある声は良いですね。今回はペギー葉山さん関連の記事を
調べて見ました。WIKIより転載。お爺さんは何と会津白虎隊隊士!

■ペギー葉山さん

<<出生名:小鷹狩 繁子(こたかり しげこ) 1933年12月9日生まれ 
出身地:東京都新宿区 平成29年4月12日(満83歳没) 青山学院女子高
等部卒 歌手としての活動期間:1952年 - 2017年

★芸名の誕生

"ペギー"は友人宅の混線電話がきっかけで親しくなったテレホン・フレン
ドのアメリカ人から「君の声はペギーという感じだ」と言われたことか
ら、"葉山"は進駐軍廻りの際に一緒にアルバイトしていた学生に「長谷川
一夫にフランク・シナトラ…芸能人にとって、ハ行は縁起がいい。」と言
われ、「確かにその通り」と決定。

ペギーだけでは苗字が無いし、それなら何か…」ととっさに思いついたの
が葉山であったことからである。ただ、芸名の由来となったペギーの愛称
を付けたアメリカ人とは一度も会ったことが無いそうである。

当時、巡業等で地方へ行くとペギー葉山ではなく、ペリー葉山、ペンギン
葉山、ペジー葉山といった誤記が多数あった。>>

「進駐軍回り」。何とも言えない響きだ。歌手の伊東ゆかりさんもの父も
進駐軍回りのバンド員だった。お母さんが度々変わったのが嫌だったそうだ。


●「進駐軍回り」に関連して(WIKIより)

★伊東ゆかり (本名:伊東信子1947年4月6日 70歳 東京都 女優)
 幼少期から進駐軍キャンプで唄い始め、11歳のとき(1958年6月)「か
たみの十字架/クワイ河マーチ(映画『戦場にかける橋』テーマソン
グ」)でキングレコードより本格デビュー。これは美空ひばりのデビュー
年齡(12歳)よりも早い。

★中尾ミエ(本名:中尾美禰子1946年6月6日(70歳) 福岡県小倉市 活動
期間1961年 〜)

 6人きょうだい。実家は書店を経営していた。父親が事業に失敗し、
1958年に一家で上京。東京学芸大学付属中学校時代に、渡辺プロダクショ
ンにスカウトされた、園まり・伊東ゆかりらとスパーク3人娘を結成。

ザ・ピーナッツの後継として期待され、一時代を築く。確かな歌唱力で、
人気を博し、アメリカンポップス系を得意とする。

16歳にしてリリースした『可愛いベイビー』が大ヒット。一躍スターの座
に。20歳の若さで都内に一軒家を購入して両親へプレゼントした。

先日のラジオ番組で随分早いデビューですねと聞かれたミエちゃんが「学
校へ行くお金が無かったのよ」と答えていたのが印象的でした。

★江利チエミーなぜか一番好きな曲は「さのさ」です。
 https://www.youtube.com/watch?v=_EChSrYbpdY

“少女歌手・江利チエミ”のルーツは「生活を支えるため」であり、この点
は美空ひばりとの相違である。

長兄も陸軍士官学校出身で英語も堪能なエリートだったが、戦後の価値観
の変化などで順調とは行かず、結局、父がマネージャー、長兄が付き人と
いう3人4脚での芸能活動が、1949年(昭和24年)、12歳のころからスター
トすることになった。

進駐軍のキャンプまわりの仕事をこなしていくうちに智惠美はドリス・
ディの「アゲイン」などを習得し、ジャズ歌手への志向を高めていく。進
駐軍のアイドルとなり、愛称は「エリー」となる。芸名の江利チエミはこ
の「エリー」から母が名づけた。特にチエミをかわいがってくれた進駐軍
兵士ケネス・ボイドからその後の「運命の曲」となる「テネシーワルツ」
のレコードをプレゼントされる。

■「南国土佐を後にして」ついて
 https://blogs.yahoo.co.jp/momotarou100/63877397.html

(転載始)<<1958年11月にNHK高知放送局テレビ開始の記念番組として
「歌の広場」にペギー葉山が登場し歌い、テレビ時代の幕開けとともに日
本全国に知れ渡った。1959年5月にペギーの歌でキングレコードからシン
グル発売されると、発売からほぼ1年で約100万枚を売る大ヒット[3]とな
り、累計では200万枚を売り上げた。

NHKからオファーを受けた当初は「自分はジャズ歌手だから」と乗り気で
なかった。鈴木三重子盤を聞いて曲を覚え生放送の本番に臨んだが、観客
のボルテージが最高潮になるのを感じ、驚いたという。のちに鯨部隊で歌
い継がれていたことを知るが、それを最初から聞いていたらオファーを快
く受けただろうと語っている

原曲は、中国大陸中部に出兵した陸軍朝倉歩兵236連隊(鯨部隊)内で自
然発生的に生まれ、歌われていた曲とされる(同部隊には高知県出身者が
多かった)。後半部に土佐民謡「よさこい節」を歌いこんでいる。

戦後、復員兵らによって高知県にもたらされ、古里ソングとして定着し
た。そして、後述のペギー葉山盤の大ヒットで全国的に知られるようになった

武政英策(作詞・作曲)は原曲を採譜、整理、改編しており、原曲の歌詞
にあった「中支」「露営」といった、戦時下を連想させる言葉を、集団就
職の若者をイメージさせる言葉に置き換えた。>>(終)

■渡部昇一さん
 追悼番組 渡部昇一先生を偲んで 宮脇淳子 倉山満【チャンネルくらら】
 https://www.youtube.com/watch?v=bbbUR7cd2UE

(転載始)<<山形県鶴岡市出身。1948年(昭和23年)山形県立鶴岡中学
校(旧制)卒業、1949年(昭和24年)山形県立鶴岡第一高等学校(現:山
形県立鶴岡南高等学校)卒業を経て、同年に上智大学文学部英文学科に入
学。上智大学大学院西洋文化研究科修士課程修了を経てドイツのミュンス
ター大学(ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学)大学院博士課程修了。

自著によると極貧の状態で大学を卒業し、奇跡的にヨーロッパの大学に留
学し、学位を取ることができたと記述されている。ミュンスター大学
(ヴェストファーレン・ヴィルヘルム大学)哲学博士(Dr.Phil. 1958
年)、オックスフォード大学留学、ミュンスター大学(ヴェストファーレ
ン・ヴィルヘルム大学)名誉哲学博士(Dr.Phil.h.c. 1994年)。

ヨーロッパから帰国して10年ぐらい経った助教授の頃、フルブライト・ヘ
イズ法によるアジアからの訪問教授プラン(VAPP)によって渡米、4つの州
の6つの大学で半学期ずつ講義を行う。上智大学講師、助教授、教授を歴
任して定年退職。2001年に上智大学より名誉教授の称号を受ける。

専門の英語学以外にも歴史論、政治・社会評論を著している。内面の充実
を求める生活のさまざまなヒントとアイデアを示した著書『知的生活の方
法』はベストセラーとなった。また、大島淳一のペンネームでジョセフ・
マーフィーの成功哲学を日本に紹介した。(終)>>

■成功哲学の実践者だった

渡部昇一さんの事は皆さまご承知の通りです。注目は「ジョセフ・マー
フィーの成功哲学」を日本に紹介したことです。一連の著作(著者名:大
島諄一)に「眠りながら〜」シリーズがありますが、これは当時(1970年
代)「眠りながら〜」という言い回しが流行っていたからです。原書の名
前はinifiniteを使ったものが多く、潜在意識の力に触れています。東西
冷戦の時代でした。ご冥福をお祈りします。


         
             
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック