2017年05月08日

◆大英帝国の栄光と挫折

宮崎 正弘 



<平成29年(2017)5月6日(土曜日)通算第5280号>   

 〜大英帝国の栄光と挫折
  BREXITで景気停滞かと思いきや〜

 ロンドンのホテルでこの原稿を書いている。猫の目のように天気は氷雨
かと思えば雹(ひょう)に変わる。まるで英国の政局を彷彿とさせてくれる。

昨年のBREXIT(英国のEU離脱)という衝撃は世界の経済秩序への
挑戦となった。同時にグローバリズムに対する英国民衆の反撃でもあった。

この反グルーバリズムの動きが欧州全体に拡がり、フランスでオランダで
ナショナリズム勢力が強くなった。旧東欧諸国は軒並み保守系が政権を握
る政治状況となり、昨秋には「アメリカン・ファースト」を強く訴えたト
ランプが大統領選挙で勝った。
 
トランプをあれほど警戒したウォール街が株価高騰に転じたのは奇妙でも
あり、しかし皮肉にも米国経済の好況を示している。

グローバリズムを真っ先に言い出したのは英国である。
 
常に世界の規範モデルを提唱し、その先頭を走り、途中で不都合になると
止める。それが英国の歴史的な習性だ。日英同盟を強引に提唱し、日本を
巻き込んだかと思うと、不都合になれば、さっさと日英同盟を解消し、あ
げくに第2次大戦では日本に敵対した。

EUから真っ先に逃げ出すのも英国だ。
 
金本位体制を提唱し、やがて放棄したのも英国。その金融を支配するのが
ザ・シティだ。 世界金融はウォール街が支配しているように見えるが、
基本的な規範を策定しているのはいまもロンドンのシティである。この点
で英国と米国は深く繋がる。
 
日本の金融業界は銀行も証券も、シティに一大拠点を築いてきた。EUか
ら脱退となれば関税特典などのメリットが失われるからエクソダスが始ま
り、自動車など日本のメーカーも工場の分散を検討している。米国が
TPPからの離脱を表明し、メキシコ進出が無駄となりそうな日本企業の
戸惑いがある。

だとすれば、BREXITO以後の英国の現状を見ながら、次に何が起こ
るのかの予測のポイントを探ろうと筆者はリバプール、チェスターなど英
国各地を回った。

驚かされたのはビルの建設ラッシュだ。日本の報道とまったく違う風景で
ある。

産業革命の嚆矢となった蒸気機関の発明も元々は繊維産業の合理化が動機
でありEUへの加盟は農産品の輸出拡大が動機だった。

各地をまわって緑豊かな牧草地、隅々まで開梱された田畑を見ると、こん
にちの英国は農業大国でもある。

英国は新移民のポーランド系をはじめインド系とナイジェリアなど旧植民
地だったアフリカ諸国と香港からの大量移民で外国人労働者だらけであ
る。元気を失いつつあるジョンブル精神に代替するように活発な投資を敢
行しているのが中国勢である。

香港の李嘉誠グループも新都心開発、高級住宅地開発で大金を投じてい
る。ロンドンのチャイナタウンの活況と凄まじい投資ラッシュだ。
 嘗て七つの海を支配した大英帝国は政治軍事パワーこそ衰退したが、世
界の経済ルールを主導するという矜持を失ってはいないと思った。

     (この文章は北国新聞「北風抄」5月1日号の再録です)  
        
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆書評 しょひょう BOOKREVIEW  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

 キリスト教はイエスの教えをねじ曲げ、別の宗教になって堕落した
  イエス・キリストが光であるならパウロは闇である

  ♪
奥山篤信『キリスト教を問う!』(展転社)
@@@@@@@@@@@@@@@@

キリスト教を日本人は大いに誤解している。西洋の先進国が信じる宗教だ
から正統であり、正義であり、愛を尊ぶ宗教だと無邪気に考えている。

ニーチェは『神は死んだ』と言ったが、その意味するところを深く咀嚼出
来なかった。

カソリックの妖しげな「神学」とやらが、極左と同じ革命思想を礼讃して
も不思議に思わないばかりか、ローマ法王の政治的プリズムの強い、歪ん
だ発言もうっかりと受け入れる。

ローマ法王は「トランプ氏はキリスト教徒ではない」と放言し、ダライラ
マ法王とは面会を拒否した。

そうした鵺的な発言の軌跡を追うと、宗教者らしからぬ政治行動ではない
のか。

嘗て評者(宮崎)は木内信胤氏主宰の「経済計画会議」」の末席メンバー
として毎月一回、打合会に出ていたことがあるが、ある日、木内氏が雑談
のなかで印象的なことを言った。

「『聖書』のなかで、唯一まともな箇所は『山上の垂訓』だけだな」と。
 氏はご承知のように法華経への帰依熱く、しかし宗教書万巻を読みこな
されたが、最後には無宗教だった。

さて本書である。
 
奥山氏は還暦を過ぎてから上智大学の神学部に入学し直し、大学院に通
い、神学修士を得た。その上で、こんどはフランス神学の名門校「パリ・
カトリック大学院」に留学し、キリスト教の原理を見極めようとした稀有
の行動派である。

そして、パリでの驚きを奥山氏は言う。

「フランス人の神学生はほぼ皆無だった」、「結局フランス人で今や神父
や神学を極めようとする意欲のある人物がいないということである」

留学生は嘗てのフランス植民地からが多く「何の疑いもなく神を信じる純
粋は青年達」しか、パリ・カトリック大学院にはやってこないのだ。

米国とて「神の国」であったはずなのに大都会の教会のミサに来る人は稀
となった。ドイツでは若者達の教会離れが加速度的に進んでおり、「教会
税を支払うのが馬鹿馬鹿しい」という動機が蔓延っている。チェコでは国
民の八割近くが無神論である。

つまり先進国でキリスト教の衰退は顕著である。

奥山氏は、なにも、そのことを伝えたくて本書を書いたのではなかった。
キリスト教がもつ偽善、欺瞞、その教理の背後に隠された嘘について研究
の成果を世に問うのだ。

第1にキリスト教は戦争をもたらし、戦争で肥った宗教である。
だからジョン・レノンは「イマジン」を謳った。

♪「宗教もない、さぁ想像してご覧、みんながただ平和に生きているって」

この点に関して奥山氏は戦国時代の切支丹大名の暴走、宣教師等の裏に隠
されていた侵略の意図を白日の下に晒し、日本から南蛮船によって売られ
た日本人奴隷が夥しく、これに怒った秀吉がついに鎖国を選択した過程を
辿る。

第2に神が人間をつくったというのは誤りで、「実際には人間が神を造っ
たのだ」

「奇跡はでっち上げられ、反知性の世界での出来事」でしかない。
 奥山氏はこうも言う。

「奇跡や迷信、科学的にあり得ないことをいまだに信じる人々、これこそ
危険極まりないカルト思考である」(中略)「排他的非寛容に立つ傲慢な
自らの偶像が神だという発想こそが、古代より現代にいたるまで人間同士
の憎悪と殺戮の原因である」(146p)

だから最後の箇所で奥山誌はマザー・テレサのいかがわしさについて言及
している。

第3にキリスト教は詭弁で成り立つ。
 
スティーブン・ホーキング博士が言った。

「人類が科学というものを理解できる前に神が宇宙を創造したと信じるの
は自然なことだ。しかし今や科学が説得力のある説明をしている。人類が
神の心が分かるというのは、『神が存在すれば』という前提であって、神
が存在しない」

大哲学者のエマニエル・カントは「理論理性によっては神の存在を証明す
ることがいかなる方法でも出来ないと考えた」。

カントはリスボン大地震の直後に「神は不在である」と悟った。
 
 となると結局、いまのキリスト教をイエス・キリストの始源的教えから
ねじ曲げたのはパウロということになる。

かねてからの疑問だったパウロという存在。奥山氏はさらりと次のように
説明している。

「イエスの精神を無視して勝手な宗教を作り上げた。イエスの考えは人間
の倫理の規範である。ところがパウロは形而上学的に作り上げ、倫理行動
から信仰なることよりコンスタンチヌス帝の権力の手先としての宗教にし
てしまった」(47p)

「イエスは光であり、パウロは闇である。イエスは人々が生きるべき規
範、それを手本にしなければ人は生きることが出来ないのである。だから
『山上の垂訓』は偉大な人のあるべき道標なのである」。

かくも大胆に、しかし明らかだったが誰も語りたがらなかったキリスト教
の欺瞞を批判した書は得難いと言える。

          
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆  樋泉克夫のコラム 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  
【知道中国 1566回】      
  ――「正邪の標準なくして、利害の打算あり」――(?富5)
   ?富猪一郎『七十八日遊記』(民友社 明治39年)

  ▽
 在満の日本官民が「營口對大連、若しくは大連對營口」といった目の前
の小さな縄張り争いに血道を挙げている間に、ウラジオストックからロシ
アの物資が続々と送り込まれ、日本の商圏が犯されているのだ。「我が當
局者に於ても、特に大連及ひ營口に於る當該官僚に於ても、既に氣附きた
る所ならむ」とは思うが、これからは日本官民を挙げて「大連營口對浦鹽
たる可き」姿勢で臨め。大局に目を向けるべし。これが徳富の主張だろう。

実は日露戦争の結果、満州には「金か落ちて居る筈也」。だが現実を見る
と「貨物は上海邊に堆積して、一向にさはけ」ない。「畢竟日本人か、其
利?を壟斷するによるとは、往々外人の口にする所」ではある。だが、そ
れは「買被り」というもの。たしかに「金は落ちたれとも、大抵は山東の
苦力、齎らし去れり。物價は騰貴したり。作物は荒らされたり」。そこで
「外から見たる程の購買力、急増せざるなり」との現地在住日本人銀行関
係者の見解を示している。
 
満州を日本人が押さえ、開発に乗り出すや、食いっぱぐれた農民が仕事を
求めて山東省から、いや山東省のみならず河南省などからも万里の長城を
越えて北上し、続々と乗り込んできた。「闖関東」と呼ぶ人の奔流だ。

「山東の苦力」は休みなく働き、稼いだカネを故郷に「齎らし去れり」。
その間、出先の満州で物価が高騰し、作物が荒らされようが――いいかえる
なら現地社会における社会生活上の生態系が変調を来そうが、全くお構い
なし。

ここにみる「山東の苦力」こそ、じつは華僑なのである。華僑は南部の
福建、広東のみにみられるわけではない。華僑という単語は決して名詞で
はなく、その振る舞いを仔細に観察するなら、寧ろ動詞と見做すべきだ。
つまり古来、漢族は新しい生存空間を求めて華僑し、やがて18世紀末前後
から清朝の版図の外に華僑し、中国という世界を拡大してきた。

1949年の建国と同時に毛沢東が定めた対外閉鎖路線は、?小平によって取
り払われた。党小平を引き継いだ江沢民は「走出去」というスローガンを
掲げ、人々と企業に海外への進出を呼び掛けた。現在のトップである習近
平は「中華民族の偉大な復興」「中国の夢」を錦の御旗に、一帯一路政策
を引っ提げて海外への進軍を妄想し、関係諸国を混乱させる。

今後の世界秩序を考えるなら、その成否は不明ではあるが、過去に見られ
た以上の量と速さと広がりも以て、合法非合法に拘わらず、「華僑する」
という現象が続くことを肝に銘じておくべきだ。いや、これまでとは大違
いで、過去の華僑の大部分がスッカラカンの貧乏人であったのとは違い、
これからは一定の資産を持つがゆえに大手を振って、海外に向って「華僑
する」ことになる。いやはや迷惑千万な話だ。

かりに共産党政権が崩壊したところで、この流れを押し止めることは至
難、いや不可能。共産党政権を倒して民主的な政権が生まれたとしても、
その政権が世界各地に飛び出して身勝手し放題の自国民を中国大陸に呼び
返すなどということをするわけがない。絶対に、断固として。やや大袈裟
にいうなら、世界に飛び出し自らの価値観で、自らの生き方を貫こうとす
る中国人こそ、世界の秩序にとっての超ド級の脅威である。彼らを前にし
たら、北朝鮮の若将軍ドノ(中国では「肥仔金」とも呼ぶらしい)の“火
遊び”なんぞたいしたことはない。中国人の奔流こそ国際社会にとって最
大の不安定要因ではないか。

徳富の旅に戻る。

やがて営口を離れ、「英人の經營にて、何事も秩序正しく、旅客の便宜と
愉快とに缺くる所、殆んと此れな」い関外鉄道に揺られ、万里の長城の最
も東に位置する関所である山海関へ。ここを越えれば中国本部。「此地日
本軍隊の駐留あり」。ここで関内鉄道に乗り換え一気に南下し天津へ。天
津での散策の数日を過ごした後、北京に向かうこととなる。
《QED》
    
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449663138
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック