2017年06月16日

◆興味深い試合だった

前田 正晶



興味深い試合だった読売対ソフトバンク:

14日夜のこの試合は、さしたる興味も関心もなく見始めた。だが、開始と
同時に異様な閃きがあり、「デスパイネ、内川、和田等の故障者を抱えて
多少運気が下がっているソフトバンクには勝ち目がない」と思わせてくれた。

それは1回表のアメリカ帰りの川崎があっけなくFA後の故障上がりの山口
俊に三振させられたところで、これはもしかしてソフトバンクの惨敗かと
思うに至った。得点差の問題ではなく、あれは惨敗だろう。

読売はこれまでに散々酷評してきたようなテイ―ム構成で、確か平均年齢
が12球団中最高で30歳を遙かに超えていたと記憶する。しかし、頑迷な球
団幹部は今年も高齢のFA選手を買いまくり、高橋由伸の迷采配の下に順調
に?負けてきたのだった。

しかも14日夜の大殊勲の山口も日本ハムから来た陽岱鋼も2ヶ月以上何の
貢献もしてこなかった。それが漸く昨夜で買い入れた全員が揃ったという
状態だった。

それにして、山口は良く投げていたし、何処か気迫を欠いたソフトバンク
の好打者連中は面白くないほど三振させ、凡退させていった。私はかなり
早い時点でこのまま「ノーヒットノーランがあるかも知れない」と思って
見ていた。

私のDeNAの頃の山口の印象は「何か纏まりを欠いた力一杯の投手」だった
が、監督がラミレスに替わってから花が咲きかけてきたかと思っていた。
それが、何と読売移籍に踏み切ったのだった。最悪の選択だと思った。

理由はいくらでもあるが、私はFA即読売というのは引退後を考えれば賢明
な策かと思うが、それほど他球団の待遇に至らざるところがあるのだと見
做している。

即ち、読売に行けば引退後に、比較論として元の球団にいるよりも安定し
た生活が保障されているかのようであり、狭き門であるテレビ解説者への
機会も増えているようだから。

私はアメリカ系の球技は「モメンタムのスポーツだ」と言ってきたが、昨
夜もその例に漏れず、ソフトバンクは完全に流れを山口に奪われてしまっ
ていた。それだけではなく、投手の絶対量が不足したかに見えるソフトバ
ンクは「育成上がり」という石川柊太を使ってきたこともあった。無理が
あるとみていた。

石川は良く投げていたが、坂本にホームランを打たれた頃には解説の小久
保が指摘したように、最初は150 km以上出ていた球速が130 km台の落ちて
いたのだった。私は坂本に打たれたところで「石川君、ここまで楽しませ
てくれて有り難う」とお礼を言ったのだった。その辺で山口が投げ続ける
かどうかは別にしてノーヒットノーランの気配が濃厚になったと思っていた。
そこに、読売が二軍から挙げて戻したCruzの代わりにカミネロとやら言う
逃げ切りの投手を挙げてあったので、マシソンと2人で繋げば可能性が高
いと踏んだのだ。それに、昨夜は高橋由伸の采配というか投手起用が珍し
く大正解で、山口を6回で引き下げたのは見事だった。

私は山口はDeNAで完投が多かったとは言うが、あれだけ力一杯では6〜7回
が限度だと思っていたのだ。こういう力の限界が来る投手には阪神の能見
やDeNAの井納と読売の内海がいると思っている。

話が逸れたが、昨夜の読売の出来は経験豊富な選手を集めておいた効果が
一気に現れたのだと思っている。あのまま一年中勝ち続けられるかと言え
ば、それは単なる希望的観測だろう。兎に角打てな過ぎるのが問題だ。そ
れに投手もやや先発型というべきかローテーションを組めるだけ数が揃っ
ていない。曰く、菅野、田口、マイコラスに山口か吉川では一寸無理があ
る気がする。

しかも、高齢者が多いのだから、昨夜のような良い試合運びが一年中出来
るかという疑問もある。だが、如何に首位の広島から12.5ゲームも離され
てはいても、今後は広島も阪神も安心してはいられない強敵が復活したと
見做すべきだろうと思う。そうではないと、セントラルリーグが面白くな
らない。

ところで、昨夜も鈴木誠也がサヨナラホームランを打ったが、あれは緒方
監督がただ単に「神がかっている」を「神ってる」と言い間違えただけの
ことだと、ハナから確信していたが、如何かな。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック