2017年06月18日

◆韓国に謝罪すべき理由とは

阿比留 瑠比



韓国に謝罪すべき理由とは…鉄道網整備に護岸工事、ダム建設…みんな懺悔
に値する。

「韓国国民の中で受け入れられないという感情もあるのも事実だ」「日
本が韓国国民の心情をくみ取ろうとする努力が重要だ」

自民党の二階俊博幹事長と12日に会談した韓国の文在寅大統領は、慰安
婦問題の「最終的かつ不可逆的」な解決を確認した日韓合意について、
こう述べた。文氏の言葉の「感情」の部分を、「情緒」と訳していた新聞
もあった。

文氏は5月に安倍晋三首相と電話会談した際も「国民の大多数が、心情
的に合意を受け入れられないのが現実だ」と語っており、これが公式見解
なのだろう。

国民感情が実定法や国際条約に優越する韓国独特の「国民情緒法」が、
どうして外国にも通用すると考えるのか。なぜそんな自分勝手で甘えた要
求を、日本が受け入れると思うのか。

先人の行いと姿勢

韓国は、本当に面倒くさい国だなあとあきれていたが、作家の百田尚樹
氏の新刊『今こそ、韓国に謝ろう』(飛鳥新社)を読んで自分の浅慮に恥
じ入った。

百田氏はここ数年、日韓併合の歴史を調べていくうちに、次のように感
じてこの本を書いたのだという。

「日本が朝鮮および朝鮮人に対して行った悪行を知り、愕然としたから
です。その非道の数々は、私の想像を絶するものばかり」

「現代に生きる日本人のほとんどが、70年以上前に、祖先が朝鮮半島 で
いかにひどいことをしてきたか知りません」

詳しくは本を手に取ってもらいたい。百田氏は例えば、日本の悪行につ
いて次のように例示している。

▽朝鮮人の子供たちに学校に通うことを強制して、自由を奪うという人 権
蹂躙▽下層階級が使う文字とされていたハングルを勝手に広め、文字文 化
を変えてしまった▽はげ山の植林事業で5億9000万本もの木を植 え、 地
肌むき出しの朝鮮半島独特の景色を作り替えてしまった−など。

韓国に謝罪すべき理由とは…鉄道網整備に護岸工事、ダム建設…みんな懺悔
に値する

「韓国国民の中で受け入れられないという感情もあるのも事実だ」「日
本が韓国国民の心情をくみ取ろうとする努力が重要だ」

自民党の二階俊博幹事長と12日に会談した韓国の文在寅大統領は、慰 安
婦問題の「最終的かつ不可逆的」な解決を確認した日韓合意について、
こう述べた。文氏の言葉の「感情」の部分を、「情緒」と訳していた新聞
もあった。

文氏は5月に安倍晋三首相と電話会談した際も「国民の大多数が、心情
的に合意を受け入れられないのが現実だ」と語っており、これが公式見解
なのだろう。

国民感情が実定法や国際条約に優越する韓国独特の「国民情緒法」が、
どうして外国にも通用すると考えるのか。なぜそんな自分勝手で甘えた要
求を、日本が受け入れると思うのか。

先人の行いと姿勢

韓国は、本当に面倒くさい国だなあとあきれていたが、作家の百田尚樹
氏の新刊『今こそ、韓国に謝ろう』(飛鳥新社)を読んで自分の浅慮に恥
じ入った。

百田氏はここ数年、日韓併合の歴史を調べていくうちに、次のように感
じてこの本を書いたのだという。

「日本が朝鮮および朝鮮人に対して行った悪行を知り、愕然としたから
です。その非道の数々は、私の想像を絶するものばかり」

「現代に生きる日本人のほとんどが、70年以上前に、祖先が朝鮮半島 で
いかにひどいことをしてきたか知りません」

詳しくは本を手に取ってもらいたい。百田氏は例えば、日本の悪行につ
いて次のように例示している。

▽朝鮮人の子供たちに学校に通うことを強制して、自由を奪うという人 権
蹂躙▽下層階級が使う文字とされていたハングルを勝手に広め、文字文 化
を変えてしまった▽はげ山の植林事業で5億9000万本もの木を植 え、地肌
むき出しの朝鮮半島独特の景色を作り替えてしまった−など。

また、美しい朝鮮半島の至る所に醜い鉄道網を敷き、河川の護岸工事で川
本来の原始の美を壊し、現在も電力源となっている多くのダムを造り、傷
痕を今に残したことなども記し、懺悔している。朝鮮半島は日本統治時代
に耕地面積は倍近くに増え、人口も2倍となり、24歳だった平均寿命は
42歳にまで延びたとされる。

 百田氏は「そんなものを朝鮮人たちが望んだわけではありません」と指
摘し、こう問いかける。

 「私たちの先人が朝鮮半島で行ってきた非道で勝手なふるまいを反省す
べきではないでしょうか」

 なるほど、韓国がいまなお日本に対しては何をやっても許されると誤解
しているのは、先人たちの行いと姿勢のせいだったのか…。

日本の誤った報道

韓国に関連してはもう一冊、ジャーナリストの大高未貴氏の新刊『父の
謝罪碑を撤去します』(産経新聞出版)も紹介したい。

韓国・済州島で朝鮮人女性の強制連行を行い慰安婦にしたと虚偽証言し
た故吉田清治氏の長男のインタビューなどをまとめて検証した内容で、長
男のこんな言葉が紹介されている。

「父が発信し続けた虚偽によって日韓両国民が不必要な対立をすること
も、それが史実として世界に喧伝され続けることも、これ以上、私は耐え
られません」

慰安婦問題が日韓間の国際問題化した発端が吉田氏の偽証や、吉田氏を
しつこく取り上げ続けた朝日新聞など日本側の誤った報道にあったのも事
実だろう。

ならば朝日新聞にも、韓国に対し、心から謝罪してもらいたい。

(論説委員兼政治部編集委員)

産経ニュース【阿比留瑠比の極言御免】2017.6.17
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450948696
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック