2017年11月08日

◆「社会意識」革命

                     Andy Chang

社会意識とは国家社会の全国民に共通するルールのことだが、ある人はこ
れをイデオロギー改革(Ideology Revolution)と呼んでいる。民主自由
に制限が無ければ言論主張が乱発し、社会の共識が失われ、カオスが生じる。

今のアメリカはカオス状態である。5日朝テキサスの小さな村のバプテス
ト教会に男が侵入して銃を乱射し、26人が死亡し20人が負傷した。犯人も
死亡したので教会の信者を殺害した理由はわからない。

先週はニューヨーク市でトラックを自転車道路に乗り入れて自転車に乗っ
ていた人人を無差別に轢き殺したテロ事件があった。犯人はISISの指示を
受けたテロと自認した。

1か月前にはラスベガスで音楽会の聴衆に銃を乱射して58人が死亡し、
500名以上の観衆が負傷した。

犯罪事件だけでなく各都市でデモが多発し混乱が起きている。アメリカは
3極化したと言われている。民主党と共和党の対立に加え、反トランプ民衆の
ことである。民主党と共和党はそれぞれ自党に有利な情報を伝達して不利
な情報は無視する。共和党側のテレビはFoxnews で、民主党側のメディアは
NNやNBC、CBSなどである。トランプの支持率は43%だが反対者と賛成者の
両側には深い溝がある。

●民主自由が自由でなくなった

自由とは自分の言論や行動を持つことだが、他人の言論や行動にも自由が
あることを尊重しなければならない。それなのに今のアメリカは自由を主
張して他人の自由を排除する。

「自分勝手」が多発して乱闘となる。アメリカでは自由を主張するリベラ
ル派が大勢を占め、彼らにとって少数派の保守を悪と決め付けて力で排除
する事件が起きている。

自由を主張できるからデモが乱発する。トランプの税改革に反対するデ
モ、オバマケアの廃止と賛成の両側のデモ、黒人の差別と警察の取り締ま
りに抗議するデモ、同性愛者の権利を主張するデモ、違法移民の権利主張
デモ、南北戦争の将軍の銅像を破壊するデモ。

他人のデモを阻止するデモもある。シャーロツビルで起きた暴動は保守系
の言論自由デモを抑圧するデモが乱闘となったのである。自分の意見を主
張するのは自由だが、他人のデモを排除するデモも自由であると言う。他
人の主張を尊重しないどころか暴力で排除するのだ。

●善悪の認識欠如

自分の自由は権利であり他人の自由は認めない。自己主張は善で自分と
違う主張は悪だから力で排除する。他人の主張を排除するためには手段を
択ばない。これでは社会の平和は失われる。

自由とは自他ともにある権利で互いに尊重すべきである。他人を力で排除
する自由は否定すべきだ。しかし現今のアメリカ社会は自己を尊重するだ
けで他人の自由を認めない是非の分別が失われた状態で、これが社会混乱
の元なのだ。

国民社会に共通した是非分別の観念がない。国民に共通した善悪の意識
がないなら民主ではない。つまり民主主義の自由は無制限ではなく、一定
の共通した規範、ルールが必要なのだ。

●自由にはルールが必要

宗教には掟がある。神の掟は絶対で反対は許されない。フットボールや野
球にもルールがある。ルールは守らなければならない。社会の掟は不文律
と法律である。民主主義の自由は社会の不文律と国家の決めた法律を守ら
なければならない。今のアメリカは掟を無視するようになったのでカオス
が起きたのだ。

オバマがルール無視の張本人だ。オバマ政権の8年間には黒白問題でオ
バマの法無視があり、二人の司法部長の違法行為やヒラリー国務長官の
数々の違法、FBI長官、税務署長も違法行為があった。

トランプ政権になっても民主党はトランプ反対に徹し、トランプ罷免に躍
起になっている。ロシアゲートと呼ぶトランプのロシア癒着の調査にマ
ラー元FBI長官を特別検察官に任命して半年経ったが結論は出ていない。

民衆の半分も見境なくトランプに反対である。民間ではデモが乱発し、国
務省、司法部、FBIなどでも陰湿な反トランプ派が存在する。メディアは
反トランプでトランプは反メディア。これでは社会が安定しない。

国民社会に共通するルール、行動規範と道徳規範がなければ真の自由民
主はない。今の民主主義にはイデオロギー改革、つまり民主党と共和党が
合作して社会に共通したルールを作ることが必要である。

だが今のところ民主党はトランプのロシア癒着に熱中しているし調査は終
わっていない。トランプのロシア癒着の調査とは別にヒラリーのウラ
ニュームワン疑獄とトランプ文書疑惑が出てきたので国会では2つの委員
会を設置して調査が進んでいる。

左翼メディアはヒラリーの疑獄を報道しないが国会の調査は時間の問題で
ある。ウラニュームワン疑獄にはオバマとヒラリーだけでなく、マラー元
FBI長官、ローゼンシュタイン司法部副部長、コーメイ元FBI長官、ホールダー元
司法部長とリンチ元司法部長などオバマ時代の官僚が勢揃いして関わって
いる。調査が始まればマラー長官はロシアゲートの特別検察官を辞任せざ
るを得ない。

原子爆弾の原料である国産のウラニュームを敵国に売り渡したのは売国行
為であり、大統領も含め多数のオバマ時代の官僚が関与しているのだ。この
事件こそアメリカの歴史で最も重い違法行為で、こんなことを大統領から国
務長官などが犯した違法こそが社会混乱の大元なのだ。

トランプは社会道徳のルールを作る指導者になれない。国会での反トランプ
陣営には民主党だけでなく共和党議員もかなり居る。暴言を乱発するトラ
ンプには民主と共和両党を統率してルールを作ることが出来ない。さりと
てトランプ以外に世論を引率する者も居ない。アメリカの混乱は今後も続くだろう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。