2018年06月28日

◆党首討論は存在意義を問われる、抜本改革を

杉浦 正章


枝野は「演説」する場面ではない

与野党党首が党首討論の歴史的使命が終わったと言うのだから、本当に終
わったに違いない。党首討論は英国の議会を参考にして自民党幹事長の小
沢一郎が主導、大局的見地から質疑をしようと2000年に始まったものだ。

しかし、最初から指摘されていたが討論時間が45分間と短く、ほとんどの
党首が自らの主張を繰り返すにとどまり、一問一答型の紳士的な質疑応答
によって、国政に新風を吹き込むという構想からは、ほど遠い形となって
しまった。各党の思惑が空回りするばかりで、存在意義が問われる事態だ。

そもそも党首討論のあり方を否定したのは立憲民主党・枝野幸男が最初
だ。前回5月の討論後、枝野は、首相の答弁が長いことを理由に「今の党
首討論はほとんど歴史的使命を終えた」と語った。

これを2日の討論で取り上げた首相・安倍晋三は「枝野さんの質問という
か演説で感じたが、前回党首討論が終わった後、枝野さんは『党首討論の
歴史的な使命は終わった』と言った。まさに今のやりとりを聞いて、本当
に歴史的な使命が終わってしまったなと思った」と述べた。

枝野は「安倍 政権の問題点を7つ列挙したい」として、短い15分の質問
の7分を使っ て森友・加計学園問題の問題点を延々と並べ、「演説」を
行った。これで は大所高所からの討論ではなく野党の演説会になってし
まうのだ。枝野が 党首討論をマスコミ受けに“活用”しようとしたのは言
うまでもない。

こうした討論のやり方には疑問がある。第一に挙げられるのは討論時間
の短さだ。首相の答弁を含めて45分間では、1日に7時間から8時間も
質疑を行う予算委員会の集中審議と比べても短かすぎる。

各党首の質問も数 問で終わってしまう。加えてイギリスの質疑は紳士的
な傾向が強いが、日 本の場合は政権を陥れるような質問が繰り返され
る。27日も共産党委員 長・志位和夫の暴言が目立った。

志位は「愛媛県と今治市で加計学園への 補助金は50億円から93億円に膨
れあがった。首相の『腹心の友』加計 孝太郎理事長が経営する学園が首
相の名をたびたび使い、巨額の税金をか すめ取っていたのではないか」
と発言した。

「かすめ取る」とは下卑極ま る表現だが、安倍は 「補助金は県と市が主
体的に判断することだ。私は あずかり知らない」と全面否定した。事程
左様に理性に欠ける質問に、応 答をするわけだから、とてもイギリス議
会を手本にした紳士的討論とはほ ど遠くなるのである。

枝野や志位に比べて国民民主党共同代表の大塚耕平 が、外国人労働者問
題を取り上げたのは建設的であった。外国人労働者の 受け入れ拡大は、
国の政策の大転換であり、安倍からも外国人労働者受け 入れに前向きな
答弁を引き出した。

だいたい自民党執行部の感覚も疑う。極東情勢を見れば北朝鮮をめぐっ
てトランプと金正恩の動きが活発化し、日本はまごまごすると潮流に乗り
遅れかねない側面がある。にもかかわらず野党の提案に乗って1年半も論
議して、何の疑惑も政権を直撃していないモリカケ問題を取り上げること
に応じてしまったのである。

ここは、大きく極東の安全保障の構図を変え かねない北朝鮮問題やトラ
ンプ外交への対応など、国家の命運に関わる外 交安保問題を取り上げる
べきであった。

党首討論も確かに現在のやり方では、予算委質疑へのプラスアルファ
的な側面ばかりが目立つ。質疑時間といい、内容といい、真に与野党が対
話を通じて国の政治を切磋琢磨する場に変貌させる必要があることは言う
までもない。たっぷり時間を取って首相が野党に質問しても良いではない
か。抜本的な党首討論改革に与野党とも取り組むべきだ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。