2018年12月31日

◆今月の法律コラム「裁判員裁判」

川原 俊明 弁護士


 平成30年12月19日(水)、寝屋川市で中学1年生の男女2人を
 殺害した事実で、大阪地裁は、山田浩二被告に対して死刑判
 決を言い渡しました。この裁判は、裁判員裁判形式で行われ、
 判決期日の閉廷後、裁判員5人と補充裁判員1人が記者会見し、
「量刑判断に頭を悩ませた」と振り返りました。

 読者の皆様は、裁判員に選ばれたことはあるでしょうか。裁
 判員に選ばれると、仕事をしている方であればそれを休んで
 裁判 に参加しなければならなくなり、また期日も1週間程度
 連続であることも多く、負担は小さくはありません。

 そのため、選任されることを躊躇される方も少なくありません。
 筆者自身は裁判員に選ばれたことはありませんが、司法修習の
 際に、裁判員裁判の評議を見学する機会がありました。

そのときの印象としては、いずれの裁判員の方も、しっかりと自分な
 りの意見を表明しており、かつ、互いの意見をよく聞きながら、
 話し合われていました。また、裁判官も、一般の方である裁判
 員に、犯罪の成否や量刑についてわかりやすく説明をするよう
 に努めていました。

また、裁判官は、裁判員が自由に意見を出
 せる雰囲気を作るために、ときには雑談も交えながら、裁判員
 の緊張を和らげる工夫をしていました。

 私見としては、裁判員として裁判に携わることは、司法を身近
 に感じられるよい機会であるので、裁判員候補に選ばれた際に
 は、ぜひ積極的に参加していただければと思います。我々法曹
 も、より国民の理解しやすい裁判を実現するために、努力し続
 けなければなりません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。