2019年01月31日

◆豪政界も中国に汚染され

宮崎 正弘


平成31年(2019年)1月30日(水曜日)弐 通巻第5973号     

豪政界も中国に汚染され、3人の高官がファーウェイの代理人だった
 孟晩舟はファーウェイ(豪)の取締役としても、陰謀に加担していた

豪政府高官だった3人をファーウェイは、「取締役」に雇用し、高給を支
払って事実上の代理人を務めさえ、オーストラリア市場の拡大に協力させ
てきた。

豪政府は労働党のジラード政権からターンブル保守政権まで、国家安全保
障部門は、ファーウェイの警戒を怠らなかった。

「ファーウェイ(豪)」は現地法人を装いながらも、事実上のスパイ機関
として、機密情報を入手していた。

2011年からファーウェイ豪の取締役になっていた3人の高官とは、ジョ
ン・ブルンビー元ヴィとリア州副首相、ダウナー外相、そしてジョン・
ロード元海軍中将で、いずれもが「ファーウェイのスパイ行為という陰謀
論には証拠がない」と中国を擁護してきたため、豪メディアは疑惑の目を
向けてきた。

さてカナダで拘束されている孟晩舟だが、2005年10月から2011年8月ま
で、このファーウェイ豪の取締役を務め、中国と豪のあいだを行き来して
いたのだ。

米国が起訴に踏み切ったのは23の容疑で、イランへの不法輸出と迂回路の
送金のほかに様々なスパイ容疑が俎上には網羅されている。資金洗浄と迂
回送金に利用されたHSBCは、ファーウェイとの取引から撤退している。

中国はなんとしても孟晩舟の米国への身柄引き渡しを阻止するべく、在中
国のカナダ国籍13名を拘束し、さらに中国人だが豪国籍をもつ楊という
作家を拘束し、カナダに対して猛烈な圧力をかけた。

弱腰トルードー(カナダ)首相とて、ファーウェイ政策には厳しい姿勢を
しめすようになり、駐北京カナダ大使の親中発言に激怒、大使を召還した。
 
ファーウェイ問題、これからの裁判の行方に注目があつまる。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。