2019年02月01日

◆半導体大手「インテル」社の

宮崎 正弘


平成31年(2019年)1月30日(水曜日)通巻第5972号        

半導体大手「インテル」社の「イスラエル・シフト」は何を意味するのか?
  インテル新工場に190億ドルの大型投資、イスラエル最大級

おりしも米司法省はファーウェイを「技術盗取」の容疑で追訴を決めた。
これで孟晩舟CFOの米国移送、裁判が確定したと言える。

こうした動きに沿って、半導体最大手インテルの企業戦略に変化がでた。

1974年以来、インテルはすでに380億ドルをイスラエルに投下し、半導体
などハイテク製品の部品を製造し、供給を続けてきた。インテルの最初の
イスラエル拠点はハイファにおかれ、わずか五名の開発研究要員でスター
を切った。

その後、インテルはエルサレムならびに同市南西のキリヤットガット(砂
漠の真ん中)に主力工場を設立し、CPU、フラッシュメモリーなど最先
端部品を生産してきた。

インテルの米国における主力はアリゾナ州、ニューメキシコ州など、やは
り砂漠地帯に置かれるのも、地理的な理由は安全保障上の事由とされる。

かくしてインテルの貢献が大きく、イスラエルは軍事大国にして、軍事汎
用技術でも米ソとならぶ次世代ハイテク技術開発で優位に立ってきた。
 とくに日本とはハッカー防御技術、暗号解読そのほかでの技術協力がと
みに盛んとなった。

イスラエル財務省は発表に先立ち、「半導体大手のインテルが巨額投資を
決断した意味は大きく、予想だにしなかったことであり、イスラエルの技
術的飛躍に繋がる」と歓迎の声明。このためイスラエル財務省も財政的負
担でシェアを約束しており、40億ドルをイスラエル政府が予算化して、新
しいエンジニア養成などに費消される。

2018年春先にインテルはZTE(中興通訊)への半導体供給をストップさ
せたため、ZTEはスマホを製造できなくなって悲鳴を上げた。

ZTEはファーウェイと並んで、スマホで世界的なシェアを誇り、日本で
も廉価ゆえにZTEスマホやWIFIを使っている人が多い。

 嘗てアメリカは日米経済摩擦のときに次世代半導体技術を日本の頭越し
に韓国へ供与した。
このためサムソン、LGなどが飛躍したが、こんどはアジア諸国の猛追
に、戦略を切り替え、軍事同盟国イスラエルとの協同という流れに繋がっ
たのではないか。

    □◎□○み△◎□◇や○◎○□ざ□◎□○き○◎○□  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1850回】               
 ――「支那はそれ自身芝居國である」――河東(8)
 河東碧梧桐『支那に遊びて』(大阪屋號書店 大正8年)

   ▽
 紹興で、かの王羲之の「蘭亭序」で有名な蘭亭に遊ぶ。
 修復中だったが、「總てを金ピカに誇張したがる近代の支那一流の行
き方と全く別なのも、この故跡には打つてつけだ」と好感を持つ。

 蘭亭からの帰路だった。「原といふよりも、運河が自然にひろがつた
水の中に、蓆圍ひの一軒の小屋があ」り、「其のぐるりに數へる程の人數
が傘をさしたり、簔を著たりして立ちめぐつてゐた」。

所は紹興。雨中の舞台ときたら、これはもう紹興生まれの魯迅が綴った
「社戯(村芝居)」の世界だ。河東は、自らが目にした紹興の社戯の情景
を描き出す。

「銅鑼や胡弓の音などが頓狂に、靜かにしつとりと降る雨中を顫はして
響き出した。私達の舟の中からも、舞臺に立つてゐる、きらきらする支那
芝居の衣装が見えたりした」。「見渡す限り水に滿ちた水郷の空にも小や
みのない雨が降つている。總てが物の裏を見せるやうな、冷たい、やるせ
ない、淋しい、寝入つたやうな光景の中に、思ひきつて雜音を響かせる鳴
り物と、盛んな、猛烈な、眩しい彩りを持つた芝居の衣装や顔の隈取り
が、とつてもつかないコントラストをなしてゐるのだつた」。

 「芝居ならば劇場の空氣、能ならば能舞台の空氣、馬鹿囃子なら祭禮と
いふお祭りの氣分」があり、その「空氣」「氣分」が舞台の上と客席とを
結びつける「仲介者」であるべきを、「こんな水の中に、芝居の舞臺を作
つた者の心事からしてが問題になる」と難癖をつける。

あまつさえ「當然あり得るコントラストをさへ無視してゐる支那人の氣分
は、之を大陸的といふのだらうか、或は事理を解しない盲聾者なのだらう
か」と疑問を呈する。

 だが、それは河東の誤解、あるいは思い込みというものだ。水郷で知
られる紹興だからこそ、村芝居の舞台は水の上に作られねばならない。水
上の舞台で演ぜられる芝居は、その舞台に正対して設けられていたはずの
廟に祀られた神様に奉げる酬神戯(ほうのうしばい)であり、たまたま人
間サマは神様のお相伴に与かって観劇するという仕組みなのだ。だから、
河東の考える「當然あり得るコントラスト」など最初から想定してはいな
い。「事理を解しない盲聾者」の類などではなく、芝居というものと社会
との関係が所詮は違うということなのだ。
明らかに河東は芝居を軸として回る彼らの生活文化を誤解していた。  

「油糟を積んだ夜船に、ひどく嗅覺を攪亂されて寧波に歸り著いた
夜」、「馬鹿にハイカラな新芝居」という触れ込みの芝居を観に出かけた。
だが「芝居の筋こそは新式ではあつたが」、「例の銅鑼や胡弓の囃子方は
一切出もしなければ、音も出さない、舞臺装置は、日本の小芝居其のまゝ
に持つて來たものだつた」。そこで河東は「たゞ寫實といふ以外に何の藝
術味もない」ような「無智な片輪な未成品を見せられ」たと落胆する。

だが、ここでも河東は誤解している。
彼が目にしたのは日本で新劇に接した留学生が帰国して起こした「話劇」
と呼ばれる新しい形式の芝居であり、であればこそ「例の銅鑼や胡弓の囃
子方は一切出もしなければ、音も出さない」ばかりか、「たゞ寫實といふ
以外に何の藝術味もない」のが当たり前である。勃興期の話劇であればこ
そ未完成は余りにも当然であり、それを「無智な片輪な未成品」と決めつ
けるのは酷、あるいは筋違いである。

だが、さすが河東だ。
「例の銅鑼や胡弓の囃子方」の音が耳をつんざくような伝統劇の限界と
「無智な片輪な未成品」である話劇の将来性に思い至る。伝統芝居は「我
が舊歌舞伎が單なる目先の變化に支配せられてゐるやうに、次第に時代と
相容れない錯誤に墮落してしまつた。

無智な片輪な寫實芝居が、現在に幾分の觀客を惹き得る――形式好きな支那
人は、容易に舊慣を破ることに贊成しないにも關らず――所以も亦たそこに
ある」。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。