2019年04月04日

◆整形外科治療の光と影 (3)

小池 達也(医師)


膝や腰の痛みにサメの軟骨が良く効くという話がマスメディアでもてはやされています。どの程度の売り上げがあるのかは知りようもありませんが、薬局に行けばじつに多種類のサメ関連サプリメントが発売されています。

このブームのきっかけは、1998年1月13日にニューヨークタイムズという新聞(もちろんアメリカの新聞です)に載ったコラムでした。

コラムを書いたのはブローディという女性で、栄養関係に関する著書もたくさんある方です。彼女の愛犬は変形性関節症を患っていて、獣医に連れて行くと、軟骨の成分であるグルコサミンとコンドロイチンを含む薬を処方されました。

服用を続けていると、イヌの症状はかなり改善したそうです(新聞には痛みがなくなったと書いてありますが、どうやって訊いたのでしょうね)。そこで、テニスの後などに膝の痛みを覚えていた彼女は、なんとイヌ用の薬を服用してみたそうです。すると、2ヵ月後には、完全には痛みは取れないものの3割程度の痛みの軽減が認められ、

1年後には、レントゲン写真で変形性関節症が進行していたにもかかわらず、痛みは軽度で様々なスポーツ活動に参加することが出来ていると書いています。
 
この記事を契機として、世界中でサメ軟骨のブームが始まりました。

では、サメの軟骨に対して、臨床試験は行われているのでしょうか?レジンスタ医師は、200名ほどの変形性膝関節症患者を無作為に2群に分け、一方には1日1500mgのグルコサミンを投与し、残りの人には偽薬を投与し、3年間に痛みや関節の機能がどう変化するかを調査しています。

結果はグルコサミンを投与された群で、痛みも機能も改善していました。しかも、わずかですがレントゲン所見でも改善が認められたと報告しています。その後の報告でも効果は証明されていますので、変形性関節症の人がグルコサミンを服用することは悪くなさそうです。

しかし、いくつかの問題はあります。まず、服用する量がはっきり決まっていません。必ずしもたくさん飲めば良く効くということではなさそうです。目安としてはレジンスタの報告にある1日1500mgでしょうが、これはかなりの量です。

先日アメリカへ行った際に、薬局で1錠に1500mgのグルコサミンが含有されているサプリメントを3ヵ月分買ってきました。1錠の大きさは柿の種より相当に大きく、飲み込むのに苦労しそうです。さらに、コンドロイチンの方はまだはっきりとした臨床研究がされていないはずです。

そして、最も大きな問題は値段です。私がアメリカで購入したのは、3ヵ月分で3000円、月当たりわずか1000円です。日本ではひどいのになると月1万円ほどするものもあります。

最後に、グルコサミンにも副作用はあります。最も多いのは胃腸障害です。これらの事実を理解した上で、飲んでみるのも悪くはないでしょう。(再掲)
(大阪市立大学大学院医学研究科リウマチ外科学 )

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。