2019年04月19日

◆福澤諭吉論に見る、皇室と国民の関係

櫻井よしこ


「福澤諭吉論に見る、皇室と国民の関係」

約150年前、日本人は列強諸国の脅威の前で、潰されず呑みこまれず、祖
国の未来を確固たるものにしようと必死の想いで努力した。徳川幕府の統
治から転じて天皇の権威の下に皆が結集して、明治維新という大変化を乗
り切った。おかげで日本は大半のアジア諸国とは異なり、辛うじて独立独
歩で前進できた。

国の形が大転換したとき、先人たちはどんな発想で国家、民族の一体性を
守り通したのか。現在、1945年から続いてきた戦後体制が大変革中なのは
否定しようのない現実だ。わが国も、何かしら根本的な変化は避けられな
いと、多くの人が感じている。

今上陛下のご退位が近づき、皇太子殿下のご即位が近づいている。新天皇
と皇室はどうあるのがよいのか。私たち国民はどのように新天皇皇后両陛
下を支え、向き合うのがよいのか。先人たちは、明治維新で突然、立憲君
主として国を統治する立場に立たれた天皇にどのように向き合ったのか。
皇室の在り方も含めて何を理想としたのか。

明治15(1882)年5月に、福澤諭吉が上梓した『帝室論』が多くを教えて
くれる。冒頭で福澤は「帝室は政治社外のものなり」と説いている。

政治と皇室を結びつけてはならないということだが、これは現代の日本人
にとっては当然の心得だ。現行の日本国憲法は、第四条で書いている。
「天皇は、(中略)国政に関する権能を有しない」と。

これは日本を占領した米軍が、出来得るならば皇室も消滅させたいとの悪
意ある思いから定めた憲法だ。日本国民が絶大な信頼を寄せていた皇室の
力を殺ぎたいとの思惑がそこにはあったと考えてよい。

だが、福澤の説く「皇室は政治にかかわってはならない」という意味は全
く異なる。明治の人々は天皇及び皇室を敬うが故に、政治と皇室は別のも
のと考えたのだ。皇室は政治の外にあったからこそ、「我が日本国におい
ては、古来今に至るまで真実の乱臣賊子なし」だったのである。

大岡裁きに人気が集まる

福澤は、少なくとも鎌倉時代以降、日本人は「北条や足利のような反乱分
子と見られるもの」でさえ、皇室に敵対しなかった、彼らは皇室に奉ずる
方法について争ったにすぎないという。その世俗の争いを、皇室は「父母
が子供の喧嘩の騒々しさを叱るような」姿勢で見ていたのであって、その
種の争いを「憎むのではない。唯これを制止するものであり、騒ぎがおさ
まればもはや問題視はしない」のだと説いている。

政治とかかわらない皇室は、「万機を統(す)ぶる」存在であり、「万機に
当たる」存在ではないとの指摘には深い意味があるだろう。

政治や政党を、「自由改進」や「保守守旧」を自称して論争するが、結局
「政権の受授を争って自らが権力を執ろうとする者にすぎない」と手厳し
く批判する。政治は世の中の多岐にわたる事柄に携わるが、皇室はそうで
はない。にもかかわらず、そうした事象のすべてが、自ずと皇室の下で治
まっていくという見方を福澤は取っている。

現実問題として日本では争い事はどのように解決されるのか。大岡越前守
の大岡裁きに人気が集まるように、必ずしも厳格な法による解決が善い解
決ではなかった。たとえば江戸市中の火事場で鳶の組同士が喧嘩する。す
ると公の裁きのかわりに親分が仲裁し、喧嘩の当事者が坊主頭になって和
解する。なぜ坊主頭になるのか。実際に寺に入らずとも、寺に入り、俗世
と別れるという覚悟を、示すためだろう、と福澤は見る。

だが、西洋の合理性を重視した福澤は日本における宗教の力は評価しない。

「我が日本の宗教の功徳は人々の営みにまでは浸透していない。宗教はた
だわずかに、寺院の中の説教にとどまっている。宗教の力のみで、国民に
倫理や徳を浸透させ維持することができないのは明らかだ」

福澤は宗教の力は評価しないが、社会の潤滑油としての宗教の機能は大い
に認めている。たとえば、として次のような事例を挙げている。古く歴史
を遡れば敗軍の将が高野山に登り、国事犯の罪人が尼寺に入り、あるい
は、藩法に背いた家来に止むを得ず切腹を命ずるようなとき、君家菩提寺
の老僧が仲裁に入ったり、罪人を寺に引き取ったりしておさめてきた。

宗教は法以外の力、法以外の存在として、社会の安寧を維持するのに役
立ったということなのだ。社会を暮らし易いものとするための力として評
価しているのだ。

それでも前述したように、宗教は寺院の中の説教にすぎず国民に倫理や道
徳を行き渡らせる役割は担えていないと強調して、「帝室に依頼するの要
用なることますます明らかなり」というのだ。

敬愛の情

政治も宗教も社会問題の解決や摩擦解消の力にはなり得ない。それは皇室
にしか果たせない役割だと結論づけるが、そんなオールマイティーな力
は、皇室のどこから生まれてくるのか。皇室の「統べる力」の源泉は何か。

福澤は「一国の帝王は一家の父母の如し」と説く。良家の父母は子供に
「このようにしなさい」と諭すが、「このようにしなければ鞭で打つぞ」
とは言わない。言わないだけでなく実際に手に鞭を持つことはしない。よ
き両親は慎むのである。

日本の皇室と国民の関係も同じである。そこが政治と国民の関係との違い
だとして、ざっと以下のように説いている。

国会は立法する。法を守ればよし、破れば罰せられる。懲らしめることは
善きことを勧めることではない。罰することは誉め奨励することではな
い。規範規律で縛り上げて社会の秩序を整えるのでは、国民は「畳のない
部屋に坐らされ空気のない地球に住まわされる」ようなものだ。これでは
道理道理と詰め寄られて、窒塞することもある。

それを救って、国中にあたたかい空気を通し、人心を落ち着かせ、国民に
安寧をもたらし得るのは、ただ皇室のみだ。

明治維新の荒波の中、皇室が国家の根本を担い、人々をまとめた。日本は
立派に危機を乗り切った。皇室の力は和らぎをもたらす力であり、緩和力
だ。如何なる政党にも党派にも#与#くみ#せず、公正な視点で一段と高い
所から全体を見渡す。穏やかに春のようなあたたかさで国全体を包み込
む。そのような姿勢から皇室の力は生まれたと福澤は説いている。

先人たちのこのような感じ方は、次代の皇室、ひいては新天皇皇后両陛下
とどのように向き合うかについて、自ずと私たち国民への大いなる導きと
なるのではないか。敬愛の情をもってお守りする心を、私たち国民が抱く
ことの重要性を強調したい。

『週刊新潮』 2019年4月18日号日本ルネッサンス 第848回


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。