2019年06月13日

◆中国の対米威嚇、本音は何か

櫻井よしこ


「対話? 歓迎だ。戦い? 準備はできている。我々を脅かす? やれる
わけがない」

これは6月2日、中国・国防相の魏鳳和(ウェイフォンホー)氏が米国への
対抗心も露わに中国国民の声として語った言葉だ。威嚇か、半分本気か。
米国の出方次第では戦争もあり得ると、生々しい敵対心を見せている。場
所はシンガポール、世界の安全保障問題の専門家が集う毎年恒例のアジア
安全保障会議でのことだ。

貿易戦争から始まった米中の対立は、いまや赤字黒字問題を超えて国の在
り方の根本を問う、価値観の衝突といわれる程、深刻になりつつある。対
立が深まる中で開かれたアジア安保会議に、中国は8年振りに現職の国防
大臣を送り込んだ。人民解放軍中将ら小物の軍人を出席させてきた去年ま
でとは対照的である。国際会議の場で国防の重鎮が前述のような怒りの表
現を口にしたのはなぜか。

アジア安保会議で魏氏より1日前に演説したのが米国防長官代行のパト
リック・シャナハン氏である。氏は間もなく議会での承認を経て国防長官
に就任すると見られている。氏の演説を背景まで含めて読むと、現在の米
国には、中国への非常に強い警戒心と、ここで中国の勢力を止めなければ
ならないという固い決意が満ちているのが見てとれる。

シャナハン氏は、アジア安保会議で前任の国防長官、ジェームズ・マティ
ス氏の「国家防衛戦略」を踏まえた「インド・太平洋戦略」を発表した
が、その内容は中国の心を掻き乱したに違いない。

ちなみにマティス氏の国防戦略は、米国の真の敵は非国家勢力のテロリス
トではなく、中国やロシアなどの国家だという考えに立っている。9.11以
降、テロリスト勢力を米国の主敵としてきた戦略を転換したのがトラン
プ、マティスの両氏だった。

信ずるのは危険

同じ前提に立つシャナハン氏の戦略がどれ程中国に厳しいかは、氏の戦略
報告の中で中国の項目が「修正主義勢力としての中華人民共和国」と露骨
に表現されていることからも明らかだ。また、ロシアや北朝鮮に関する記
述が各々1頁で完結しているのに対して、中国のそれはおよそ4倍にわたっ
ている。

アジア安保会議での演説は右の戦略報告と併せて考えなければならず、そ
うしたとき、シャナハン氏の演説の一言一言がより強い中国敵視の色彩を
帯びる。

シャナハン氏は、インド・太平洋は自由で開かれた海でなければならない
という、日本も全面的に同意する価値観を述べ、それを守るために使って
はならない以下の「抑圧の手法」4点を挙げた。

➀争いの場に先進の武器を持ち込み、力による恫喝で相手国の反対を封じ
込める、➁他国の選挙や社会に介入してその国の内政に影響を及ぼす、➂債
務の罠を仕掛け、腐敗を誘い、特定の政党に利益をもたらし相手国の主権
を脅かす、➃他国の軍・民の最先端技術を国家ぐるみで窃盗する、である。

この演説では中国を名指しはしていないが、前述の戦略報告ではすべて中
国の項に盛り込まれている。また、中国の悪行はすでに世界周知のことで
あるため、名指ししようがしまいが、シャナハン氏の主張が中国批判であ
ることは直ちに理解される。

シャナハン氏は強調する−−「我々は現実を希望の色で塗り替えたり、非
友好的な行動を覆い隠す美辞麗句に惑わされてはならない。言行の不一致
を問題にすべきときだ」。

日本への警告ではないかと思った程、右の件(くだ)りは現実を映し出し
ている。中国は米国との対立の負荷を緩和するために、日本に微笑外交を
展開中だ。だが、中国の微笑も涙も誠意も、信ずるのは危険である。

中国は、日本と共に一帯一路を推進し、当事国すべてが「ウィンウィン」
になる事業をしたい、日本との友好を深めたいと言葉巧みに言いながら、
尖閣の海には本稿執筆中の6月3日、53日連続で大型武装艦船4隻を送りこ
んでいるではないか。4隻は度々領海を侵犯しており、海上保安庁が小型
ながら8隻態勢で必死に島を守っている。中国は尖閣諸島の施政権を握っ
ている状況を作り、国際社会に尖閣の領有権は中国にあると印象づけ、わ
が国の領土を奪おうとしているのである。日本は中国にも領土を奪われか
ねないのだ。

友好を口にしながら、行動では領土略奪の動きを着々と進めるのが中国
だ。彼らは一度も領有したことのない南シナ海についても、たとえば
「2000年前から中国領だった」などと途方もない虚構話を吹聴する。その
種の中国の言動にシャナハン氏が言及すると、魏氏は即座に記者会見を開
いて反撃した。翌日の演説でも米国批判を展開した。

共産党の異形の支配

魏氏は米中貿易戦争について、「もし米国が話し合いたいなら我々は扉を
開けておく。もし彼らが戦いたいなら、我々は最後まで戦う」と語った。
冒頭で紹介した挑戦的な言葉はこの後に続くものだ。

台湾に関しては魏氏は奇妙な比較をしてみせた。米国は南北戦争で危うく
国が分断するところだった。だがリンカーン大統領のおかげで分断は回避
された。米国は分離してはならないのであり、中国も同様だ。だから中台
は統一しなければならないと、魏氏はいうのだ。しかし、台湾は一度も中
華人民共和国の領土であったことはない。米国の南北戦争とはなんの共通
項もない。それでも、「国家統一の擁護は人民解放軍の聖なる任務」「台
湾に対して武力行使をしないとは公約できない」と強調するのである。

さらに「人民解放軍は多くの戦争を戦ってきた。犠牲は厭わない」「圧力
や困難の度合いが高い程、中国人は勇敢になる」と胸を張り、シャナハン
氏との会談では「中国軍の決意と能力を見くびるべきではない」と一歩も
引かない構えを見せた。

対する米国は、ホワイトハウス(行政府)と議会(立法府)が一体となっ
て中国に対峙する構えが自ずと出来上がった。シャナハン氏のシンガポー
ル入りに上下両院の議員9人が同行し、シャナハン氏は彼ら一人一人を国
防戦略実現に必要な予算、約80兆円を確保してくれたリーダーとして紹介
した。最強の軍事大国である米国は、行政府も立法府も、共和党も民主党
も、一致して中国共産党の異形の支配を許容しないことを見せつけ、こち
らも一歩も引かない。

土壇場で米中が劇的に和解する可能性はゼロではないだろうが、その対立
と戦いは長期にわたる深刻な展開になると考えるべきだ。地政学上も経済
面でも、中国は日本を自陣営に引き込もうとするだろう。ここで中国の微
笑に騙されて彼らの草苅り場になってはならない。一日も早く、自立性を
高め、より強い国になることだ。そのために早急な憲法改正が必要だ。

『週刊新潮』 2019年6月13日号 日本ルネッサンス 第855回

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。