2019年09月10日

◆雀庵の「華僑が世界にばらまく悪弊」

“シーチン”修一 2.0


【Anne G. of Red Gables/25(2019/9/8)】前回紹介した「金儲けの神
様」邱永漢(1924−2012年)の死後、2015年4月「遺族3人が東京国税局か
ら遺産20数億円の申告漏れを指摘された。また2013年までの2年間に配当
約10億円を所得として報告していなかった」(日経2015/4/29) 。

大物は「死してもカネを離しませんでした」、根性が違う。西武グルー
プの2代目、堤義明もドタバタ劇はあったが、その処理で3兆円の資産を投
じ、それでも残ったカネが50億円だという。あっらー、カネは偉大なり!
 別世界。

毎日100万円、1か月3000万円、1年で3億6000万円使っても14年以上もか
かる。小生にとっては地獄だな。奨学金財団を創ってさっさと処理したい
(ま、あり得ないね)。

堤義明は観光産業に造詣が深かったが、傘下のコクド(現NWコーポレー
ション)の八ヶ岳高原ロッジ&ヒュッテ総支配人から「売上を伸ばす知恵
はないか」と相談を受けて視察に行ったことがある。

美しいお嬢様風のロッジはさておき、この「ヒュッテ」は徳川義親(尾
張徳川家19代当主、侯爵)の邸宅を移築したもので、小生のようなイタズ
ラ坊主からすれば実に高貴、気品あふれる令嬢そのもの。

「アーッ、なんて素晴らしいんだろう、一度でも寝てみたい・・・ここ
は泊まれるんですか?」「いや、今は物置にしています」。

何と! まるで眠れる森の美女、小公女セーラを雨ざらしの物置にする
なんて。「このヒュッテ、キレイにしたら売れますよ、結婚式場にもなる
し・・・好き心のカップルなら一度だけでもこんな素敵なおとぎの国で愛
の交歓をしたいもんです」

まあ、そんなアドバイスをしたが、総支配人が派閥抗争で消えてしまっ
たので、話は終わってしまった。噂によると総支配人は若き堤義明の身代
わりでムショに入り、そのお情けで総支配人になったんだとか。

今、このリゾートではヒュッテを夏場にレストラン、ティールームとし
て使っているから、まあ小生の口先三寸的ソリューションは役立ったのか
もしれない。

世界中に新天地を求めた華僑は、国家を(吸血鬼、簒奪者と呪詛して)
まったく信じない代わりにカネと宗族(男系男子の血脈集団)を崇拝す
る。カネの力を知っているから、悪弊(彼らにとっては常識)を世界にば
らまく。日本の海外旅行業界でもそれに染まっている。

1)航空会社から旅行業者へ支払われる「キックバック」。契約書がない
リベートというか報奨金だ。まあ“人参”で、旅行業者は必死でニギリ(ノ
ルマ)を達成しようと励む。追いつめられると叩き売り、「タダでもい
い!とにかく乗ってくれ」。

旅行会社は次期の仕入れ枠が削られてしまうから必死で、航空会社も
ロードファクター(利用率)を高めるために「空気を運ぶよりまし」と黙
認する。

バッタ屋が二束三文で残席を買って、激安ツアー、激安チケットとして
売る。HISはこうして大手にのし上がった。

2)現地旅行会社(ランドオペレーターとかツアーオペレーターと言う)
による「ランドフィーゼロ」。地上費(ホテル代、観光バス代、美術館な
どの入場料、昼食代など)は要りません、タダでOK。

ウマイ話には裏があり、客を土産屋に送り込む。「1日5店回しは当たり
前、10店回しまでは許容範囲」。現地旅行会社はショッピングコミッショ
ンで地上費を賄い、利益も得るわけ。

もちろんお娼妓さんも紹介してコミッションを得る。まるでポン引き。

日本の旅行業者もキックバックを得られるからウィンウィン。昔は添乗
員に払われていたので、1年添乗して家が建たない奴はバカだ、と言われ
たものである。

それを元手に起業した人も多かったが、1975年あたりからコミッション
は直接、会社に入るようになったから、「金ぴかの歩く高級ブランド」だ
らけだった添乗員は一気に最底辺の仕事になってしまった。「好きじゃな
いととてもできないわ」と皆言う。

当時では年間300日働いても年収300万円、今でも人気のある添乗員
(ファンがつく)でもせいぜい500万円だろう。TV(テクニカルビジッ
ト、産業視察旅行)で特定分野の造詣が深く評判のいい40〜50歳の添乗員
でも700万円程度だと思う。

3)地獄の沙汰も金次第、多くの交渉事がワイロ、リベートに左右され
る。民間取引から政府などの認可が必要な案件(空港の発着枠など)も、
袖の下が潤滑油になる、無理も通る。「満員です」、これがワイロ次第で
「古くからの友達、優先させます、大丈夫!」。カネ、コネの世界。

まあ、そんな感じで華僑がいる国ではアングラマネーが動かないとビジ
ネスは上手くいかない。それで誰も損しない(本当は客や真面目な会社が
損しているのだが)、皆ハッピーなんだから波風を立てることもあるま
い、と多分世界中が華僑式ビジネスに汚染されてしまった。みんなお代官
様、越後屋さん。平次さんも「まあ、あんまり派手にやらねえでくれよ」
と見逃してくれる。

実際、いろいろな国への資金・物資援助が正しく使われてるかどうか、
誰にも分かってはいないのではないか。北朝鮮への援助のコメが、市場で
堂々と売られている。赤い羽根共同募金が最終的にどこへ行っているの
か、分からない。怪しいNGOはそれで食っているのではないか。

華僑なら「騙される奴が悪い」「カネがあれば難交渉でも上手くいく」
となるのだろうが、少なくとも日本人は「機械あれば機事あり、裏はとも
かくも、表はキレイにしておかないと」と思うだろう。

支那系の大企業で初の日本支社長(海軍主計局上がり)になった人はほ
とんど華僑みたいだった。人間関係=金銭関係で、「油断するとネコババ
される」と常に社員を疑っていた。女子社員がトイレに行くと「あなた、
いつも30分もトイレに行く、会社の金を盗んでいるようなものです」と詰
り、小生にまで「うちの部長とあなたは仲良しだから、本当にこの請求書
は正しいのですか」なんて疑ったりしていた。

給料はとても良かった。ところが数年たつと「あなたは有能だから取締
役になってくれませんか、ついては株主になってください」。給料が高い
分、株を買わざるを得ないようにして、大方の社員は「こんなワンマンの
銭ゲバの下でカネを絞られてはたまらない」と辞職する。

支社長は「人材は高給で釣れるし、辞めてもらってもどうということな
い」と屁の河童。

社員曰く「あいつは粗にして野だが卑でもある、とにかく卑、卑、卑。
頭のてっぺんから足のつま先まで卑!」と言って辞職した。(この方は
時々産経に記事を書いている。自宅で料理教室も開いたとメールが来た)

因みに支社長の奥様はマンションころがしの天才、息子は日銀マン。一
家を挙げて「銭ゲバ家族」!華僑より出でて華僑より欲深! 儲け話が来
ると「100万円くれたら話に乗りますよ」、詐欺師は尻尾巻いて逃げる。
まさに華僑もマッツァオ!タフ!

極くたまにアジアの暴動などでは華僑が狙われる。香港でも中共とウィ
ンウィンの華僑の大財閥は嫌われているらしい。あまりにえげつなく華僑
式ビジネスをやると叩かれるのではないか。

発狂亭“粗にして野だが貧でもある”雀庵の病棟日記から。

【措置入院 精神病棟の日々(143)2017/1/12】野口健「自分を追い詰
めず苦しいと認める」。

<多種多彩な活動を続ける上で重要なことは、自分の精神的キャパを把
握することだ。人間の精神力、集中力には限界があるから過剰に自身を追
い詰めてはいけない。苦しい時には苦しいと認めること。

一時の正義感や思い付きだけでは活動は続かない。人生も活動も短距離
走ではないのだから。何よりも大切なのは本人がその活動に夢やロマン、
新たな可能性を感じていること。どんな活動にもワクワクしたい。また活
動を「やりっぱなし」で終えるのではなく、形にまとめ、次につなげてい
くことも重要だ。

今年も一歩一歩、コツコツと焦らずに積み重ねていきたい>

哲学者というか、求道者とか、武蔵のような風格がある。彼は歴史に名
を刻むだろう。

「建設現場 進む自動化 高齢化で130万人離職(平成26年比で37年に
は)の見通し 鹿島、日本初のダンプカー導入」

<複数の重機を一人で操られるようにするが、リモコンによる遠隔操作
とは異なり、一度指示した作業を各重機が連携しながら自律的に繰り返す
点が大きな特徴。改造費は1台当たり500万円・・・>

単純肉体労働者はやがて粗大ゴミになるのか?「窓際が あった時代が
 懐かしい」(サラリーマン川柳)

・・・・

土方では 生きていけない 世となりぬ 汗水流す 現場は消える(修)

京急事故で高齢ドライバーは駆逐されるのだろうな(つづく)2019/9/8


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。