2019年09月12日

◆年金支給は完全終了へ

      今市太郎



史上空前の運用大失敗で2000万不足どころの騒ぎじゃない=

2019年8月25日 お金の悩み、ニュース

年金運用の2018年10−12月期における分散投資で、過去に例を見ない大失
敗をおかしたことが公表されました。もはや原資は残らない方向に向かっ
ているように思われます。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2019年8月22日号の抜
粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分
無料のお試し購読をどうぞ。


年金支給不足「2,000万円」は誤り。何も支給されないのが正解…

分散投資に大失敗

年金積立金管理運用独立行政法人(通称GPIF)の最高投資責任者・水野
CIOが、米国カリフォルニア州の職員退職年金基金(カルパース)の理事
会の席上で語った内容が物議を醸しています。

GPIFが2018年10−12月期におけるいわゆる分散投資において、すべての資
産市場において損失を出し、しかも為替差損の損失さえも被弾するとい
う、GPIF史上過去にも例を見ない大失敗をおかしたことを公表。市場は騒
然となっています。

ご本人はグローバル市場が非常に同期化された状況の下で、運用担当者は
あらゆる資産クラスで損失を出す危険があると語っていますが台風や地震
の自然災害ではなく自らがしでかした大失敗であり、こんな呑気なことを
口走ること自体呆れる始末です。
※参考:GPIF水野氏:全資産クラスで損失の危険−市場に警鐘 (訂正)
– Bloomberg

年金支給減に輪をかける原資枯渇の驚愕の投資術

過去3か月の相場を思い返していただければと思いますが、日米の株式市
場、債券市場を眺めてみても、たしかにそれなりの相場変動があったこと
は事実です。

しかし、資本市場を細かくわけて分散投資をして、それがすべからくマイ
ナスになるというほど厳しい相場状況ではなかったことは明白です。

よほど目利き感のない下手くそな投資を行っていたとしか思えない、凄ま
じく最低な投資行動が行われていたことがみえてきます。

この調子で投資を継続されたのでは、年金の支払い原資がものの見事に枯
渇するのは時間の問題です。


一切の投資活動を中止して原資を国民に返還したほうがいいのではない
か、とさえ思える状況になってきています。

Next: 年金支給不足2,000万円は誤り。何も支給されないのが正解…

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。