2019年09月25日

◆次のターゲットは親中派

宮崎 正弘


令和元年(2019)9月24日(火曜日)通算第6206号 

次のターゲットは親中派のショッピングモール、商店
  再度の空港占拠は厳重警備に阻まれて失敗。だが勢い衰えず

香港の「民主運動」の勢いはまだ衰えていない。

22日(日曜)は空港が再度、ターゲットとなった。厳重な警備をかいく
ぐって空港ロビィへ行くには、パスポートと搭乗券が必要。SNSは「偽
造航空券をつくって潜り込もう」と呼びかけた。数百が空港に座り込んだ
が破壊行為はなかった。誰が呼びかけているのか、司令塔はともかく
ツィッターなのである。
 
混乱を怖れた当局は空港から市内へのエアポートエクスプレス(快速列
車)を途中の青衣、九龍を通過させ、いきなり終着の香港駅へと運ぶ作戦
に切り替えた。

このため、九龍のホテルを予約した旅行客は、香港島から再び乗り換えて
半島側に戻らなければならなくなった。この日、英国の老舗旅行代理店
トーマス・クックが倒産、クック航空で外国滞在中の旅客は60万人とい
われ、世界各地に積み残されたが、そういう客も香港で出たかも知れない。

もっとも荒れたのが屯門の地下鉄駅付近で、警官隊と衝突の最中に若者が
警官のピストルをもぎ取ろうとしたため、警察が「実弾を撃つぞ」と警告
する場面もあった。民主派は複数のショッピングモールに集合し、合唱大
会、吹き抜けロビィの四階、もしくは五階から長い垂れ幕を垂らし「民主
香港」「光復香港」「時代革命」などのスローガンを並べた。そのうえで
五星紅旗を踏みつけ、焼却して中国共産党を怒らせる行為が継続した。

また「親中派の商店に抗議しよう」と唱えられたため、商店街は一斉に
シャッターを下ろし、防御態勢に。警官隊も、ビルの外にバリケートを築
き、破壊行為を始めた抗議側に催涙弾を打ち込んだ。

なにしろ神出鬼没、直前に「某所にあつまろう」とSNSで呼びかけられ
るので、警官の出動は遅れがちとなる。

午後からはベットタウンの沙田などで、衝突が繰り返された。
 
他方、移民を扱う法律事務所は超満員の盛況。6月の騒擾発生以来、移民
申請が増えていたが、9月の特徴は「これまでの3倍、それも豪、カナだ
ではなくマレーシア、タイ、シンガポールへの移民希望が急増している。
費用はすべて込みで6万」5000ドルが相場だが、スタッフを増やして
も対応できない」と移民法律事務所はいう(サウスチャイナモーニングポ
スト、9月23日)。

 香港に見切りをつけ、新天地求めて去る人が急増している事態も、大い
に留意しなければならないのではないか。
    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1960回】                 
 ――「浦口は非常に汚い中國人の街だ」――徳田(15)
  徳田球一『わが思い出 第一部』(東京書院 昭和23年)

              △

 徳田は「1925年末に第6回コミンテルン執行委員會總會(プレナム)に
出席するために」、当時労働組合評議会中央委員で神戸地方評議会議長の
「同志青柿善一郎」と共に上海入りした。

この年の春に起こった「上海の五・三〇事件をへき頭とする中國民族解放
運動の嵐は夏ごろから反動をよびおこした」。「市内は戒嚴令が布か
れ」、「勞働者のストライキはなお10月までつずいたが、その後はもはや
繼續する力を失つた」。

「帝國主義の手先に支配された上海にわれわれが着いたのが12月28日頃で
あつた」。この時、「上海の街は反動に支配されて以來活氣を失つてい
た」だけではなく、「外國にたいする勞働者連のふんげきはいちじるしい
ものであつた」。

かくて埠頭で働く労働者は「日本人にとても不親切で敵對的だつた」。人
力車に乗っても以前とは勝手が違う。「敵對的な感情でいつぱいなの」
だ。料金を払う段になつても高い料金を吹っ掛けてくる。

そこで小競り合いとなる。「こうした小ぜりあいは要するに帝國主義に
たいする勞働者の犯行のうつぷんであつて、決して憎むべきではない」
と、なんとも心優しい。だが、さすがに共産主義者である。この種のイザ
コザも含め、「日本帝國主義の侵略は當然のむくいとしてわれわれ日本人
が受けねばならなかつたところである」と、じつに物分かりがいい。

「中國の同志は、われわれが上海に着いたしらせを受けるとすぐ旅館につ
かいをよこし、こまごまと上海の樣子をおしえてくれた」。「勞働者や民
族ブルジョワジーの大部分の、ソヴエト同盟にたいする親愛の情はいよい
よ増して」はいるが、やはり「帝國主義勢力の監視がはげしくなつていた
から以前よりはるかに警戒心を強くしなければならい」。

それでもソヴエト同盟、中国、朝鮮の同志たちの「同志愛のおかげで旅行
の一切の準備は整つた」ので、大晦日の晩に、「ソヴエト同盟の船で上海
から直接ウラジオへ行くことになつた」という。
 
時は変わって「1936年6月のはじめに、モスクワからシベリアを通過して
再び上海に戻つてきた」。だが、1936年には獄中だったはずだから、1926
年の間違いだろう。

ここまで読み進んで改めて感じたのだが、徳田の文章は「自分に対する鈍
感力」に横溢している。時系列は無頓着に近く、ひらがなが多用されてい
るうえにテ二ヲハの誤用が散見され、まことにもって読解に手こずるばかり。

いわば非論理的で感情の赴くままに綴られている。これで弁護士だったと
は思えない。とはいえ、こうでないと1928(昭和3)年の治安維持法違反
で逮捕されてから1945(昭和20)年秋に府中刑務所でフランス人ジャーナ
リストのロベール・ギランに『発見』されるまで、18年近くを獄中で過ご
し非転向を貫いただけではなく、出獄するやマッカーサー連合軍を「解放
軍」だなどと大歓迎できるわけがない。やはりネジが1本か2本、ズレて
いたようにも思える。
出獄から2カ月した12月には共産党書記長に。翌年には延安から戻った野
坂参三と共に衆議院議員に。だが1947(昭和22年)には三・一ゼネストに
関与し、連合軍との蜜月関係を解消。1950(昭和30)年6月には公職追放
処分を受けたが出頭を拒否。10月に大阪から北京に亡命し北京機関を組織
し、武装闘争を指示。共産党内に激しい路線対立を巻き起こしている。
結局、1953(昭和28)年に脳細胞血管痙攣のために北京で客死。

こう振り返ると徳田は非転向か、破天荒か、さて無天候(ノー・テンキ)か。

「しまいには私に向つて『お前は何という臆病者だ』」と徳田を罵った佐
野文夫に対し、徳田は「前後の考えもなく物見高い一時的勇氣の出る人間
はどうも後がよくない、と痛感する」と冷笑を投げ掛ける。
 だが佐野に対する評価は、そのまま徳田に当てはまるようだ。
           
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声  どくしゃのこえ  READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)宮崎正弘独演会は9月26日です。新宿で。主催は東アジ
ア文化研究会」。

中国ウォッチャーの第一人者、宮崎正弘氏が「2019年後半の展望−令和の
時代の東アジア情勢」のテーマで語ります。
             記

とき   9月26日 午後6時半(6時開場)
ところ  西新宿  常園寺 祖師堂ホール(地下会議室)  
http://www.joenji.jp/sp/access/
東京都新宿区西新宿7-12-5 
テーマ 「2019年後半の展望−令和の時代の東アジア情勢」
講 師 宮崎正弘氏(作家・評論家)
参加費 2,000円
連 絡 東アジア歴史文化研究会(事務局長:花田 成一)
TEL:080-7012-1782   Eメール:e-asia@topaz.ocn.ne.jp

  ♪
(読者の声2)23日の共同通信記事で、「北朝鮮新型ミサイル、探知で
きず 低高度、変則軌道で。北朝鮮が7月25日に発射した「新型戦術誘導兵
器」(朝鮮中央通信=共同)

日本政府が複数回、発射後の軌道を探知できなかったことが22日、分かっ
た。韓国軍は探知に成功したとみられる。日韓の軍事情報包括保護協定
(GSOMIA=ジーソミア)破棄が日本の安全保障に影響を及ぼす懸念も広が
りそうだ」と締めくくっています。
韓国側は、ミサイルの軌道追尾に成功したのは、本当でしょうか? そし
て、このような記事が配信される目的は何なのでしょうか?
    (ZER生)


(宮崎正弘のコメント)このところ、香港問題に集中していたので、朝鮮
半島分析はまたの機会に。。。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。