2019年09月26日

◆90%が依然、民主派の抗議活動を支持

宮崎 正弘


令和元年(2019)9月26日(木曜日)通算第6208号 <前日発行>

香港の世論調査、90%が依然、民主派の抗議活動を支持
  大陸系「愛国」派の歌声大会と旗振り行動、気勢あがらず
 
香港政庁は騒擾を鎮めるため、「覆面禁止法案」を準備中だが、民主派の
ほうは10月1日「国慶節」を祝わない。黒衣日として、黒服で抗議集会
を開催する。黒マスクにヘルメット、黒のTシャツは民主活動家のシンボ
ルである。
 
香港の名門大学「中文大学」のキャンパス。階段を200段ほどあがると
小ぶりな広場があり「時代革命」の大看板があって、随時集会が行われて
いる。校舎のガラス窓には「罷課」(授業ボイコット)のポスターが貼ら
れている。

ここで武闘訓練が行われていることは存外知られていない。段ボールを幾
重にも重ねて粘着テープ。即席の「楯」。警官の武力に立ち向かうのはプ
ラスチックの棍棒。頑丈な手袋。激しい武闘練習には、なんと女子学生も
加わっているではないか。

香港の抗議行動がエスカレートして、警官隊と武力衝突を繰り返すように
なったのは、7月21日の元朗駅事件だった。マフィアが抗議集会帰りの学
生・市民を襲撃したが、警察は遅れて駆けつけ、さては共謀かと言われた。

以後、驚くことにマフィアへの復讐戦が実行される。

「上からの命令」で、仕方なく、所謂「愛国派」とかいう大陸系の香港人
は、ショッピングモールの吹き抜け広場で五星紅旗を翻し、歌声大会を始
めた。

たちまち市民に囲まれ、「権力の犬」「ナチの手先」と罵られ、レオンの壁
のメッセージを剥がす「クリーン大作戦」を開催するや、住民が出てきて罵
声を浴びせ、「帰れ、帰れ」コール。ついにはアリバイ証明的な集会を十分
だけ行って、さっとゲリラ的に解散する。逃げ出すように。

9月22日の行動では大陸系の商店の陳列ケースに「民主」のビラを貼
り、レストランへは集団で押しかけ、食事中の客も驚くなど、新手の示威
行動を始めた。

所謂「愛国派」の劣勢は香港の住民1万38000人を対象にした緊急世論調
査でも明らかとなった。じつに90%が民主派の抵抗、抗議活動を支持し
ているのである。(市民報道会議が8月25日発表)。

習近平には、軍隊を香港に投入して民主派を徹底弾圧する「勇気」はないだ
ろう。国慶節のあと、戒厳令を敷く決断も出来ず、ひたすら持久戦で、民
主派学生、一般市民の消耗を待つことになるのだろうか。
それとも孤立を怖れず、制裁を顧みず、共産党権力を守るために戦車を香
港へ投入するか?
    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
 「中国製造2025」に箝口令。5G新型スマホ、さっぱり売れず
     中国の景気浮揚策、ことごとく当てが外れて、先行きは暗い
*********************************

世界に先駈けて中国のスマホメーカー四社が、11機種の5G製品を発売
した。世界初というニュースが流れたが、以後、売れているという情報が
ない。

中国は5G特許に関して世界一を喧伝している。注意深く、その中味をみ
ると、特許は地上局に集中している。

しかも「出願で世界一」。だが「特許成立件数」ではないというポイント
に注視しておくべきだろう。

自動車販売が急激に落ち込んだ。しかも習近平が高らかに吹いた喇叭は
「EV自動車」であり、補助金をつけて強制販売した。その後の売れ行きは?

じつはEV優先策を無言のうちに引っ込めて「ハイブリッド」と併行して
の開発となっていた。
 
販売減梃子入れのため、制限してきたナンバープレートの発給制限緩和に
広州市が踏み切ると、杭州、天津、貴陽の各市と海南省が追随した。同時
に中古車取引にかけてきた税品を引き下げた。

それでも、鉄鋼生産を増やすという。鉄は国家なりという古典的経済の象
徴を、中国の威信にかけて守るのか?

世界景気が後退し、家電が売れ行き不振、新車販売が急減している状況
に、鉄鋼を「増産」するのはいかなる算段なのだろう。

在庫が増えればダンピング輸出、アジアの経済を掻き乱すが、中国は自分
さえ良ければ他国がどうなろうと構わないというエゴ丸出し。いずれダン
ピング提訴で、巨額の罰金が待っているが、目先の処方箋は増産、増産、
増産である。

中国政府は生産調整を目指し、減産を奨励したが、過去の強気の設備投資
により、生産能力は漲るほどある。生産能力が11億トン、実需はおそら
く6億トンだが、8億トン前後を生産している。

国有企業はそれぞれがお家の事情があり、国の政策を全面的に受け入れら
れないため、ひそかに増産するのだ。

この宿命的矛盾は、要するに全体主義システムの欠陥からきている。
 
中国は3月の全人代で、その年のGDP成長率を発表するから、国有企業
ならびに行政単位の市、県、村、鎮のトップはなんとしても、その数字
(ちなみに2019年は6%〜6・5%)を死守しようとし、或いはそれ以上
の数字をはじき出すために無理を重なる。

でたらめな計画の元に借金を増やし、なにがなんでも目標達成。あげくの
はてが、誰も乗らない地下鉄、クルマが通らない橋、高速代金が高くて敬
遠されるハイウェイや、事故が頻発するトンネル、テナントが入らない
ショッピングモール、そして狢と狸の住み家となった高層マンションが集
合してのゴーストタウンの乱立。

成長率が落ちて、ゴーストタウン化が進み、工場が閉鎖された。潜在的失
業は数百万人にのぼる。砂上の楼閣、蜃気楼の繁栄はやがて泡沫のように
消滅するだろう。のこるのは史上空前の借金である。

窮余の一策としての「一帯一路」は国内余剰在庫と余剰労働力の処理のた
めのプロジェクトだった。ところが、世界中から「借金の罠」と非難をあ
びて世界各地で頓挫、中断している。

こうした「実績」を基にして「輝かしい歴史」を歌いあげる国慶節が10月
1日に迫り、北京は健軍パレード準備に追われている。国慶節は滑稽節?
           
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声  どくしゃのこえ  READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌前号にある台湾総統選挙ですが、呂秀漣がたとえ出馬
しても、蔡英文優位は不変ではないでしょうか?
 それより定数113の立法員(国会)選挙で、どうやら国民党が第一党
に復帰しそうです。(UY生、広島県)


(宮崎正弘のコメント)まだ正式な選挙戦が始まっていませんので、なん
とも言えませんし、中国が四中全会を終えると、台湾に対して、如何なる
情報戦を展開するか。

現段階では、蔡英文優位状況という、あくまでも情勢論です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。