2019年09月27日

◆【変見自在】諭す宰相

高山 正之


朝日新聞はこと韓国となると目が潤んでくる。愛おしくて身悶えする。

 だから日本の雑誌如きが韓国に意見でもしようものならもう怒り狂って
「メディアが韓国への反感を煽る」と社説で騒ぎ立てる。

 先の戦争では「メディアが国策に沿い、英米敵視と支那朝鮮への蔑視を
植え付けた」と社説は続ける。

 鬼畜米英は知っているけれど後半は初耳だ。というか、もろ嘘だ。朝鮮
人は内鮮一体で同等の待遇にしてやり、徴兵免除、課税軽減の特典も与えた。

 米国が植民地フィリピン人を、英国がインド人を自国民の盾に使うよう
な非道はしなかった。

 支那では汪兆銘を支えて上海などでは終戦まで安寧の日々が続いた。民
は李香蘭の舞台に興じ、北京郊外の狼牙山の民は日本軍に共産ゲリラの略
奪から守ってもらった。

 社説はまた「半島から文明の伝播もあった」と書く。これも「文化は日
本から」が正しい。半島からは厄介だけが来た。その証拠に唐からきた辛
子は日本経由で朝鮮に入った。だから半島では「唐辛子を倭辛子という」
とモランボンの会長が言っていた。

 川の名前でも分かる。北の支那人は黄河、熱河のように「河」を使う。
日本が付き合った南の支那人は揚子江、黄浦江と「江」を使う。

 それが日本経由であっちに伝わり、彼らは洛東江と漢江とか書く。

 韓国を愛するのはいいが、論説主幹根本清樹はなぜこんな一片の真実も
ない社説を書かせたのか。

 この新聞社は外資系風に編集局長をゼネラルエディターと呼ぶ。新聞記
者だったらこんな名刺は恥ずかしくて出し難かろうに。

 そのGEも韓国への愛は論説に負けない。元ソウル特派員神谷毅に韓国
大統領特別補佐官の文正仁をインタビューさせたが、これもひどい。

 なんたら補佐官は驚くほど学がない。目下の日韓のいざこざ分析で「日
本も韓国も、相手を叩くと(政権の)人気が出る構造になっている」と語る。

 韓国は確かにその通りだ。あっちでは政権の求心力が落ちると反日政策
を打ち出すのが形だ。そうすると人気が盛り返す。

 日本人はあまり深刻に考えないが、あの国の民は骨の髄まで反日だとい
うことを知るべきだ。

 だから汚職で危なくなった李明博は竹島に登っただけですべて許された。

 金泳三が旧朝鮮総督府を爆破したら国民は大喜びした。韓国製なら風が
吹いても倒れるが日本の本格建築はなかなか崩れない。おかげで韓国民は
何週間も爆破作業を楽しんだ。

 対して日本は政権が韓国を叩いて人気を得たなどという事例は一つもな
い。甘すぎてもたかが韓国のことでは政局にもならない。

 例えば岸信介。李承晩が勝手に敷いた李ラインで4000人の日本人漁
船員が拿捕、あるいは殺害された。

 軍事手段を持たない岸は漁船員解放のため収監中の在日殺人犯や大村に
収監中の密航朝鮮人全員を釈放し在留も認める「抑留者相互釈放覚書」を
交わした。大甘だが、日本人はそれで彼らが真人間になればと思いやった。

1987年、大韓機爆破テロがあった。バーレンの日本大使館員が金賢姫の身
柄を確保したが、竹下登は慮泰愚に配慮して彼女を韓国に引き渡した。結
果、北朝鮮によるめぐみちゃんらの拉致被害の実態確認が大幅に遅れた。

 慮泰愚は嵩にかかって海部俊樹も脅し、在日の指紋押捺も廃止させ、入
国韓国人にもそれを適用させた。

 施行されてすぐ世田谷一家四人殺しが起きた。犯人の指紋は山とあるの
にまだ捕まっていない。

 宮澤喜一はサッカーW杯を韓国との共催にしてやった。小泉純一郎は韓
国にホワイト国待遇を与えた。

 他に経済援助もしてやった。そういう寛大さがあの国をまともにすると
歴代宰相は信じたが、みな見込み違いだった。

 韓国に理非を諭せる宰相が必要になった。

 今、やっとそうなってきたのかもしれない。 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。