2019年10月15日

◆香港の覆面武闘集団の正体は依然不明だが

                         宮崎 正弘


令和元年(2019)10月14日(月曜日)弐 通算第6234号  

香港の覆面武闘集団の正体は依然不明だが。。。
  戦闘方法が変わった。少数部隊が分散し、同時多発型に

毛沢東は「革命とは宴席で呑みながら政権構想を語るのではなく、インテ
リどもが理想郷を描くばかりのものでもなく、暴力である。革命政権は鉄
砲から生まれるのだ」と言った。政治の本質がゲバルトであることを毛沢
東は知っていた。

香港の反政府抗議集団の最大の合意は、「反送法撤回」「覆面禁止法反
対」だが、「香港独立」か「完全自治の達成」、もしくは「普通選挙法獲
得」かで各派の意見は明確に分かれる。もちろん大多数は穏健派で、暴力
の行使には反対だが、表だって武闘派を非難する声もあまり聞かれない。

火焔瓶を投げ、警官隊と衝突し、地下鉄を破壊する行動隊は、それなら何
が目的なのか?

参加者の答えはバラバラである。なかには「雨傘革命の失敗は、実力行使
をせずに平和的デモ行進だけで終わったからだ。今度は命を賭けた戦いで
あり、失敗すれば死をまつしかないのだ」と悲壮な決意を述べる若者もか
なりいる。

『マタイ伝』第五章第十説はいう。

「義のために迫害される人々は幸せである。天の国は、その人たちのため
のものである」(日本聖書協会訳)。

日本の分析では、武闘派の見方がおよそ三つに別れた。
 
第一はマニアックなオタク部隊という、珍妙な解釈である。破壊に喜びを
見出しているのが動機とするものだ。日頃、ネットに興じて、友人との付
き合いがなく、そのわりに想像力が豊かであり、彼らが夢想するのは破壊
への衝動である。

第二は習失脚を狙う江沢民派の逆襲が濃厚に絡むとする権力闘争分析で、
中国共産党の歴史を研究する人に多いし、たしかにその側面がある。

第三が警察暴力に反対するために、闘争か、死かという悲壮な決意に馳せ
参じたのだとする抗議側の立場に近い解釈である。

香港のメディアは「勇武隊」と呼ぶところもあれば、親中派メディアは
「暴徒」。

なかには「黒衣隊」と命名したところもある。ただし、黒衣隊は火焔瓶止
まりで、爆弾を行使するという次のレベルに行かないのは、軍人の協力が
ないと作り方も、使用方法もわからないからだと言われている。日本赤軍
やドイツの過激派がつかったような爆弾闘争、殺傷をともなう武力闘争に
なれば、中国人民解放軍が間違いなく介入するという計算がさきにあるよ
うだ。
 

 ▲彼「らが爆弾を使い始めると香港はレバノン化するだろう

同時にこれらの分析には迷惑顔の市民 とりわけ日本のビジネスマンが
「営業活動に悪影響、デモに反対」という立場が多きことも、客観的事実
として書いている。

以上の三派がときに共闘し、複合的に錯綜しながらも、戦術が集団別の単
独行動に変化して、各個撃破、同時多発のゲリラ活動を展開し、警察力を
分散させることによって抗議側の行動に自由度が高まるという計算に基づく。

これら三つの分析は、じつは全てが正しいのである。
 
それぞれがグループを形成し、別個に行動しているからだ。

まず親中派の店舗を狙うのは、香港の商店街の親中派店舗を地図に明記し
たアプリが出回っている。サイバー支援部隊があって、様々な情報を、各
派の独自の情報網にあげているからだ。

つぎに火焔瓶の作り方がSNSで出回っていて、破壊力が弱く、火焔力も
弱いものが即席でつくられている。投擲部隊は野球のピッチャーか、砲丸
投げの選手かと思われるような屈強な男性が、集団のなかから選ばれてい
るようである。

爆弾もSNSのレシピが出回っていて、作り方は簡単だろう。だが、香港
のレバノン化、すなわち近代的なビルも廃墟と化して、瓦礫の山をなるこ
とまで武闘派が夢想しているとはとても思えない。
問題は介入の口実に、中国軍が自作自演をやらかさない限りにおいてであ
るが。
    
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 1970回】            
 ――「臺灣の事、思ひ來れば、感慨無量・・・」――田川(7)
田川大吉郎『臺灣訪問の記』(白揚社 大正14年)

         △

田川の批判の矛先は官吏のみならず一般企業にも向く。台中に設立直後の
バナナ仲介業の青果会社を取り上げる。バナナの生産からから販売までの
一切を支配下に置き、生産者の自由は許さない、というのだ。

ここに「臺灣の政治がある、臺灣人に對する日本人の概念、日本人の權威
がある」というのだ。ところで社長以下日本人役員の俸給はベラボーに高
額で、「贅澤千萬の沙汰、こゝに臺灣人の批評があり、その不滿がありま
す」。そこで「それが公平でありませうか、適當でありませうか、正義で
ありませうか」と疑問を呈する。
 
かくして、この会社に関係する内地人は「臺灣人を、一切數字を知らな
い、愚人、皆くれ目の見えない盲目者と見なしての、計算、計畫でありま
す」。「そこに臺灣人の不滿と不平が、深刻に殘ります」と糾弾し、「こ
んな事では、臺灣の産業は開發されません、臺灣の政治も發達しますま
い、臺灣の前途は遼遠で、暗澹です」と結ぶ。

田川が指摘する内地人官民の振る舞いから判断して、日本統治は必ずしも
一視同仁・厳格公正・万事善政・共存共栄であったわけでもなさそうだ。
辛口の田川だが、「總督府の度量衡の統一」と「總督府の、いきの通つて
居る、公設質屋の事業」は大いに評価する。


前者は1989(明治31)年に総督に就任した児玉源太郎の抜擢で民政局長
(後に民政長官)に就き、「生物学の原則に則った台湾統治」を掲げた後
藤新平の強力なリーダーシップによって全島で進められた。度量衡を統一
することで産業から日常生活まで平準化され、「惡い政府である、役に立
たない政府である」ところの「從來の支那政府」が残した悪影響を一掃
し、台湾を近代化への道に誘ったわけだ。田川は「その誠を以て當られた
であらう」後藤の功績を大いに称える。

後者の公設質屋は明石元二郎の後任である第8代総督の田健治郎男爵
(1919=大正8年〜1923=大正12年)の進めた事業で、「要するに、壮大
でない、派手でない、目醒しくない」が、「心から敬意を拂ひます」とす
る。ところが利用客は「割合に、内地人が多い」とのことだから、内地人
の生活は存外に苦しかったということか。

当時、アヘンは台湾でも大きな政治問題であり社会問題だった。じつは台
湾総督府は初代総督の樺山資紀の時代の1896(明治29)年2月に政府以外
のアヘン輸入を禁止して以後、「漸禁主義を採り來つて居る」。だが専売
によって得られる総督府の収入と吸飲者が及ぼす社会的マイナス効果を勘
案すれば、やはり断固として「阿片斷禁」に踏み切るべきだ。そうしなけ
れば民心を得られないし、「政治の威信は保てません」。

ここで田川は改めて「臺灣人の不平の原因」を整理した。

「一、租税が重いのが、其の一因でせう」。じつは「内地に較べては、重
いとは申せませんが、舊臺灣に較べて重い、今日の支那に較べては、重い
といふ譯になりませう」。

「二、警察官が、傲慢で、苛奪で、人民は其の生に安んじないと申すので
す」。内地人警察官に加え、「その手先たる、臺灣の刑事達をも指して、
その奸曲を憎むのであります」。とはいえ「我が警察のお蔭で、土匪は止
み、偸盗は減じ、財産、生命の安全も、保障せられ、市面は靜穩に歸し、
商賣は榮へ、臺灣人は、多大の恩惠に浴している」。そこで嫌悪感は次第
に消えるだろう。だが、「その最も深刻なる、彼等の忘れ難い恨み、憤ふ
りはと言ふに、私は、彼等の見縊られ、侮辱され、差別的に待遇されてい
る事だらうと思ひます」。

 やはり「所謂戰勝者ぶりの倨傲にして、無禮な、昔で申す、斬棄て御免
的の、?着、身勝手な振舞は、我れ等内地人の間に、しばしば在つたのだ
と思ひます」となる。《QED》
           

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)「学徒出陣76周年戦没学徒追悼会」のご案内
今年も神宮外苑の「出陣学徒壮行の地」碑前において、追悼献花式を開催
いたしますのでご案内申し上げます。
ご参考までに本記念碑は現在建替え中の新国立競技場が完成する来年春に
はその構内に復元される予定です。
             記
日時 令和元年10月21日(月)正午より (約40分)
場所 秩父宮ラグビー場内「出陣学徒壮行の地」碑前
東京都港区北青山2−8−35((秩父宮ラグビー場正門よりお入りくだ
さい。)
銀座線「外苑前」徒歩5分。 銀座線・大江戸線「青山一丁目」徒歩10分
    JR「千駄ヶ谷」、「信濃町」徒歩15分
内容 黙祷、追悼挨拶、参列者全員による献花他
主催 早稲田大学出陣学徒の会、慶應義塾戦没者追悼会 他都内各大学
OB有志
連絡先 玉川博己(慶應義塾戦没者追悼会代表幹事)
   ?  090-1611-9839
  Eメール tamagawah@fuga.ocn.ne.jp

  ♪
(読者の声2)今晩です。10月14日(月) 午後11:45〜午前0:45(60分) 
NHKBS−プレミアム

三島由紀夫が割腹自殺。自衛隊に決起を促し、日本中を震撼させた事件の
真相とは?あの日、三島に切りつけられた自衛官、最後の演説を録音した
記者らが明かす!
 詳細1970年11月25日、ノーベル文学賞の候補にもなった作家・
三島由紀夫が「楯の会」のメンバーとともに東京市ヶ谷自衛隊駐屯地に乱
入。自衛隊に決起を呼びかけた末に割腹自殺を遂げた。世界的文豪に何が
起きたのか?三島に日本刀で切りつけられた自衛官、バルコニーでの最後
の演説を録音したラジオ局記者、当日、三島から檄文を託された週刊誌記
者、三島と対峙した元全共闘学生らが明かす、あの日・あの時代の壮絶な
記憶とは?
https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-10-14&ch=10&eid=12818&f=3444
   (ASA)
  ♪
(読者の声3)三島由紀夫研究会の10月の公開講座は朝鮮問題研究家の
松木國俊氏です。開催要領は下記の通りです。

日時  10月23日(水)18時半開会(18時開場)
会場  アルカディア市ヶ谷(私学会館)
    JR/地下鉄「市ヶ谷」下車2分
講師  松木國俊氏(まつき くにとし、評論家・朝鮮問題研究家)
演題  「反日韓国の行方」
<講師略歴> 昭和25年生。熊本県出身。慶應義塾大学法学部政治学科
卒。商社勤務(ソウル駐在含む)を経て現在は会社経営。評論家・朝鮮問
題研究家として論壇で活躍中。主な著書に『ほんとうは「日韓併合」が韓
国を救った』、『韓国よ「敵」を誤るな』(いずれもワック)など多数。
会費  2000円(会員は千円)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。