2019年10月18日

◆香港の製造業が、香港回帰へ

宮崎 正弘


令和元年(2019)10月18日(金曜日)通算第6240号  

 香港の製造業が、香港回帰へ
  もはや中国で製造し、米国へ再輸出するメリットはなくなった

香港から対米輸出の19%が通信関連、18%が宝飾品、そして17%が
電子部品である。香港と言えば安物の繊維製品だったが、これもミシン工
場のあらかたが中国の、それも奥地へ移転し、香港に輸送されて再輸出に
まわされる。対米輸出の12%である。

福建省は嘗て女工が集合したミシン工場が林立していた。いまや影も形も
なく、電機部品や機械の製造部品工場は広州周辺の仏山、東莞、厚街など
に集中していたが、このあたりも様変わり。香港に隣接の深センはハイテ
ク企業ばかりが目立つ。この深センからトラック輸送されて香港でコンテ
ナに積み込まれ、米国へ輸出される。

米国は香港に特恵関税の優遇措置を与えてきた。それが10月16日、米
議会下院を通過した「香港人権民主法」により、人権の改善がないと、優
遇扱いもなくなる。

ただでさえ米中貿易戦争で、高関税を課せられたため、香港企業は中国大
陸で製造するメリットがなくなった。

ついで人件費が高騰し、中国大陸より、ベトナム、カンボジア、ミャン
マー、そしてバングラデシュへ工場を移管した。くわえて香港企業が悩ま
されたのは知財を軽視し、あるいは知財を盗んで類似品をつくり、かれら
の競合者として市場をかき荒らすという、中国人のビジネスモラル欠如で
ある。

振り返れば、栄枯盛衰、生々流転、波瀾万丈。1970年代後半から香港
の製造業は、改革開放の波に真っ先にのって中国大陸へ本格的に進出し、
人件費の安さが大きく宣伝されて、台湾華僑が続いた。
もちろん日本の企業も慌てふためいた。

2004年に香港から深センに「逆通勤」する香港人が24万人いた。
2010年には17万5000人に減って、最近はもう少し減った。
香港の紅石勘駅から羅府への電車、いまでは3分から5分おきにある。早
朝から満員である。

1970年代後期、まだ中国が鎖国していた頃、国境の展望台から双眼鏡
で中国を見ることがあった。73年だったか、列車は旧式で一日に五本ほ
どしかなく、乗ると給仕がお茶をつぎにきた。

羅府の手前の駅で、タクシー運転手が乗り込んできた。展望台まで乗れ、
いくらにまけるからとセールスである。


 ▲深センはうら寂しい漁村だった

70年代の終わりだったか、80年代初頭だったか、香港から日帰りツ
アーで蛇口コースがあり、フェリーで渡って、深セン市内を見学し、幼稚
園もみたりして香港へ戻る。参加者はほぼ外国人だった。人口30000
人ほどの裏寂しい漁村だった。

次に外国人ツアーに紛れ込んで、日帰りの広州ツアーというのがあった。
広州は広州交易会で栄える国際都市で、広州ホテルのバアで呑んでいたら
バーテンダーの若い男が、「あんたは日本で何をしている。所属はどんな
単位か」と訊いてきた。

「自由で所属する単位はない」と答えると目を丸くしたものだった。「日
本では自分で職業を選べるのか?」って。

90年代には経済発展が顕著となり、東京で逐一ビザをとるより、香港へ
飛んで羅府へ行き、ここの中国旅行社で26000円也を支払うと数次ビ
ザが、いとも簡単に取得できた。

それも半年間有効だったから、半年に一度は香港経由、あとは北京や上海
や、東京から乗り入れている都市なら直接行けた。

もう一つの穴場は海南島で、アライバルビザが空港で発給され、一ヶ月以
内なら数次ビザという特典が例外的にあった。

こうした利便性に、中国も国際的になったもの、と感心したのも束の間、
2003年頃から日本人はビザ不要となった。それまでのビザ取得の苦労
は何だったのか。

 さて香港企業である。
 
メリットがなくなったと嘆く経営者は、いっそ香港へ戻ろうという考え方
に傾く。茶湾や九龍糖あたりはまだ工業地帯が残っていて、空地もあるか
らだ。

     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「虚言と捏造で固めた歴史」が中国共産党と人民解放軍の歴史だ
  凄まじい軍内の腐敗、輪をかけて凄まじい主導権争いという内ゲバ

  ♪
矢板明夫『中国人民解放軍 2050年の野望』(ワニブックス)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

きわめて要領よく、中国軍の全貌をまとめている。
 
「90分で分かる中国人民解放軍の歴史」という題名のほうが意外にすっ
きりしたかも。

軍の実権を握るのは党中央軍事委員会だが、すると「国防部」とは、何の
ためにあるのか?
 
国防部長」というのは中国軍のヒエラルキー上、どの程度の力があるのか?

こうした初歩的な疑問も、やさしく解き明かす一方で、毛沢東以来の人民
解放軍というおそるべき軍隊の成り立ちから構成上の秘密。その誕生の歴
史から、指導者の主導権争い、毛沢東の軍隊認識と、トウ小平の方針変更
との比較、江沢民・胡錦涛時代の軍が、如何に凄まじく汚職にまみれてい
たか。

ところが習近平は毛沢東を尊敬し、軍の再編をおこなって新しい独裁者の
道を選んだ。

目を覆うばかりの軍の腐敗、それに輪をかけて凄まじいのが軍指導者の主
導権争いという内ゲバだった。劉少奇、朱徳、林彪らはいかにして消され
たか。

他方で、「軍人烈士」「模範兵士」とされた雷峰などの『英雄』たちは
でっち上げの宣伝、兵士たちの洗脳に都合良く使われただけだった。

振り回され、くたくたに疲れているのに軍人は経済的に恵まれず、退職金
がちょろまかされ、また待遇に格段の差別があり、たまりたまった不満ガ
スが退役軍人の抗議行動となって暴発した。退役軍人は5700万。

また上層部がそこまで腐敗しているのなら、金儲けのためには軍事機密を
外国に売って巨万の富を手にしようとばかり、機密書類や軍機をせっせと
盗んで台湾やアメリカに売っていた軍人がいる。スパイの跋扈する軍に落
ちぶれてしまったのだ。

いったい、この軍隊が機能するのか、どうか。
 
1989年の天安門事件のおり、38軍のトップは弾圧出動命令に従わな
かった。北京へ動員された軍は、北京市民の激しい罵倒と妨害に遭遇し、
天安門広場へ進軍するに数日を要した。つまり中国軍は統率が取れていな
い前近代的な性格が濃厚であり、これを克服するために兵器装備の近代化
とAIへの集中に重点が移されたのだ。

本書は、その実態、とりわけ軍の汚職、賄賂、アルバイト、ちょろまか
し、目を覆いたくなるような腐敗の実態を具体例をあげて説明する。
 日本の自衛隊は弾丸一箇を持ち出すにも管理されている。中国軍は在庫
管理が出鱈目、武器や備品の横流し、手当のピンハネ、軍用地の払い下げ
における賄賂の巨額さ。

そもそも中国軍は人民の生活と安全を護る軍隊ではない。習近平皇帝と、
その一族を守る私兵なのである。

「中国共産党と人民解放軍の今日までの歩み」とは、すなわち「虚言と捏
造で固めた歴史」であると断言している。
ダイナミックな展開でまとめられ、軍の歴史を俯瞰できる貴重な一冊である。
           □
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 BOOKREVIEW
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
五十までが「第一の人生」なら、以後は「第二の人生だ」
喫煙しない博士が「タバコは健康によい」とのたまう大胆な逆説が山盛り
 

武田邦彦『50歳から元気になる行き方』(マガジンハウス)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

著者の武田邦彦氏は工学博士だという。御年76。専攻は原子力とか。
 テレビをみない評者(宮崎)は、迂闊にも、この先生が地球温暖化論議
は嘘だと言っている人と同一人物だと気がつくまでにちょっと時間がか
かった。武田博士はテレビで大活躍の由だから、当方が知らないのは自然
の流れかも。「テレビ評論家」というのは、情報も垂れ流しだし、教養に
深みのない人が多い。

「インテリはテレビに出ないほうが良い」と西部遭氏に言ったことがある
が、じっと見返された。

本書を読んで目から鱗が落ちる箇所、じつに5箇所。何回も膝を打ったの
だが、おそらく人生観と生き方が似ているからかなと考えた

まず「血圧は気にしなくて良い」ということ。個性にあったデータがあ
り、医者の言う標準は参考意見でしかない。市販の血圧計、売れなくなる
なぁ。

次に「タバコは肺ガンの原因ではない」。なにしろ嫌煙権が世界に広まっ
て愛煙家が肩身の狭い思いをしているご時世に、本人は喫煙しないのに、
科学的に考えての結論だから、妙に説得力がある。

「流行の健康食」は危険、日本人は和食をと説かれる理由も栄養学に話が
及び、分かりやすかった。

4つめは、「睡眠とは七時間横になっていれば良い」

5つめ。「世間に溢れる健康法」というのは「こうすれば死ぬ可能性がす
こし減りますよ」というだけのことで、「死ぬのが一年か一年半ぐらい先
にのびるかのびないか」のレベルだというのも、納得がいく説だった。
読後感は爽快、コンパクトに編集されているので、30分で読めた 
          
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
読者の声  どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(読者の声1)宮崎さんの著作『神武天皇以前』(育鵬社)を読みまし
た。特に縄文文明関連のことについては、戦前生まれの私が学校で習った
ことから全く変わっており、さらに新しい縄文の知識が、日本人のルーツ
からアイヌが北海道の先住民ではないなど、諸々のことに拡大し、実に新
鮮な知識を得ることができました。

ただ一か所「179ページのフランスのブルゴーニュ地方にあるカルナッ
クの列石群」とあるのは、「ブルターニュ」の間違いです。1977から
1979年頃、休日にブルターニュ地方に1〜2泊で家族旅行した際、見
ました。

ストーンヘンジは、1977年にイギリスを車でほぼ一周した際見まし
た。当時は、有名観光地も柵などはなく、見るのに行列したりすることは
ありませんでした。ルーブルとかベルサイユも行列などなく気軽に入れま
した。

なお、ブルターニュ人は他のフランス人から頑固だとか、多少偏見を持た
れていました。(関野通夫)


(宮崎正弘のコメント)福田恒存先生一家が英国滞在の折、やはりストー
ンヘンジを見に行かれ、息子の福田逸氏によれば、柵もなくよじ登れたと
言っていました。1972年に小生もはじめてルーブル美術館へ行くと、
ミロのヴィーナスに直接触(さわ)れました。バチカンもすぐに中へ入れ
ましたが、いまや早朝一番で並んでも一時間待ちです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。