2019年11月10日

◆雀庵の「続・台湾のゲリラと蜂起に苦戦」

“シーチン”修一 2.0


【Anne G. of Red Gables/48(2019/11/8】「レンタル家族」は小説の材料
になっている。筒井康隆、伊坂幸太郎が書いているから結構、人気の材料
なのだろう。派出婦は「レンタル奥さん」、派遣ワーカーは「レンタル
SE]とか、デリヘルなんて「レンタル恋人」だ。

生涯未婚率は高まり、少子化も進んでいる。当たり前ながら結婚は良い
面(楽しい)もあれば嫌な面(うんざり)もある。「良い面だけを楽しめ
るレンタル家族」のニーズは結構あるだろう。それをビジネスにするに
は、こんなやり方はどうだろう。

客が「奥さんと子供2人」1泊2日を必要としている。土曜の午後1時〜日
曜の午後6時で5万円。飲食費や遊興費などはすべて客が持つ。子供には
「お芝居ごっこ」と言っておけばいい。

奥さんちは母子家庭がいい。週末に出張すれば4週で20万円、申告不要。
「売春? 冗談じゃないわよ、恋人と会っていただけ、お小遣いをもらっ
ただけ」なのだから。生活保護などの支援金プラス「レンタル家族」業で
月に30万円ほどになるから、まあまあ安心して暮らせるのではないか。

この「疑似家庭」は1か月に1回くらいでいいのではないか。まあ「ペッ
トレンタル」だな。月に2回ほどで十分だろう。もしかして愛情というか
情愛が芽生えてきたら同棲したらいい。入籍はリスクが大き過ぎるから同
棲とか内縁関係とか事実婚とかで「別れる権利」を保持した方がいいだろ
う。相手だって同じだろう。転職の自由とか。

「レンタル家族」というのは「万引き家族」みたいに露骨すぎるから本
場のお・フランスを真似て"Famille de location"略称「ファミ・デ・ロ
カ」「ファミロカ」でどうか。「どう、ボクとファミロカしない? お試
し1週間コースとかさあ」なんてええんでないか。

仲良くしていれば子供もできて「結婚せずとも少子化止まる」、国策に
も寄与する。もてない男、苦しい母子家庭、寂しいヂヂババ・・・みんな
喜ぶぜよ、のう。やってみなはれ。

「レンタルヂイヂ」ってないかなあ、「奥さん、わしゃ下はダメですけ
んど舌は元気やさかい、使こうて下さらんかのう」

「嫌よ、タダでもいや、ダメ、絶対!」

沖縄では「ダメ、絶対!」の筆頭は「軍、基地、自衛隊」だとロバー
ト・D・エルドリッヂ(エルドリッヂ研究所代表、元在沖縄米海兵隊政務
外交部次長)が書いている(iRONNA 11/7「首里城火災、玉城デニーは
リーダーシップを果たせ」)。

「軍、基地」とはもちろん米軍で、自衛隊も大嫌いだ。「嫌よ、タダで
もいや、ダメ、絶対!」。沖縄県市町村は日米軍とは災害時の協力体制も
ほとんどできていない。正確には拒否しているのだろう、「平和の島に軍
隊はいらない」とか。中共に助けてもらうつもりか。

首里城を再建したところで、最悪の事態を想定した防火対策は取らない
だろう、すなわちトモダチ作戦も自衛隊の支援も「ダメ、絶対!」なのだ
から。造っては焼く、焼いては造る・・・資金は中共に出してもらったら
いい。子曰く「小人は養い難し」、つける薬はない。

沖縄の「売り」はアジアの安全保障の最前線ということだ。この地政学
的価値を活かせば経済は向上し、民生も安定する。今のような観光依存で
は限界がある。「観光は貧しい国の産業」というのが旅行業界の認識だ。
高学歴の子弟の就職先ではない。



戦後、日本はドルを稼ぐために「ゲイシャ、フジヤマ」で外国人旅行者を
誘致した。戦争の傷が癒えて反転攻勢へ自信がついた1964年に海外旅行自
由化、外貨持ち出しOKになるや、外国人旅行者誘致の熱意は細った。沖
縄は「脱・観光オンリー」への道を見つけなくてはならない。スイスのよ
うに兵器産業、防衛産業の最先端アイランドを目指すべきではないか。パ
イナップル、ゴーヤチャンプルでは頭脳は流出するばかりだ。

「ゆすりたかりも芸のうち」とは言え、反戦では食えん。自分の利点弱
点、優位性劣後性などをしっかり見て作戦を考え、着実に前進していくこ
とだ。三歩前進、二歩後退、匍匐でもいい、半歩でも一歩でも前進すること。

台湾清軍討伐の石光真清らの戦い、悪戦苦闘は続く。石光の手記「城下
の人」から。

<明治28/1895年6月22日、新竹城の守備についた。25日の午前1時、四戸
軍曹を枕頭山の下士哨(数名による警備探索)に派遣したところ、午前11
時頃、敵兵500名ばかりが下士哨を包囲してしまった。兵20名を率いて救
援に行き、やっとのことで合流して、敵に小銃を浴びせたが、敵兵は次第
に数を増して千名ほどになって、完全にわれわれを包囲してしまった。

ほとんどが青竜刀や槍を持った兵で、小銃は100挺ほどしかない模様で
あったが、50倍の敵に包囲されたのでは全滅である。次第に包囲を縮めて
50m程に接近してきたから、私は退却命令を出し、西門を目指して狂った
ように突進した。この時である。

「待ってくれ! 首を取られるっ!」

という絶叫が後ろに聞こえた。見ると兼氏二等兵が出遅れて窪みの中に
取り残されてしまったのである。

「馬鹿野郎! 貴様一人のために待てるかっ、首を取られたら自分で抱
えて来い!」

私がこう怒鳴って飛び出すと、兼氏二等兵も勇気が出たと見えて飛び出
し、合流した。

妙なもので、50倍の敵兵が真昼間の戦場で、わずか20名のわれわれの勢
いに気を呑まれて、呆然と見送ってしまったのである。お蔭で一人の負傷
者もなく帰還できた。戦争にはこのようなことが多いものである。

その翌日のこと、山本上等兵が西村二等兵を遠くへ連れ出して、なにか
話していた。西村が首を垂れて泣いており、山本が叱っているらしく、な
かなか終わりそうもない。西村といえば、初めて支那大陸に上陸して黄塵
万丈の中を難行軍した時、眼も鼻も口も黄塵にふさがれて行き倒れ、私の
貴重な水筒の水で命拾いした男である。

他の兵士たちも、この長談義の姿を遠くから眺めて、顔を見合わせて
笑っていた。私は不思議に思って、後ろにいた品川上等兵に、あれは何を
しておるんだ、と訊ねると、

「小隊長は本当にご存じないのですか」

「知らんね・・・」

「実は・・・申し上げにくいことなんですが、西村は分隊中一番の臆病
者で、初陣の瑞芳の戦いの時も逃げ出して大行李の所へまぎれこんでし
まって、監視兵の中に入っていたのです。戦いが済んでからのこのこ出て
きて隊に加わったのです。それからというものは、ずっと今日まで一度も
戦闘に加わりません。実にうまく抜け出してしまうんです。それで山本上
等兵が意見をしているのであります」

「ほう、それは少しも知らなかった。今日まで戦闘は十数回もあったの
に、よく抜け出せたものだな、機敏な奴だな・・・」

「本当に機敏な奴であります」

「昨日、下士哨で包囲された時は、どうしておったのか」

「救援に出発の命令が出たら、西村の奴、急に腹が痛いと言い出して、
梃子でも動かないのです。引きずってでも連れて行こうと思ったのです
が、中尉殿がさっさと先頭に立って行かれるので、仕方なく残してゆきま
した」

「・・・・・・」

「戦友の救援にさえ行かない奴ですからね、皆が怒って、最後の忠告を
して従わなかったら、中尉殿に報告して、軍法会議に回していただくこと
にしたのです」

「なるほど、判った。僕が直接訓戒するよ」>

濁流は堤の一番弱いところから崩れだす、一か所がやられたら、そこから
どんどん穴が広がる。スクラムで激突するとき、一人が倒れたら突破され
る、ビジネスのチームでも「できない坊主」どころか「足を引っ張る奴」
もいるとは夏彦翁の言である。企業では春の人事異動後に5月とか6月に小
さな異動があるが、何だかんだ言って休む奴、怠ける奴がいて、「課長、
あのバカ、どうにかしてください、士気に影響します!」となるのは珍し
くない。

怠け者の取締役営業部長が部下の創意による直訴で解任されたケースを
見たが、彼は創業時に4分の1の株主で、「解任するなら持ち株をライバル
社に売るぞ!」と威嚇、手切れ金は1億円だった。

まるでがん細胞みたいな奴はいる。放逐すると「イジメだ! 慰謝料寄
こせ」なんて叫びだす奴もいるだろう。岩波は半島人を解雇して「下郎の
逆恨み」でずいぶん悩まされたようだ。朝日などアカ新聞はほとんど乗っ
取られているのではないか。共同通信の同級生が労務担当になって「うち
は左巻きが多いから苦労するよ」とこぼしていたっけ。

発狂亭“俺は果たして前進しているのか、何となく「寄せては返す波の
音」か、「ときどき怒涛か高波か」、夏彦翁曰く「ヒトはついぞ己が見え
ない」・・・うーん、♪ウナッチャーウーナー”雀庵の病棟日記から。


【措置入院 精神病棟の日々(165)2017/1/20】産経正論、井上寿一「孤
立回避への外交力が試される」、曰く――


「英米の衝撃に共通するエスノセントリズム(自民族中心主義)は、対外
的には孤立主義に陥りがちであり、グローバリズムに対して保護貿易を主
張する。(これを促している)ポピュリズムの広がりは、アジア地域にも
及ぶ。対中関係は小康状態を維持する見通しに乏しい。盧溝橋事件の歴史
から、出来事を一定範囲に限る外交力が試されることを今日の日本は学ぶ
べきだ」

リベラル≒アカモドキは金太郎飴で、ほとんど同じことしか言わない、書
かない、書けない、書きたくないのだ。中共社会科学院の学者そっくり。
十人一色、百人一色。盧溝橋事件(1937/7/7)は中共の工作で、日本vs
蒋介石国民党の対立を煽ったという説を学習院大学学長の井上は知らない
ようだ。

蒋介石にとって最大の敵は中共であって、張学良に騙されて拘束、威嚇
された南京事件で国共合作、事実上、共匪に自軍を乗っ取られ、仕方なく
日本軍と戦わざるを得なかった。毛沢東曰く「日本が国民党を叩いてくれ
たおかげで建国できました」。


外交力は「血を流さない戦争」と西郷先生、毛沢東は言っている。日本の
外務省や政治家にその気概がある奴はいるのか。お花畑の理想論では治ま
らないのが世の常だ。


山を俯瞰する鳥の目、木々を詳細に見る虫の目、学者なら「最低二つの
目」を持たないと鳥目になってよー見えんで、のう(つづく)2019/11/8


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。