2019年11月14日

◆産経よいつまでこんな駄文を

奥山篤信
 
------------------------------------ 
筆者は正論のレベルの低さを常常叩いているが、本日の正論の質の悪さ
には驚愕する次第だ!

読む前から書いてあることが分かる典型的駄文なので皆様に下記筆者のコ
メントつきでお知らせする次第
ほんとに笑止千万 これじゃ産経も御しまい。

あのね論文を書くときはその斬新性と読者に目から鱗を感じさせるもので
なければならないの
ポチ保守に特有の同じことの繰り返し、大上段に構えるが内容の陳腐なこ
とったらない。
曽野綾子を見習え 石原慎太郎を見習え 西部邁を見習え 関岡英之を見
習え 思想は異なるが孫崎享を見習え

XX 筆者コメント

【正論】

杏林大学名誉教授・田久保忠衛 憲法と現実との「乖離」甚だしく

立場が右であるか左であるかなど問題ではない。日本の政治、経済、教
育、防衛
外交全般に言い知れぬ不安を感じない日本人はいるだろうか。胸騒ぎの原
因を政治家や
のせいにして憂さ晴らしをする時期は、もう過ぎてしまったと思う。戦後
日本が内外に問題を抱えて
動きできなくなっているとしか考えられない。60年余にわたり国家の心
棒である日本国憲法
耐用年数期限が来ていると痛切に感じるのである。
XX まあ同じことを繰り返してここ10数年 ご苦労様

 ≪誇れるアイデンティティーを≫

 ごく最近、米議会関係者多数と会ってきた友人が、「彼らが一様に最も
強く失笑と侮蔑を露
あら)わにしたのは、北朝鮮の金正恩でもイランの神権政治家に対してで
もなく
、『ハトヤマ』という名を口にするときであった。無定見・無責任・軽薄
を極めた『ハトヤマ』的政治から
日本が決別できねば、遠からず日本人全体が侮蔑と失笑の対象になるだろう
国家基本問題研究所「今週の直言」)と書いている。むべなるかなと思う。

XXその友人とはジャパンハンドラーの日本ポチ養成学校さんだろう?大体
自分が検証もしたいない
噂話を真実のように書くなかれ!

もちろん、鳩山由紀夫内閣から2代の内閣が続いているのだが、米側の嘲
笑は政治家個人と同時
日本という国に向けられている。カタカナ4文字の受け取り方は人によっ
てまちまちだろう。が

東日本大震災の際に日本人が発揮した個人的美徳に酔っていてはいけな
い。国際社会で日本人
胸を張れるアイデンティティーは何かを静かに考える時期が来ている。
XX おいおいカタカナってアメリカ人がどうしてカタカナで鳩山を表現で
きるの!馬脚を顕したこのいい加減さ!

戦後の一時期に吉田茂が考えた点だけを取り上げ、軽武装・経済大国の道
を「吉田ドクトリンなどともっともらしく形容し、国民の少なからぬ人々
がその神輿(みこし)を担いできたはずだ。
経済大国日本は今、どこに消えてしまったのか。経済の低迷は冷戦終焉
(しゅうえん)の直延々と続いている。ソ連崩壊後の「脅威」は日本経
済、とばかり狙いを定めていた米国のパンチは空振りに終わった。

すぐ隣に、「軽武装・経済大国」のなれの果てをせせら笑
派の政治家はこの現実に正直に答えなければいけない。

XX あなた小学校社会科の授業ですか!こんなこと言うまでもなく理解し
ている読者に失礼だ!

≪米中関係に左右される国運≫

 軍事大国と経済大国を兼ねるようになった中国に日本がどう対応するか
は、今世紀の大きな課題だろう
経済的にはますます相互依存性が強まる世界で、軍事力を背景に外交を推
し進める中国に、先だけで毅然(きぜん)としても効き目のあるはずがな
い。日本が頼りにしてきた米国は対中政策基本に関与政策を置いている。

それがうまく機能しない事態には保険政策でいこうというのが米国の考え
方だろう。保険政策の内容は軍事力と同盟、友好国関係の強化だ。

残念ながら、自立の努力を怠った日本にとり米中関係
動向が国運を左右する結果を招いてしまった。
XX ポチ保守仲間の誰かの議論に似ているね!

2005年に米側が「ステークホルダー」(利害共有者)になるよう呼びけ、
中国側は「平和的台頭」と応じたが今、両国の呼吸は合っていない。国連
など国際社会で中国は北朝鮮やイランなどの肩を持つ動きを示してきた。
シリアのアサド大統領の反体制派弾圧にも正面切って反対しない。

中国が海外に進出して影響力を増大させる動機を、資源獲得とか輸出市場
拡大のためと見るのは誤民主、法治、人権といった普遍的価値観を共有す
る国際秩序が、一党独裁体制と相反することに気行動だとの分析が生まれ
ている。憲法前文の「平和を愛する諸国民の公正と信義」を信頼していた
ら、日本はどうなるか護憲派の人々は答えてほしい。

XX ちょっとはアメリカの権謀術数に対しても批判の目をむけたらどうだ
い?シリアってほんと何が起こっているかわからないよ。
かってアメリカがボスニア紛争の際広告会社を使って反セルビア
の捏造宣伝をしたように。イランに対してだってそうだよ!
すべてアメリカが正しいの田久保さんよ!

誤りで>→これって全くの間違いではないの?シナの狙いは昔の帝国主義
 資源獲得の野望が根本なんじゃないの?

 ≪大震災の有事にも対応できず≫

日本国民は東日本大震災と原発事故の凄(すさ)まじさを経験した。国家
としてどう対応したか,先の大戦で敗北し、占領された状態の憲法が現在
まで続いているのだから、国家の緊急事態に直面しても指導者が最重要決
断を下し、それに従って組織が危機管理に一斉に動く体制はない。

国家緊急事態宣言を発する条項が憲法になくても、指導者は気にならない
のか現行災害対策基本法の災害緊急事態布告も、今回の災害には適用され
なかった。有事か平時かは、際的常識に従えば、有事に決まっているにも
かかわらず、一部私権の制限を政治家は本能的に恐れて深刻な惨事を招来
してしまった。

XX こんな話は田久保さんが言う前からだれでも分かってることでしょ?
ことさら正論に書く意味も無い!

日本の内外で、憲法と現実が乖離(かいり)しすぎて辻(つじ)と褄
(つま)が合わなくなっている
実を、日本人はお互いに認め合おうではないか。憲法の欺瞞(ぎまん)は
国家の溶融を招く。
あくまで報道ベースの話だが、沖縄県の財界、官界の有力者の中に、「沖
縄にとって中国は親戚で日本は友人。親戚関係をもっと深めたい」とか、
「次のステージは一国二制度だ」との発言も出ている
事実とすれば、国家は、遠心力が働いてとどまるところを知らず溶融する
のではないか、と疑懼(ぎく)する。

XX 認め合って何になるの?くだらない意味不明の言葉の遊び止めてほしい。

 独特の歴史、伝統、文化を続けてきた日本の戦後に幼児心理が作用し
ていたのだ、と後世の人々が一笑に付せるように、
憲法を反省するのは今を措(お)いてない。国家の正常化を
「日本の軍事大国化だ」などと心配する国が出てくるとすれば、これほど
の滑稽はない。(たくぼ ただえ)

XX ここ20年同じことばかり繰り返し幼児心理とは一体だれのことだ
い?胸に手をあててお考えあそばせ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。