2019年11月30日

◆雀庵の「台湾」、幼女“花蓮”を背に突撃

“シーチン”修一 2.0

【Anne G. of Red Gables/57(2019/11/29】60年安保騒動は小4の時で、こ
れに触発されて憲法を読んだ。本音と建前、表と裏でこの世は成り立って
いるのか、とショックを受け、欣求浄土、厭離穢土、厭世気分で小6の時
には真剣に自殺を考えた。ありゃあ、天下の悪法だな、有害図書。

憲法ショック以来、「人はなぜ生きるのか、如何に生きるべきか」を60年
間考えてきたが、この頃何となく分かってきた。

1)生物として:繁殖し、命のバトンを次代につなぐこと。これは本能だな。

2)人間として:天職を得て、知恵、技、創意工夫で半歩でも一歩でも前
進し、次代を育て、技、思考のタスキをつなぐこと。これは意識と努力が
必要だ。

この(2)は人類にとってプラス面とマイナス面がある。便利になる、生
産性向上になるのは良いが、牽引する人は賢くなるかもしれない半面、
「専門バカ」になりやすい。脳みその容量は限られているからオールマイ
ティの賢者(統率者、哲人など)にはまずなれないのではないか。

また、利便を享受する側は、雑巾一つ縫えない、炊事洗濯まるでダメとい
う「只のバカ」に退化しやすい。

専門バカが1割、只のバカが9割、2つの集団の差異はどんどん大きくなる
が、これが人類の発展と呼べるのかどうか・・・

キリスト教の一派「アーミッシュ」の生き方はとても興味深い。WIKIから。

<アーミッシュ(含むメノナイト)は移民当時の生活様式を守るため、電
気を使用せず、現代の一般的な通信機器(電話など)も家庭内にはない。
原則として現代の技術による機器を生活に導入することを拒み、近代以前
と同様の生活様式を基本に農耕や牧畜を行い、自給自足の生活を営んでいる。

自分たちの信仰生活に反すると判断した新しい技術・製品・考え方は拒否
するのである。

アーミッシュの日常生活では近代以前の伝統的な技術しか使わない。その
ため、自動車は運転しない。商用電源は使用せず、わずかに、風車、水車
によって蓄電池に充電した電気を利用する程度である。

移動手段は馬車によっているものの、ウィンカーをつけることが法規上義
務付けられているため、充電した蓄電池を利用しているとされる。しか
し、メノナイトは自動車運転免許を持つことが許されており、家電製品も
使用している。

アーミッシュは現代文明を完全に否定しているわけではなく、自らのアイ
デンティティを喪失しないかどうか慎重に検討したうえで必要なものだけ
を導入しているのである>

近代、産業革命以前というと、日本では江戸時代だ。「電車、自動車、先
端医療だけは享受したい、それ以外はNO!」というのは、あまりにもご都
合主義だから、とても「清貧」とは言えない。夏彦翁曰く「ならぬ昔には
戻れない」、東海道を徒歩で行くなんてできやしない。

人類の叡智は発展しているように見えても、プラスマイナスゼロなのかも
しれない。生き方なんて何千年も前から哲学者が研究し尽くしており、
「欲少なく足るを知る、足るを知りて分に安んずる」(老子、釈迦)とい
う小生の座右の銘はすっかり身に着いた。

この言葉を教えてくれた宗教学者は自宅の金庫に3000万円を隠していたそ
うだが、領収書なしで貰った講演料などを申告せずに課税を逃れていたわ
けだ。理想と現実は違うことが多い。小生だってその学者の立場になった
らそうしていたかもしれない。

ま、面白おかしく、のんびり生きていくことに満足できない人は棺桶に入
るまで「如何に生きるか」を考え続けるのだろう。小生は「結局、分から
なかったが、考えることに意義があるんだから、ま、いいか」と思うの
じゃないか。

信長は「さすが光秀、如何ともし難し」、家康は「やはり腹八分目は正論
だったな、天ぷらが旨すぎた」と苦笑したろう、晋作は「ああ面白かっ
た、おうのを頼んだぜ」と言って大往生したろう。

子をなさなかった愛妾おうのは晋作の息子を養子とし、明治41年、66歳で
天寿を全う、天国では晋作に膝枕をさせ三味線で、

♪男なら 三千世界の鳥を殺し 主と朝寝がしてみたい 酔えば美人の膝枕
醒めりゃ天下を手で握り 咲かす長州桜花 高杉晋作は男の男よ 傑いじゃ
ないかな

と歌っていることだろう。おうのと年下の正妻の雅(まさ)は姉妹のごと
く仲が良かったようで、一緒に晋ちゃんの墓に眠っている。男はそうあり
たいね。

令和の晋ちゃんは北京に媚びてどうするのかね。呆けたか?

さてさて台湾清軍残兵討伐の石光真清らの戦い。周花蓮は出陣の石光の足
に縋りつく。幼くして既に女だ。恐るべし。石光の手記「城下の人」から。

<水堀頭に駐屯してから五日目の朝、遠くに激しい小銃の音を聞いた。間
もなく下士哨から伝令がきた。敵兵約百名が襲来、下士哨は村はずれに散
開して戦闘中である。敵の小銃は約三十挺と推定さる・・・とのことで
あった。

私は一分隊を率いて救援することにした。すると周花蓮がちょこちょこ歩
きながら私の後を追ってきて、足に縋りついて離れない。残留組の志田軍
曹が苦笑しながら抱き上げると泣き出した。これを見た井手口一等兵は、

「おう、よしよし、三全世界に頼る者は中尉殿一人ですわい。わしが連れ
てゆく・・・」

と言って、周花蓮を背嚢代わりに背負った。志田軍曹は井手口の背中に子
供をくくりつけながら父親のようなことを言った。

「井手口、銃先に気をつけろよ・・・竹藪を潜りぬける時はな、いいか、
顔をはじかれるからな・・・注意しろよ」

私たちは待ちかねたように銃声の激しい村落を目指して駆けつけた。

嘉義城守備の残兵らしく、装備も悪く、予備もないようっだったから、私
は右翼に回って一分隊を指揮して突撃した。周花蓮を背負った井手口も銃
を構えて突撃した。間もなく敵は三十ほどの死体を遺棄して逃走した。

母の背にあったころから、不幸にも戦塵にまみれたこの子は、この品育段
戦にも、泣き出しもしないで背負われていた>


♪腰の大刀にしがみつき 連れていきゃんせ何処までも 連れて行くのは
やすけれど 女は乗せない戦車隊

なんていう歌は戦前はよく歌われていたようだ。「戦車隊」のところは
「いくさ船」とか「砲兵隊」とか代えていた。間もなく前線に配備され
る、今夜が最後の酒宴になるかもしれない、同郷の馴染みの芸者とも永遠
の別れか・・・元気よく歌っても悲哀がうかがえる。

戦争文化とか戦時の花、悲喜劇、喜怒哀楽といったものが、「平時」が長
く続くと消えていく。いいことなのかどうか・・・苛められると反撃もせ
ずに自殺とか・・・なんかなあという感じはするな。

発狂亭“爽やかな秋晴れに誘われて、縄文遺構の森林公園を満喫、紅葉が
始まり、富士山がよく見えた、まるで天国”雀庵の病棟日記から。

【措置入院 精神病棟の日々(174)2017/1/22】産経、島田耕「(トラン
プに)何を言われても、最善の策は無視することかもしれません。クール
に無視を決め込んでもらいたいものです」。

苛められたらシカトすればいい、殴られたら黙って耐えろ・・・って、こ
いつ、産経の編集長だって! 自分に不都合なニュースは朝日、毎日、東
京のように無視するつもりだ。トランプショックで発狂したか!

リベラル≒アカモドキの右往左往は見ものだな。(つづく)2019/11/29
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。