2020年02月10日

◆中国の体質「情報の隠蔽、操作」

宮崎 正弘

 
令和弐年(2020)2月9日(日曜日)通巻6362号 

中国の体質「情報の隠蔽、操作」が悲劇を倍加させた
次は中国版グラスノスチに進むのか? もっと後退するのか(その2)

香港航空が400人のスタッフを解雇した。

残りの社員に関しても、「2月17日から6月いっぱい自宅待機。そのうえ、この間の給与は与えられない」とビックリ、事実上全員の解雇宣言である。

香港航空、じつは悪名高き「海航集団」のフライト部門、海航集団そのものが、経営不振に陥って国有化され、業務は全面的に停止している。王岐山が深い関与をなしてきた面妖な企業だけに、倒産は免れたものの、形骸だけが晒されていた。

香港のフラッグキャリアは「キャセイ・パシフィック」(国泰航空)である。

中国へのフライトの90%が停まり、香港経由しての日本、シンガポール、米国、欧州へのフライトも30%の減便をしている。

この「キャセイ・パシフィック」は、2万7千名の従業員に2週間から3週間の「無給休暇」を義務づけた。

 JALとANAは中国との乗り入れ便を六割減とした。
しかしまだ北京、上海便は就航している。諸外国は全便の乗り入れを禁止しているから、日本の措置は危機対応型とは言いにくいのではないか。

上海では学校が2月いっぱい閉鎖となり、地下鉄は誰も乗っていない。駅も盛り場も人がいない。まるでゴーストタウンである。

南京ではついに在留邦人の死亡が確認された。こんな状況下、日本企業の多くが17日からの操業再開を予定しているという。
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜あの反日病理の元凶は人格障害から起きているのではないか
  なぜ韓国人が日本人よりすぐれているという錯覚に陥っているのか?

  ♪
室谷克実『反日種族の常識』(飛鳥新社)
@@@@@@@@@@@@@@@@

語られすぎた観もあるが、韓国人の深い病理は、なにがなんでも日本を貶めるという、世界でも珍しい奇病を発生させる。

「スポーツ競技でもフェアプレー精神はない。どんな汚い手を使っても勝てばよい」というのが韓国人だ。

ところが真実を指摘し続ける室谷克実氏を日本の左翼メディアが「反韓ヘイトライター」を名づけているそうな。事実を書くとなぜ「反韓」となり、ヘイトとなるのか、よく分からない。いや、韓国が言っているように「嘘をかけ」と強要しているのかも、知れない。

日本の左翼メディアのメンタリティは病的、偏執的であり、事実を正面からはみないという特質を持つ。だからか、嘘ばかりの韓流ドラマがまだ廃れない。

韓国人がすぐにカッとなる特徴を一時は「火病」と呼んだ。

ネット上ではいまも火病だが、近年の病名は「憤怒調節障害」という。なにしろ怒り出すと、自己調整機能がないため墓を暴き、クソをかける。人糞を人に投げつける。不衛生極まりない人々が、とてつもなく汚染された食品を売りつける。障害児を里親制度を悪用して外国に輸出するというえげつない『赤ちゃん輸出大国』の側面を持つ。

つまり人格障害である。

諸外国と比べて、この精神衛生上の問題点が指摘されており、韓国の大学で専門家がチームを組んで研究した。

その結果に拠れば、「1種類以上の人格障害があると疑われた人が71・2%に達した(中略)。自分にこだわりすぎて対人関係が円満でない『強迫性』(49・4%)、合理的な問題解決や人との関わり方を避ける『回避性』(34・7%)、わがままで些細なことも必要以上に反応し気まぐれな『ヒステリー性』(25・6%)、絶えず他人を疑う『偏執性』(22・6%)の順で多かった」という(79p)

自己正当化、自己をなぜか優秀な民族と錯覚する性癖があり、しかも見栄っ張りである。大型の液晶テレビが流行と聞けば、中身はがらんどうでも応接間に飾り立てる。箱だけの文学全集が飾られているのもインテリアの一種でしかなく、この延長にあるのが国防の装備である。

最新鋭の上陸強襲艦やら潜水艦をやたら揃えても練度が伴わず死亡事故が頻発するのは中国軍と同じだが、部品まで外国製だから修理に1年以上かかる。艦船は員数があっても、実際には機能しない。

しかも軍艦には「安重根」「伊奉吉」とテロリストの名前を冠する。米軍の艦船は歴代大統領か、戦争の英雄である。まさか「オズワルド」とリンカーン暗殺犯人「ジョン・ブース」とかの名前を冠しないだろう。

日本は景色の名称を宛てるが、いずれ「ヤマトタケル」「ワカタケル」「ミヤモトムサシ」とかにしたらどうかと思うが、この議論は措く。

そのうえ驚くべきは、韓国軍兵士の2割が『リスク』を抱えているため、国防を十全に果たす能力に欠いているという実態がある。

米軍はもはや韓国軍の質を信頼していない。しかも韓国軍の仮想敵は北朝鮮ではなく明らかに日本である。

この国を真面目に扱うのは徒労というより、もはや愚行と言って良いだろう。
              

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜読者の声  どくしゃのこえ   READERS‘  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)香港の独立派リーダーである陳浩天(元・香港民族党
召集人)が、2020年ノーベル平和賞の候補者として、正式にノミネートされました。ノルウェー・ノーベル委員会から、受理の通知を受け取りました。

受賞者の発表はご存知のように毎年10月です。その直前の今年9月には、香港立法会選挙が予定されています。いまは新型コロナウイルスの影響でデモも静かになっていますが、その頃には再び民主化を求める声が高まりを見せてくることも予想されます。

香港に関しては、「香港の民主化を求める運動」という名前でのノミネートが他にありますが、個人としてのノミネートは今年は陳浩天のみのようです。(HI生)

   ♪
(読者の声2)貴誌にあったコメント「アイオワ州予備選。ブティジェッジが一位とは、何かタチの悪い冗談?」民主党がここまでしらけきっていたとは?

民主党なにやってんだか・・・ですよね! ペロシがトランプ大統領閣下の演説原稿を動画で撮影されているなかで、堂々と破り捨てる!ばかじゃねえの!とおもいました。

ほんと、民主党って、米国でも日本でもだめですね。

また日本をすくった英雄:和気清麻呂が左遷された九州に、なんと道鏡が暗殺集団を派遣し、それを猪が救っていたという話があるんだ・・。初めてしりました。ああ、歳をとっても、宮崎先生のこういうお話にふれるたび、長生きもわるくねえ!とおもっております。(SY生)      
         
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。