2020年03月30日

◆トランプ大統領、台北法に署名

宮崎 正弘

 
令和二年(2020)3月28日(土曜日)通巻6421号 <前日発行>

(速報)
 トランプ大統領、台北法に署名
   強い台湾保護姿勢、軍事恐喝を繰り返す北京への牽制

 3月27日、トランプ大統領は[TAIPEI法]に署名し、同法は正式に成立した。
いわゆる「台北法」とは略称であって、TAIWAN ALLIES INTERNATIONAL PROTECTION ENHANCEMENT INITIATIVE(TAIPEI)。つまり「国際的台湾保護ならびに強化法」である。邦訳は確定していないが、共同通信は「台湾同盟国際保護強化イニシアチブ法」としている。

すでに昨秋に同法案は上院で可決され、下院でも3月4日に満場一致で可決して上院に再送されていた。台湾の孤立化を防ぎ、中国の横暴に対応するための國際連帯を呼びかけ、WHOへの台湾加盟などを促進する。

下院を通過した際、ペロシ下院議長は「台湾は国連を含むあらゆる国際的な機関に於いて物事を決定するテーブルに座るべき資格を有している」と述べた。

とくに成立が急がれたのは武漢ウィルスが猛威をふるっていても、WHOに台湾がオブザーバーでも参加できない状況が露呈し、米国ばかりか日本もカナダも台湾のWHOオブザーバー加盟を支持する一幕があった。

11月には「香港民主人権法」が成立し、その後の香港法と同様な内容の「ウィグル民主人権法」並びに「チベット民主人権法」が議会を通過しており、トランプ大統領の署名を待つばかりとなっている。

このタイミングを選んでの成立、すなわちトランプ政権の意図は、米台関係を強化し、台湾が主権国家を参加資格としない国際組織に加盟させ、適切な国際的組織においてもオブザーバーの資格をえるために米国が支援すること等を主柱にしている。

同時に台湾と関係強化に動いている国々との経済、安全保障、外交の関与強化、他方で台湾の安全保障や繁栄を阻害する行動を取る国に対しては従来の接触の中味を改めるなどと、明らかに中国に対する強い牽制である。

実際には法律がなくとも、エルサルバドルなど、台湾と断交した中米の国から米国は大使を一時召還したりしている。

法案はコロラド州選出共和党のコリー・ガードナー上院議員とデラウエア州選出民主党のクリス・クーンス上院議員ら超党派で推進された。下院で全会一致というのも、注目しておくポイントだろう。


▼北京政府は、弱々しく反論をしてはみたが。。。

北京政府はただちに「中国は一つという原則を踏みにじった」と非難したが、いつもの元気もなく、機械的な声明をだしてお茶を濁した程度に終わった。

すでに米国は「台湾旅行法」を成立させており、台湾への武器供与を再開強化し、蔡英文政権を間接に支援してきた。

また頼清徳・次期副総統の訪米ではペンス副大統領、ポンペオ国務長官が面会するなど異例の厚遇を示し、台湾擁護の強い史跡を内外に示してきた。
 
米国がオバマ前政権と180度転換し、ここまで踏み込んだ政治的配慮の意思表示は、中国の台湾に対する恐喝的言辞や軍事的威嚇の数々、あからさまな国際機関からの排除を容認できないとしているからである。

さて、日本はどうするのか? 

安倍政権は同じ法律をつくる覚悟があるのか?
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READER
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪ 
(読者の声1)SRDその2。
 民間企業が傾くと倒産するが、政府機関が失敗すると、予算・人材が不足であったという屁理屈で却って大きくなる。

最も大きな政府機関は、どこの国でも中央銀行、日銀、FRB,
ECBなどであり、武漢菌世界大恐慌のお陰で、その限界が試されている。中央銀行の破綻とは国の通貨の崩壊を意味する。昨日、金融評論家のジム・リカード氏が新「世界通貨」の登場が近く、ドルの基軸通貨の役割が終わると予言されている。

確かに、1914、1939、そして1971年と劇的な、しかも突然の「再編成」が30-40年ごとにあり、現在50年間のドルの支配下は不当に長すぎる。

SRDとは、世界の中央銀行を「監督、指導、援助などをして、秩序を保つ、」国際通貨基金(IMF)という国連の機関が発行する「世界通貨」であり、これがドルに代わり、世界の基軸通貨となる。

つまりドルの特権がなくなり、円やポンドと同様の普通のありふれた地位に落とされるので、特権を失ったドルの相対的価値がかなり落ちると予想される。

この巨大なドサクサに紛れて、IMFという得体の知れない、責任も取らない、変な政府機関が、既存の金融市場を無理矢理に維持していくのか、それとも、かつて世界がメートルを標準の長さと認めて、尺やインチ、を廃止した方向に向かうのか、興味深い。
ちなみに、メートルの原器は90%白金製であるそうだが、世界通貨が100%金となるべきだと思ふ。
https://dailyreckoning.com/get-ready-for-world-money/
 (KM生)


(宮崎正弘のコメント)銀座と新宿の田中貴金属、早朝から列ができています。平均で2時間待ちです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。