2020年04月28日

◆雀庵の「最後の皇帝“習+四人組”は?」

“シーチン”修一 2.0


【Anne G. of Red
Gables/106(2020/4/26】ここ半世紀における「現代史の女傑/政治家編」と言えば、結構多くの人が「鉄の女、サッチャー」を挙げるだろう。


米国はレーガン、日本は中曽根、ソ連はゴルバチョフ、中共はトウ小平・・・ポスト冷戦時代への役者が揃ったような感じだった。サッチャーはフォークランド紛争で、WW2後に短期間ではあったものの「世界で一番豊かな国だった」アルゼンチンを撃沈し、再起不能にした。

「キリギリスめ、死ぬまでタンゴを踊ってろ!」みたい。老いてもさすが大英帝国、と世界は英国とサッチャーに敬意を表したものである。彼女はインテリ風で気品のあるなかなかの美人である。

世界史の表の舞台はそういう感じだったが、ロンドンの地球の裏側、支那の1960〜70年代、文革発狂中の北京では、毛沢東と夫人の江青が血染めの「中共裏面史」をせっせと編んでいた。「毛沢東の夫人履歴考」から引用する。


<毛沢東の3番目の妻となる江青(インテリ風で美人の人気女優)は2度の離婚後に上海へ行き1936年、評論家兼劇作家の唐納と結婚。唐納の自殺事件などのスキャンダルのあと、1937年8月下旬(蒋介石に追われた毛沢東の逃亡先)延安に入った。


1938年11月、毛沢東と結婚したが、このとき江青24歳、毛沢東45歳であった。


彼女は(雑誌の表紙を飾るほどの)美人で、肌が白く、両眼は生き生きしていた。化粧がうまく、大都市の香りのする瀟洒な雰囲気をもっていた。体つきはすんなりし、夏はレーニン服、冬は綿入れの軍服を着たが、ウェストラインはいつもはっきりしていた。


上海から延安に突如あらわれた美人女優に(女っ気のない洞窟暮らしの)毛沢東がフラフラとなったのも無理からぬところかもしれない。(同志諸君、男は哀しい動物だよなあ)

(建国後に)毛沢東が大衆から離れ皇帝化するとともに、江青は悪妻度を強めた。けれども結婚当時の毛沢東は、彼女が政治に口をはさむことを許さなかった。江青はもっぱら毛沢東の生活の世話をする役目であった。


江青は第一子を身ごもったあと、毛沢東が特に優しい態度をとらなかったことに傷ついた。毛沢東にとって女性が妊娠するのは当り前のこと。現に前婦との10年間に、子供を6人つくっている。

こうした毛沢東の無関心に、江青はヒステリーをおこして湯呑みを投げつけたこともある。毛沢東は詫びたが、話はこれで終わらなかった。(カマキリはオスを平然と食べる! 身につまされるぜ、男はつらいよ!)


毛沢東と江青がいつ別居したかについて明記した資料はないが(大躍進で大失敗、劉少奇、トウ小平など実務派/実権派から実権を奪われ、再起を画策していた)1962年ごろである。毛沢東は初老であり、江青も更年期のためヒステリー症状が激しくなり、(失意のどん底にあった)1959年には毛沢東は明らかに江青を避けるようになり、ついに別居するに至った。

江青はこうして毛沢東の生活秘書としての仕事が少なくなり、退屈してきた。それを見かねたのは気配り周恩来で、江青は中共中央の任命する5人の毛沢東付き機要秘書の仲間入りし、毛沢東の公務を手伝う機会を得た。

毛沢東が1966年5月に「文化大革命」を発動するや、江青はその政治舞台の先頭に立った。彼女は文革期に権力をふるうが、それは毛沢東が彼女にその任務を与えたことによる。

やがて林彪らが追放され、文革派は四人組(江青、王洪文、張春橋、姚文元)が残ることになった。毛沢東が継続革命や文革精神の継承にこだわる以上、江青を処分できない。まして彼女は表向きは依然として主席夫人である。

毛沢東はかつての同志たちを信頼できなくなり、江青に文化大革命の旗振り役を期待した。しかし、彼女は政治にはズブの素人であるから、むろん毛沢東の期待にこたえられない。毛沢東の耳には江青に対する悪口がしばしば聞こえてくる。

毛沢東と江青の関係は極端に悪かった。毛沢東は身辺の者にこう一人ごちた。「庶民が離婚したいときは裁判所に行けばよいが、私はどこへ持ち込んだらいいのか」


1976年9月の毛沢東の死後、江青は死刑判決をうけ、投獄されること十余年、1991年5月に首吊り自殺した>


毛沢東は江青という猛毒をもちいて権力を奪還し、結局、副作用で中共そのものをガタガタにしてしまった。トウ小平がどうにか再建のレールを敷いたが、文革の鬼っ子、習近平は、天安門広場で「毛沢東語録」を掲げる巨万の紅衛兵に答礼する毛沢東を見て「ワだば21世紀の毛沢東になる」と決意したのだろう。

皮肉にも「毛創り 習が壊して 北京晴れ」になりそうだ。


造反爆弾男・任志強氏の習近平宛て「諫言」で指摘する打倒すべき「新しい四人組」とは、矢板明夫・産経新聞台北支局長によると、「習とその側近の栗戦書・全国人民代表大会常務委員長、北京市の蔡奇書記、重慶市の陳爾書記の四人を指しているのではないか」とのことだ。

小生は、習近平の懐刀としてハエ叩き、虎退治にいそしんだ王岐山国家副主席も入れて「習+四人組」の計5人を天安門でその最期を見届けたいなあ。習の一人娘、これまで秘密にされていた「習明沢」の名前までさらされて、習は処刑か亡国宣言しか選択肢はない。

コロナ休暇にお薦め「続・紫禁城の黄昏」予約受付中!(2020/4/26)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。