2020年04月29日

◆雀庵の「岩波読んでアウフヘーベン?」

“シーチン”修一 2.0


【Anne G. of Red
Gables/107(2020/4/27】数年ぶりに岩波書店のサイトを見た。それによると今日は「哲学の日」だという。


<4月27日は「哲学の日」.紀元前399年のこの日にソクラテスが毒杯を仰いで死んだことに因みます.


哲学と言えば,難解で,役に立たないことの代表のように言われることもありましたが,近年「哲学の復権」が語られています。


私たちの生きる世界が,歴史的,社会的,人間史的な逼迫のなかにあり,悪い方向への転換点にあるのではないかという問題意識が,思索への回帰を促しているのかもしれません>

なんかこじつけて不良在庫の哲学書をさばきたいのかなあ。

哲学・・・難しそうだが、小生は「いかに生きるべきか、いかに死ぬべきか、考えて考えて考え抜いて実行する、死すとも可なり」という解釈、感じだな。

大辞林にはこうある。


<1)世界や人間についての知恵・原理を探究する学問。もと臆見や迷妄を超えた真理認識の学問一般をさしたが、次第に個別諸科学が独立し、通常これらと区別される。存在論(形而上学)、認識論(論理学)、実践論(倫理学)、感性論(美学)などの部門をもつ。

2)自分自身の経験などから得られた基本的な考え。人生観。
「社長の経営術には一つの哲学がある」>

大学の哲学科は今は人気が下がっているらしい。哲学科で何を学ぶか。

<西洋と東洋の2大哲学から選択し、原理的、本質的な問題を考え抜く。

哲学は、古代ギリシア時代には学問全般を指していたが、近代に入って学問が専門分化していくなかで、あらゆる学問の基礎となる学問、世界や人生の根本となっている原理を探究する学問として位置付けられるようになった。

また、哲学という学問には、もう一つの領域がある。それはヒンドゥー教・仏教の思想から生まれたインド哲学、儒教・道教などの思想から成り立つ中国哲学のように、アジアの世界観や人生観・自然観から育まれた東洋哲学である>

結局、「いかに生きるか、いかにして人間の幸福に寄与するかが哲学、宗教の目標」と東洋大学創設者の哲人・井上円了は言っているから、小生の思いも間違いではないだろう。

まあ、それが就職に有効かどうかは採用する側の評価次第で、「6Gの市場規模を研究しました」「卒論は『ポスト・コロナと防疫』です」とかの方が実利的ではあるね。

戦後リベラル≒アカ≒アカモドキの牙城だった月刊誌「世界」は保守・反共・改革派の拡大で青息吐息、とっくに廃刊になっているだろうと思っていたら、何と生き残っており、森千香子・同志社大学教授が「友人が、政府の無責任なやり方に怒って発した言葉は『外出自体が感染症を拡大させる状況さえなかったら、暴動を起こしたい気分だ』」と書いていた。

暴動って火付け、強盗、殺人、破壊で犯罪であるが、著者も「暴動、分かる、その気持ち!」ということなのだろう。猫をかぶるからアカで、「奴は敵だ、敵を殺せ!」と表立って言うのはまずいだろうに。貧すれば鈍すだな。

岩波は通常の委託販売(返品可)ではなく「書店買取制」で、このために余程の販売力のある書店しか置いていない。先日ブックオフを覗いたら岩波のきれいな本がかなり多く並んでいた。つまり書店が廃業して叩き売ったわけだ。岩波延命して書店亡ぶ、みたい。

日販・出版流通学院の調査によると書店数は減少が続き、2019年版ではついに1万店を割り込んだ。大体、電車内で本、新聞、週刊誌を読んでいる人は数えるほど。わが街でも一時期は書店3店あったのが、今では日共系の小さな店だけしか残っていない。


同志諸君は「岩波文体」をご存知か。50年振りに平田清明著「市民社会と社会主義」(岩波)を読んでみた。


<西欧での社会形成が、市民的なものの資本家的なものへの転成として展開する時、この展開の過程には、商品・貨幣所有者への経済的転成が基底として展開すると同時に、市民的所有権の資本家的領有権への転変の過程が展開しているのであり、これらの過程に規定された政治的・道徳的な諸関係への転成もまた、進行するのである>

「おーい、誰か、救急車呼んでくれ、こいつも発狂したぜ!」

読者はこの数行だけでもまず卒倒し、中には脳神経損傷で一生癒えぬダメージを受けるだろう。小生はこんな悪文に鉛筆でやたらと傍線を引き、結局刑務所に隔離された。除染するのに40〜50年もかかってしまった。

悪書どころかモロ毒書だ。この先生、トロツキー50周年実行委員会世話人も務めていたから教え子の多くは前科者に転成し、病状は進行したことだろう。

マルクスボーイの臭いのする三宅邦彦と佐藤優あたりはまだ除染が進んでいない印象だが、ゼニに敏感だから「面舵いっぱい」とそのうち転向しそうだ。「無礼者め、転向じゃないぞ、アウフヘーベンと言え!」なんて怒り出しそうだ。へっ、分かったよ、嘔吐屁便め!(2020/4/27)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。