2020年08月06日

◆トランプはスカボロー礁に奇襲をかける

宮崎 正弘

 
令和2年(2020)8月5日(水曜日)通巻第6610号  


中国軍筋「トランプはスカボロー礁に奇襲をかける可能性」
   フィリピン「いかなる共同軍事演習にも比軍を派遣しない」

 米海軍の空母攻撃群が南シナ海を遊弋している。
2隻体制だという。空には警戒機が偵察飛行を続けている。むろん潜水艦も当該海域の海底にある。

ポンペオ国務長官は7月13日の会見でも「中国の南シナ海に於ける違法行為をわれわれは許さない」と明言した。翌日、トランプは香港制裁法に署名した。

リムパック(環太平洋合同演習)はアセアンばかりかAPECの国々を加えて、8月17日からハワイ沖で展開されるが、フィリピンのロレンザナ国防相は、「いかなる共同軍事演習にもフィリピン海軍を派遣しない」と言い出した。

ドゥテルテ大統領は就任直前にハーグ国際法廷がだした「中国の主張に根拠はない」、つまり勝訴(2016年)という法的バックを得ているのに、何もしなかった。

中国は「あの判決は紙くず」と轟然と言いはなかった。

ドゥテルテ大統領は支持率63%(2020年7月の世論調査)。しかし、こと中国政策となると、支持率は急減する。

ドゥテルテ大統領は言う。「中国と戦争をしたら負けるじゃないか」。むしろ北京を何回も訪問した。バナナ禁輸措置の取りやめ、スカボロー岩礁周辺でのフィリピン漁民の操業を取り付け、とりあえず中国との間に軍事衝突を避けた。

2019年6月には、ロザリオ前国防相が香港の入国を拒否された。ロザリオはアキノ前政権の重鎮で親米、反中政治家として知られる。

この流れのなかで、フィリピンは米国との地位協定を「破棄する」と言い、つぎに「18ヶ月の猶予」と訂正し、またまた「破棄すると言ったことを破棄する」と、もとに戻した。

というのも、フィリピン世論は93%が、「ドウテルテ政権は中国のもっと強い態度を示せ」(サウスチャイナ・モーニングポスト、8月4日)としており、激しい反中デモが起きている。

中国の軍事筋は「無人のスカボロー礁にトランプは奇襲を仕掛けるのではないか」と予測している。「大統領選挙前に人気挽回のための『オクトーバー・サプライズ』はそれだ」と短絡的な予測だが、米国側から見れば、「無人の岩礁を爆破して、軍事的に何ほどの意味があるのか」と中国の観測気球を訝しんでいる。
 
だとすれば、オクトーバーサプライズは、何処で、何時?
       
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評 しょひょう BOOKREVIEW 書評  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜国民としての矜持、尚武の心、その気風をはぐくむ工夫がなされ
戦前の国語教科書は古事記、英雄伝、国民と精神を教育していた。

  ♪
復刻版『初等科国語 中学年版』&
復刻版『初等科国語 高学年版』(ハート出版)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

戦前の国語教育がいかにまともな、健全な日本人の精神を培う内容であったか。

正義と公平と尚武の精神をさりげなく教え、情操を豊かにすることに重きが置かれた。まともな人間に育て上げることが教育目的であった。

叙述はくどくなく、あっさりと、しかし平明で力強い語彙に溢れている。GHQは、このような正しい教科書に墨を塗らせ、あげくには廃棄処分とした。

占領下に作られた教科書は、無味乾燥で、道徳を軽視した、要するに日本人の脳幹を破壊する企みが仕掛けられていた。このため戦後世代は戦前の日本が軍国主義で、間違ってアジアを侵略したと教え込まれ、洗脳された。

その弊害は遅れて効果を運ぶ。戦前の教育をうけてきた教師らは追放され左翼教師らが教育現場に立ち、だから沈潜していたGHQの病原菌が、いまごろになって歴然とその悪影響の効果を顕している。

なにしろ古事記、日本書紀を読まなかった世代が、留学先で日本の歴史を質問されても何も返事が出来ない。「英語が喋れる」って? 日本語も満足に喋れない人が英語をマスター出来るはずがないではないか。

まず、『初等科国語 中学年版』を見よう。

神話の天の岩戸から始まり、スサノオ、ニニギノミコト、そして聖徳太子がでてくる。戦後教科書が無視した日本の歴史の本質が、チャンと教えられていた。神話、偉人伝を教え、そして神社のことを説き、尚武の心の大切さを教えている。

この巻の解説を書いた葛城奈海さんはこう言う。

「現代日本人が失ったものの大きさを痛感せざるを得ないであろう。優しさ、尚武の精神、美学。優しいからこそ、強くなければならなかったし、強いからこそ優しくなれた。平和を守るためには、それが脅かされそうになったときには、最終的には戦う覚悟が必要だ。その覚悟をもった人間を美しいと感じるのが、日本の美学であった。『平和』を『文化』に置き換えても、また同じことが言える」。

次いで復刻版『初等科国語 高学年版』を見ると、乃木大将とステッセルの水師営の会見が見事な情景描写、心理描写で描かれている。満州を縦断した特急亜細亜号、明治神宮、源氏と平家。

『古事記』の項目には、こうある。

「わが国初以来の尊い歴史であり、文学である。殊に大事なことは、こうしてわが国の古伝が、古語のままに残ったことである。こごには、わが古代国民の精神がとけ込んでいる。われわれは今日古事記を読んで、国初以来の歴史を知るとともに、そのことばを通じて古代日本人の精神を、ありありと読むことができるのである」
 
高学年版は昭和17年の編集であるため、シンガポール陥落、マレー沖海戦そして、南洋の島々の生活なども出てくる。

ともかく二巻を通読して、一貫した基本姿勢は、「国民としての矜持、尚武の心」、その気風をはぐくむ工夫がなされていることなのである。いまの文科省の教科書検定官たちにも是非、読んで欲しいものだ。
        
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ READERS‘ OPINIONS 読者之声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)通巻第6596号の読者の声欄にてMMTに関して申し述べました。しかし私にはもっと強調したいことがあります。それは本当の学者・専門家が声を大に指摘していても不思議ではないほどの事なのに、今にいたって誰も言い出さないのはなぜだろうと云う事なのです。

(1)「簿記がわからないが故にMMTに批判的な専門家が多くて困っている」「簿記を知る人にとって、MMTは常識であり、貸方=資産・借方=負債の記録をしっかりと見てゆくという簿記の概念を、経済学・経済政策論に持ち込んだ『常識』に過ぎない」(「クライテリオン」誌)とMMT肯定派は言われます。

でも本当にそれは正しいのでしょうか?

(2) 私は1971年にニクソン政権が通貨の兌換を放棄したと云う事を「通貨自体はもはや価値を内包せず、単なる価値を動かす道具であるとみなすことに決定した。」のだと認識すべきと思います。

この発表は長い人類の歴史上、商品貨幣説・信用貨幣説のように貨幣は価値を有しているものだというそれまでは当たり前の事が、他ならぬ基軸通貨を以って明確に否定された大変化であり、些細な政策上・制度上の変更ではすまないのです。

(3)それにも拘わらず、MMTに則って政府が通貨を増刷する際に、「兌換を放棄し、価値を伴わなくなったハズの通貨自体の数字が、資産や負債の勘定科目に『出現』し、これをもって肯定派の専門家たちはMMTを説明するのです。

その例がA.(前回の投稿文で『奇跡の経済教室』中野剛志著から引用したように)「(MMTを基盤として)人々は通貨に額面通りの価値を認めるようになり・・・』とか、B.クライテリオン誌の「国債をどんどん発行してゆくと国民の資産がそれだけ増える」(日銀副総裁の国会答弁)、と云う事であり、これらは全て、通貨そのものが印刷された時点から既に価値を内包していることを前提にしているが故に、初めて口に出す事ができる意見だと私は言いたいのです。つまりMMT肯定派の思考回路には「兌換廃止」の意味が抜け落ちているのです。

(4)ここで注意すべき点を申します。通貨には2種類あり、一つは印刷したばかりの未だ価値を背負っていない(価値の裏付けのない・価値を帯同していない・人間により付加価値が労働によって付けられていない)価値と、もう一つは価値を帯同している価値があると私は思います。

前者を価値なし通貨(増刷通貨・新刷通貨)、後者を「価値付通貨」と称するとわかりやすいと思います。つまりここで私がMMT関連で申しますことは増刷に当たり未だ価値が付与されていない段階での増刷・新刷通貨についての論であります。

(5)それでは、「兌換されない増刷通貨とは何か?」と云う事になります。私は「通貨は価値の交換・保管(在庫)の機能を持っているが、増刷通貨は価値を包含・内包しているのではなく、価値に帯同するものの基本的には別物、即ち価値を生み出す触媒・呼び水であり、ヒトをして価値創造のためのアクションを起こさせる手段・ツールになったと云う事です。

そしてこれから価値を通貨に帯同すべく、経済活動を刺激する道具と云う事です。

(6)先の投稿文で述べましたように、仮に価値総量と通貨量が一定(仮にそれぞれ100とする)の国家では、政府が100通貨量を増やせば、国内通貨量は200になり、それ以前に国民が有していた100通貨に相当していた価値量は半減してしまう。

つまりこの場合、経済成長で価値量が100増えて200になればこそ、国民の保有していた通貨価値は守られるのです。

換言すれば「政府が通貨をどんどん発行して行くと国民は働かなくても金持ちになってしまうはずはなく、もし社会・国家の価値総量が一定であれば通貨量が増えれば国民の貯蓄額はどんどん減耗(目減り)することになります。

また国民は「働かなくてもいい社会」において、経済成長率をインフレ率より高くはできるはずはなく、成長に必要なイノベーションは生まれない。

いくら通貨増発は豊かさを増すための触媒とはなり得ても、増発そのもので社会が豊かになることは出来ないのであり、MMT理論は価値を持たない増発(価値なし・新刷)通貨が、簿記上に記帳される限り、正しい理論とは言えないと思うのです。(SSA生)

  ♪
(読者の声2)貴第6609号「長浜浩明『最終結論 邪馬台国はここにある』(展転社)」の書評の中で紹介された論文「相馬充,上田暁俊,谷川清隆,安本美典『247
 年 3 月 24 日の日食について』国立天文台報
第14巻,15−34(2012)」ですが、その中で「北九州市周辺は皆既になるが、福岡市や佐賀市は皆既帯からはずれ、いずれの場合も食分0.99ないし0.98となる。日食の間中、あたりは暗くならないことを指摘しておく。


天照大御神は卑弥呼のことが神話化・伝承化したものであり、天照大御神の天の磐戸伝承は卑弥呼の死と関係する、との見解がある。卑弥呼の死の前後と見られる紀元
247
年に、北九州で、皆既または皆既に近い日食があったことは、注目に値する」とあります。
 つまり皆既日食が見られた北九州市付近を除き、北部九州一帯は真っ暗にはなりませんが、かなり深い日食が観測されましたので、宇佐市安心院町の山城に居た卑弥呼は、この日食を見た糸島市の伊都国男王によって殺されたと推理しています。
 魏志倭人伝に、卑弥呼の死後、改めて男王が立つが、皆それに服さずに千人以上が殺される内戦が起こったと記されています。卑弥呼の死の直前、正始八年
(247年)、帯方郡に新しい太守が着任し、卑弥呼は使者を遣わし、狗奴国と戦争状態だと報告し、援軍を要請した模様です。しかし太守は国境守備隊の役人張政に黄幢(魏の正規軍の旗)と詔書だけ持たせて派遣し、張政は大夫難升米に軍旗を直接渡して「頑張れよ」と告げています。従って、難升米が倭国の軍事を掌握する人物であることが分かり、卑弥呼の政治を補佐する男弟であり、刺史のような役割の一大率であって、伊都国男王のことだと分かります(孫栄健「決定版 邪馬台国全解決」(言視舎)2018,pp.300-302)。
 卑弥呼の死後、王に立った人物が伊都国男王(倭国王難升米)だとすると改めて王に立つまでもありませんから、別の人間のはずです。そうすると、この王に立った人物は、狗奴国から北部九州に押し寄せて倭国を滅ぼした人物だと推理できます。(注)
 ということで、卑弥呼の死の直前には、狗奴国が倭国に攻め寄せる動きを見せていたということです。丁度このタイミングで北部九州で日食が起こったので、これも魏志倭人伝にある持衰(じさい)が殺される理由と同じように、卑弥呼が不謹慎で、霊力が衰えたためと伊都国男王が判断し、不吉な予兆を回避したいために生贄として殺したと推理しています。
 卑弥呼の径百余歩(直径約150m)の墓も発見しました。そして卑弥呼が殺された場所も数々の状況証拠から推理しています。つい最近、滋賀県近江八幡市にある日牟禮(ひむれ)八幡宮で、日食で殺された卑弥呼を宗像女神(イチキシマヒメ)として祀っていたのが分かりました。詳細は拙ブログに掲載していますので、よろしければお越しください。どうも失礼しました。

【関連記事】卑弥呼は日食で殺されたムナカタの姫巫女だろう
https://blog.goo.ne.jp/katumoku10/e/54c8e862ac33f689f751df801346f3b8
卑弥呼が見た日食はこれだ
https://blog.goo.ne.jp/katumoku10/e/ddf335ec398676b3f1e20f2f42597a10
卑弥呼の墓は見つかってるよ!
https://blog.goo.ne.jp/katumoku10/e/a695bf2231ba2efeb69e61f181ba205e
古代史の謎を推理する
https://blog.goo.ne.jp/katumoku10/e/e5f3c79c776262d1ae311988f7e58e3e

 (注)魏志倭人伝に倭国王難升米が殺されたとは書いていませんので、さっさと帯方郡に逃げたのだと思います。そして、倭国追討軍の主将が狗奴国王ならば、内戦にはなりませんので、狗奴国王卑弥弓呼を裏切った人物だと推理できます。
 その人物が内戦で死んだ後に卑弥呼の宗女台与が13歳で女王を継承するとあります。つまり、張政が内戦の勝者に、狗奴国王を裏切り、台与を女王卑弥呼の後釜にして魏の後ろ盾によって狗奴国と対立するように進言したと推理できます。狗奴国王の命を受けた倭国征討軍の主将を殺してしまったので、張政の言葉に従ったと推理できます。
 この新しい倭国王が卑弥呼の倭国に加えて、元々の支配地(山陰・北陸地方)を版図とし、列島の広い領域を支配したので、後世「大国主」と呼ばれた人物だと突き止めました。魏志倭人伝では狗奴国王よりも先に紹介された狗奴国の有力者狗古智卑狗(久々遅彦、豊岡市久々比神社の祭神、奴(ナーガ=龍蛇神)国大王スサノヲの直系の子孫大国主命)と突き止めました。
 また狗古智卑狗が当初従った倭国追討軍の主将は、纏向遺跡の外来土器の約半数を占めるのが東海の土器ですから、尾張王と推理しました。狗奴国王と同じ天照大神尊ニギハヤヒを祖とする一族の有力者だと推理しています。
 張政は魏から晋に帝位が禅譲された翌年(266年)、女王台与の遣使と共に帯方郡に帰還しています。墓から「帯方郡太守張撫夷」の?が発見されていますので、
約20年間大国主・台与の倭国に滞在して、東夷を手なずけた功績で太守に出世して死んだものと思われます。ですから、難升米はもしも郡にたどり着いたとしても、張政から連絡を受けた太守によって、すでに邪魔者として密かに始末された可能性が高ので、難升米の墓も見つからないでしょう。恐らく親魏倭王の金印も持って逃げたはずですので、鋳つぶされていなければ帯方郡址か洛陽付近で見つかるかもしれません。
(刮目天一)


(編集部から)版元を通じて著者へ転送をお願いしております。


(読者の声3)尖閣諸島に、中国公船の侵入が、継続111日ぶりに止まった。いよいよ中国も、国外より国内が厳しくなったようだ。いや、事の真相は、尖閣に台風が接近し、危険が迫ったからのようだ。ハワイで行ったリムパックでさえ、船酔いが続出したからだろう。
 旧日本海軍は、むしろ、台風が来ると、大型艦を乗り出して訓練を行った。その操舵は、任官したばかりの若い少尉にやらせることもあったそうだ。
若者は鬼の形相で必死に操艦したという。周りの艦から、おかしい、危ないと信号を送られたが、艦長は、任官したばかりの少尉の操舵だというと、周りは黙ったそうだ。
ミッドウェー海戦で指揮を執った水雷畑出身の南雲忠一は、敵の雷撃機の魚雷をかわそうと、旗艦赤城を自ら操舵した。ことごとくかわした。
 日本の軍艦は、友鶴号転覆事故以来、復元力が強化され、艦隊運動は世界一であったことがわかるエピソードです。だが空母は、空から爆撃された。
 南雲忠一と同郷の私から見ても、南雲は優れた指揮官かどうかの判断に迷うところです。
保安庁の巡視船は出航を見合わせて居るだろうが、海上自衛隊の護衛艦は、台風のさなかでも、尖閣海域で演習しているのだろうか。気になるところではあります。
   (斎藤周吾)
     

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。