2020年09月19日

◆事実上の対中禁輸。

宮崎正弘


令和2年(2020)9月16日(水曜日)通巻第6646号  

 事実上の対中禁輸。「新ココム」が発動された
部品どころか、ソフトウエアが米国製なら出荷できなくなった

対中輸出が大幅に制限されるどころが、事実上の出荷停止である。
 9月15日、中国向け半導体輸出が全面的に停止された。これまでは「25%以上の米国製部品をつかったもの」を対象とすると商務省が規定していたはずだが、いつのまにか、「米国製ソフトウエアがつかわれたもの」「米国製製造装置をつかって生産したもの」と解釈が拡大されたからだ。

ただでさえ低落してきた日本の半導体メーカーが直撃を受けた。

規制が予想以上に厳密な内容だったため、対応が遅れ、ノキア、エリクソンなど北欧勢への販路拡張も遅れている。

ファーウェイ向けのフラッシュメモリーを生産してきた旧東芝メモリー(キオクシア)、画像センサーのソニー、通信機向け半導体の三菱電機、電波増幅器のルネサス、HDD(ハードデスク駆動装置)の東芝ほかが、もろに影響を受ける。代替仕向地は簡単には見つからないため、暫時低迷する可能性がある。

もっとも中国側もこの事態を見越して、台湾のTSMCや韓国サムスンなどから、向こう2年分の半導体を緊急に輸入し在庫している。それでもファーウェイのスマホ70%減速するだろうと予測されている。

また米国製ソフトを使用した部品という定義を拡大解釈すれば、ソフト開発に携わるエンジニアの国際間の移動、技術の移転も制裁の対象となりかねず、完全な対中禁輸措置である。つまり新ココムが発動されたということである。
      
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【知道中国 2133回】             
 ──英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港15)

          △

4人兄弟が相手の家庭教師と第一日文での代講・捕らぬ狸の皮算用は十分に承知しているが、両方のバイト代を合わせれば一定の収入が確保できそうだ。切り詰めた生活に努めれば、なんとか留学期間も伸ばせるだろう。

先の見通しが立ったようでもあり、そこで改めて中国語を学ぼうと思い立った。

理想は個人教授ではあるが、やはりネックとなるのは高い授業料である。貧乏留学生にとっては贅沢が過ぎる。だが、だからといって映画館での学習は無意味に近いことは経験済みだ。香港までやって来て独学はないだろう。そこで、飛び降りることもないだろうが、先ずは清水の舞台に立った心算で、個人教授でやってみようということに。


人間というヤツはどうしようもなく怠け者であり、一生懸命に勉強しようなどと殊勝な気持ちを持ったところで、それは一時のこと。『崇高な決意』は程なく雲散霧消して、元の木阿弥となるのが関の山。抑え難い怠け心を封じ込めることが出来るような『鋼の意志』なんぞを、凡人が持ち合わせているわけがない。

怠け者の尻を引っ叩く最良の方法は、やはりカネしかない。カネさえ出せば、なんとか払った分は取り戻そうとするはずだ。欲の皮が突っ張っているから、しょせん人間はセコイのである。

幸運にも理想に近い先生が見つかった。北京生まれの北京育ちで京片子(べらんめえ口調で耳に心地よく響く北京弁)を話す。北京大学で中国文学を専攻した50歳前後の女性で、そのうえ授業料が思ったほど高くはない。まさに願ったり叶ったり、だった。

早速、指定された番号に電話すると、歯切れのいい中国語が返ってきた。「時間があるなら、いま直ぐにお出でなさい。アナタの程度を確かめてテキストを考えたいので」。

そこで「我就去(すぐ行きます)!」と電話を切って、台所にいた大家のSさん夫人に指定された場所への道順を訊ねた。すると地図を書いてくれながら、「『我就去!』でも意味は伝わるけど、やはり『我就来!』の方がいいと思いますよ」と。

そこでハタと気づかされた。日本式中国語でも通じればいいってものではない。ここは香港であり、住民の圧倒的多数は広東人である。広東人も中国人だろう。香港が中国人の社会であり、その香港と言う中国人社会にドップリと浸かろうとしているわけだから、願ってもない絶好の機会を逃がしてなるものか──こう思い至ったところで、日本で身につけた中国語の知識は取り敢えずはキレイサッパリと忘れ、一から学び直そうと考えた。

善は急げ、である。

バスを乗り継いで、指定された住所になんとか辿り着く。近くには赤煉瓦が美しい名門女学校があり、周囲を高い木々に囲まれた落着いた雰囲気の高級住宅が並ぶ。雑踏と人いきれの香港にも、こんなにも緑豊かで閑静な住宅地があったのだろうかと驚いたが、時に轟音が耳をツンザク。

見上げると、着陸直前の態勢に入った旅客機が啓徳空港(当時の香港国際空港)の滑走路に向かって超低空で通り過ぎて行く。もちろん、風向き具合によっては離陸直後のこともある。

大きな石造りの門があり、高い塀で囲まれた広い青々とした庭の先に2階建てのレトロな雰囲気の洒落た邸宅があった。門番に来意を告げると通してくれたのだが、彼の背後の門番小屋を見て驚いた。もちろん普通の犬小屋よりは大型だが、まるで見た目は犬小屋。だが窓もあれば、入口の板戸にはカギも付いている。

チラッと目に入った小屋の中には布団も畳んであれば、食器もあった。ここが彼の職場兼住宅らしい。職住超近接と聞こえは良いが、まさに劣悪な居住環境と表現するしかない。

だが『固定の住宅』を持っているだけでもヨシとしなければならなかったはず。それというのも当時、繁華街の夜の路地裏で歩道脇に設えた折り畳みベッドを塒としていた例にお目に掛かることがあったからだ。

改めて香港社会の厳しい現実を知ったのである。
      

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■読者の声 どくしゃのこえ READERS‘
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)OracleはTikTokを買わない。提携はする、その方がよいというアナリストの反応です。両社の交渉をそう見ているという、下記、ソースです。

https://www.benzinga.com/analyst-ratings/analyst-color/20/09/17491126/partnership-better-than-acquisition-analysts-react-to-oracle-tiktok-deal
  (MKM)

  ♪
(読者の声2)菅(スガ)が番頭?とんでもないこのマキャベリストの野心は青空高く(曇り空高くの方が合うかな?爆笑)限りないぞ。

この男がすんなり番頭で来年退くものか?もちろん失脚はありうるが・・限りない野心 控え目に見える態度の陰に、黒沢明(今度の餓鬼紛らわしい清監督ではない 程度の低いくだらないベネチア選考基準)監督映画に出てくる悪党 見かけ慇懃無礼で表情を変えずに偽善の面をしながら悪徳の権力欲に燃える男、を連想するこの男に野心・権力欲・謀略欲以外の何物もない。(AO生、世田谷)

  ♪
(読者の声3)中国人教授「地球滅亡計画」の背後、中国全体は狂気と危険の方向へ走っている。2020.9.14、石平氏のユーチューブで、瀋陽工業大学特別招聘教授の趙盛?氏の発言とあった。

世界を滅亡させるには、アメリカに核弾頭を射つ必要はない。太平洋上に数千発の核弾頭を打ちこめば2千m級の津波が発生し、ヒマラヤ山脈を除く全てが水没するという。
日本人なら、震え上がる声明である。

だが、中国共産党政権は、もし、アメリカが中国に戦争をしかければ、世界を破滅させるとの恫喝であろう。ソ連のゴルバチョフが政権の末期、銀行強盗に入った。その銃の先が自分の頭に向けている、という風刺画があった。

ソ連の崩壊よりも遙かにすさまじい脅迫である。

かつて、中国共産党が潰れるときは、中国人民全てが滅ぶ時であると言っていた。これは、決して脅かしではない。
東洋史家の岡田英弘氏は、後漢末の黄巾の乱の乱には、五千万いた人口の九割が死に、五百万に減ったと言っているからである。
日本も戦中は、1億総玉砕(台湾、韓半島を含む)と言っていた。決して中国を一方的に非難はできない。
   (斎藤周吾)

   ♪
(読者の声4)今晩(16日)夜放送予定の「フロントジャパン」は佐波優子さんと宮崎正弘さんでお送りします。深夜からはユーチューブでもご覧になれます。
 宮崎さんのテーマは「管政治が始まる」の予定です。
   (日本文化チャンネル桜)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。