2020年09月27日

◆憲法無視の民主党Deep State

Andy Chang


AC通信 No.807 (2020/09/25)

ギンスバーグ最高裁判事が死んで今年の選挙に新しい要素が加わり、トランプ対Deep
Stateの南北戦争
は一段と激しくなった。民主党は大統領選挙に勝つだけでなく最高裁でもリベラル優勢を維持したい。
リベラルDeep
Stateは選挙でなく戦争をしている。ファイト、ファイト、ファイトだとオカシオ国会議
員とシューマー上院議員、ペロシ下院議長が宣言した。議員だけでなく国民は憲法に則って行動すべき
だが彼らはは憲法さえも左翼に有利なように変更するつもりである。

最高裁判事は大統領が指名した候補者を上院において投票で任命する。トランプ大統領は女性を新任の
最高裁判事に指名すると発表した。だが民主党側のシューマーやバイデンなどは11月の総選挙で選出さ
れた次期大統領が指名すべきだと主張した。

選挙に勝った次期大統領は来年の1月20日に就任する。それまであと100日以上ある。トランプには次
期大統領に指名権を譲る必要はない。上院は大統領の指名した候補者を投票で決定するだけで来年まで
も待つ必要はない。

トランプと上院は合法的に行動するだけだが、ペロシ下院議長とオカシヨ議員はそれならトランプを弾
劾すると言い出した。弾劾して時間を稼ぐつもりだが大統領を弾劾する理由はあるのかと聞かれたペロ
シは「トランプの数々の罪状から弾劾理由はいくらでも見つかる」と述べた。まさに権力乱用である。

この数日の間、国会議員や憲法学者がこれについていろいろ意見を述べた。トランプは新しい判事を指
名する権利がある、上院は指名された候補者を決定する権利があるとされた。そしてトランプ大統領は
土曜日に新判事の名前を発表すると発表した。水曜日までに民主党議員47名は反対、共和党議員53名の
うち2人反対で残り51人賛成と判明した。これで11月3日の総選挙投票日の前に新しい最高裁判事を決
められることがわかった。

既にAmy BarrettとBarbara Lagoaの二人が最有力候補に挙げられたが、民主党側はAmy
Barrettはカ
ソリック教徒だから反対と発表した。カソリック教徒は堕胎法案に反対だからダメと言うのだ。左翼は
堕胎の自由を主張しているので最高裁が堕胎法案に反対するのを阻止したいのである。これは信仰の自
由に反することだから逆効果である。民主党は全員反対に決まっているから候補者の資格討論は簡単に
済ませて投票すればよいと共和党側が言い出した。

上院は共和党員53名と民主党員47名で投票では共和党が過半数である。議員の数は選挙のたびに変わる
が、民主党が絶対多数を確保する方法を推進している。黒人多数のワシントンD.C.とプエルトリコを新
しく米国の州に加えることである。こうすれば米国50州を52州にして民主党が常に優勢になると言うの
だ。でもワシントンD.C.といまだに米国の領土が未定のプエルトリコを米国の州にするのは上下院の投
票が必要で簡単ではない。11月の総選挙で左翼が勝てば米国の政治は大きく変わる。

民主党はもっと大きな陰謀を画策している。米国の憲法では最高裁判事は9名と決まっているが、民主党
が国会で多数となったら憲法を変更して最高裁判事を9名から15名にすると言う。今のところ最高裁は
ギンスバーグ判事が死亡して8人で、保守5人、リベラル3人である。トランプが新しく保守系判事を任
命すれば6対3で将来数年は保守優勢となる。だから民主党側は選挙まで新判事の任命をするなと主張
しているのだ。

この情勢を変えるためペロシやシューマーはバイデンが当選したら最高裁判事の数を15名に変更して、
バイデンが新たに6名のリベラル判事を任命すると言うのだ。最高裁判事の数は憲法で9名と決めている
が、憲法を改正してバイデン大統領が6名のリベラル判事を任命すれば一挙に9対6となり、将来どのよ
うな変化があっても一挙に6名の判事を変更することはあり得ないからリベラル優勢は永久となる。

つまりバイデンが当選すれば民主党優勢の国会が憲法を改正する。そして最高裁判事の数を15名にして
リベラル優勢を確保する。これで保守側がいかなる訴訟を起こしても最高裁で却下できるようにする。
つまりDeep
Stateがバイデンを当選させてアメリカ民主主義を永久的リベラルとしてしまうのである。

どんなにトランプが嫌いでも今回の選挙は絶対バイデンに勝たせてはいけない。上下院議員も民主党に
投票しててはいけない。

========  AC 通信  =====   AC通信   =====
マグマグAC通信の配信登録は http://www/mag2.com/m/0001690065.html
コメントは actsushin@gmail.com まで。


at 07:54 | Comment(0) | Andy Chang
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。