2020年10月24日

◆偏向報道ありきの米大統領選

吉田 繁治


混迷の極致にある大統領選挙の予想をお伝えします。米国メディアの多くには支持政党があり、偏向報道が普通です。世論調査もかなりブレます。現状ではバイデン有利との見方が優勢ですが、トランプに逆転の道はあるのでしょうか?(『ビジネス知識源プレミアム』吉田繁治)

【関連】なぜ日本だけ消費が戻らないのか?米国と中国はすでに前年水準を回復=吉田繁治


支持政党を持つ米国メディア

CNNのニュースそしてMCや専門家によるコメントを見ると、異例な3つの特徴に気がつきます。

日本の放送メディアは、隠れた党派性はあっても、表面では薄めています。党派性のあるメディアは「赤旗」や「公明新聞」でしょう。

これらと同じように事実上、民主党支援メディアになっているのが、大手メディアであるCNNです。衛星放送でよく見ますが、トランプが言う「メディアはフェイク・ニュースを流す」にも、三分の理があると感じます。大手メディアはこぞって、トランプ非難のメディアだからです。週刊誌の『NEWS
WEEK』も、CNNより激しくはなくても、民主党寄りです。


(1)CNNで、大統領選挙以外のテーマがニュースになることは、ほとんどない(ごくわずかにスポーツ・演芸)

(2)トランプの発言に対し、CNNのキャスターと外部専門家は、ほぼいつも、反対の意見を述べるか、非難している
(3)バイデンの発言に、反対意見を述べて非難することは少ない(当方の記憶にはありません)

日本では「激しい偏向」とされるでしょうが、独立性の強い民間資本の米国メディアには、党派性があります。

支持率に地域格差も

ニューヨーク州とカリフォルニア州では、選挙民にも、民主党支持者が圧倒して多いのです。共和党支持が多いのは、海のない内陸の農村部、工場地帯の州(白人の現場労働者が多い州)です。


日本には、支持率の地域格差はあっても、米国よりは薄いでしょう。米国は国土が広く、州間の距離は離れています。内陸の大陸に行くと、NYやカリフォルニアとは「別の米国の風景」があります。こちらが本当の米国とも言えるNYやLAは、「アメリカではない国際都市」と米国人は言います。

米国はともかく巨大です。大陸をバスで移動すると、限りなく続く、家のない平原の荒地。中国と日本が、陸続きと思い込んでいる人も多い。中国人・韓国人・日本人の顔は同じに見えるようです。町中が芝生で覆われ、白い戸建て住宅。ショッピングセンターの2階などが、公共的な集会所です。町名には、スプリング・フィールドなどの、全米で同じものが多い。こうした地域に、トランプ支持が多いようです。

Next: 世論調査にも偏りアリ。大統領選は佳境、現在の情勢は?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。