2020年10月27日

◆バングラデシュという国に住んで

                       ボショント


出たっきり邦人・アジア編・1013号 20・10・25

第 91 回

皆さまこんにちは。バングラデシュからお届けします。

バングラデシュも世界中の国にもれずコロナ感染拡大は深刻で、感染数だけが連日機械的に報道されています。

首相はマスクをつけないと10万タカ(日本円で12万円程)の罰金を課すという発表をしましたが、誰も取り締まらず、道行く人の半分以上はマスクも付けず、ソーシャルディスタンスはありません。

家の近くのショッピングモールで見かけたのは、入店時にはマスクがないと入れないので、そこでポケットからマスクを出す人、仕方ねえなあ、入ってやらないよと引き返す人がいました。

そうかと思えば、未だに外部からの訪問者を禁じている高級アパートもあり、スーパーでは宇宙飛行士並みの重装備の人も見かけます。気を付けている人達とそうでない人の温度差は随分あります。

人との距離が近すぎるので私自身は買い物に行く回数を減らしていますが、この国の感染者は一体どこにいるのか・・・と思っていたら、親戚に患者が出ました。

同じアパートに患者が出たのでPCR検査をしたら、陽性だったというのです。いわゆる無症状で、家に籠ったまま2週間過ごし、陰性になって職場復帰したそうです。

最近になって、身近に感染者が聞かれるようになりました。しかし、何故バングラデシュ人が新型コロナウィルスをそんなに恐れなくなったかというと、重症患者の少なさ、罹っても無症状や風邪程度が多く、コロナは怖くないという風潮が定着したことでしょうか。

我が家のお手伝いさんが住んでいるのは我が家から歩いて10分程度ですが、人口密度の高すぎるスラムではないものの、コロナ患者がいないそうです。

地方では、コロナさえ知らない人がたくさんいるとか。都会の金持ち病と信じている人が多いのです。うーん。どこまで本当かは分かりませんが、やっぱりバングラデシュ人は免疫力があるのでしょうか。以前にも紹介しましたが、日本で言うと引かれる肝炎、赤痢、チフス、デング熱等はバングラデシュでは普通の病気です。

隔離されることはありません。状態が悪くなければ入院もしない程です。ちなみに私は肝炎、デングに罹った時には自宅で療養で直りました。なので、この国の人はバイ菌には慣れっこなのです。

しかしながら、未だに公立の学校は閉鎖したまま。3月中旬から今に至る全ての教育機関は開いていません。塾もです。私立の学校に行く息子はオンライン授業を受け続けており、4月に行うはずだった卒業式(イギリス式の学校で10年生が終わり。)が9月末にオンラインで行われました。塾はオンラインで、授業料は携帯電話を使って決済します。

実に7カ月以上もバングラデシュ全土の学校は閉鎖しており、オンライン授業を推進されていますが、オンラインで授業が出来る環境にある先生、生徒はどれほどいるのでしょうか。バングラデシュの公立学校は1月に始まり12月に終わります。

公立学校の年度末試験は11月に行われ、12月に結果発表があり、1月から新学年です。この試験が今年はキャンセルされ、全員進級が決定しました。

11月から開校予定ですが、巷ではおそらく来年1月までは学校は開かれないだろうと言われています。公立学校の9カ月以上の勉強の取り戻しは出来るのでしょうか。映画館やスポーツ観戦を再開させるよりやる事はあるんじゃないかと心配になります。

このコロナ禍で、バングラデシュは治安も悪くなりましたテレビで報道されるだけで、レイプ、殺人、警察の不祥事が連日起こっており、これまた犯人がすぐ釈放されることから市民のデモに発展もしました、失業率は半端なく高くその上物価が上昇し、おそらく日本とあまり変わらないんじゃないかと思う程です。

そんな状況の中、数日前に驚くべきニュースがありました
バングラデシュでは人口の45パーセントが既にコロナに感染している!というのです。もはや集団免疫!?

この数字、結構権威ある機関から発表されたので、私は驚いたのですが、このニュースを外国からのフェイクと信じているバングラデシュ人が多い事にも驚きました。
 
世界のコロナの様子を見て、バングラデシュはアラーの神のお蔭で、素晴らしい政府の政策により亡くなる人が非常に少ない有難い国とメディアで堂々と発言される首相のいる国では、どんなニュースもフェイクに思えてしまうのでした。
 

COVID-19,
新型肺炎で亡くなられた方のご冥福を祈り、今現在病と闘われている人達の回復と、一日も早い収束を祈ります。


最後までお読み下さり、ありがとうございました。

ボショントでした
(ベンガル語で春を意味します)

感想は haruez@hotmail.com ボショントまで!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。