2022年02月18日

◆鹿を指して馬となす

加瀬 英明

 私は全世界が2022年にあると思うと、間違っていると説いてきた。

中国はいまだに秦朝(紀元前221年〜206年)の時代にある
始皇帝の秦帝国が僅か15年で滅亡した後に、中国では王朝がせわしく交
替したが、皇帝の神格化、圧政、歴史の捏造、天帝から全世界を統治する
使命を託されているとい
う華夷思想を、受け継いできた。

 習近平体制も白を黒と言い張って強引に押し通しているが、「鹿を指し
て馬となす」という有名な言葉は、中国の正史『史記』のなかで唐代に纏
められた、始皇帝の一代記
である『秦始皇本記』に登場する。

 習主席は始皇帝が行った「焚書坑儒」を受け継いでいる

 プーチン大統領のロシアはまだ15世紀にあると思えば、わかりやすい。

 15世紀にイワン雷帝(在位1462年〜1505年)が、周辺の国々をつぎつぎ
と征服してロシア帝国をつくり、はじめてツァーリ(ロシア皇帝)を名
乗った。

 「ツァーリ」はローマ帝国の皇帝の称号であるカエサルを、ロシア語読
みにしたものだ。

 中国の最後の皇帝といえば、1912年に退位した清朝の宣統帝であり、ロ
シアは1917年にニコライ2世によって終わったはずだった。

 ところが、習主席が中国の皇帝を演じるかたわら、プーチン大統領は
ツァーリを自任している。

 中国は秦朝から2200年以上もたっているのに、いまだに鹿を指して
馬だと言い張っている。

 昨年12月に、バイデン大統領が110ヶ国・領域を招いて、オンライ
ンで『民主主義サミット』を開催した。

 すると、中国は対抗して『中国の民主白書』を発表して「民主主義は多
様である」といって、「中国式民主主義」を誇示した。きっと「中国式平
和」や「中国式人権」もあるのだろう。中国の報道官が記者会見の席上で
「中国の選挙制度のほうが米国の選挙制度より優っている」と述べた

 中国の“国会”に当たる全国人民代表大会の代議員選挙では、候補者は1
人しかいない。

 かつて英国のアトリー首相が、ソ連の選挙を「馬が一頭しか走っていな
いのに、競馬と呼ぶようなものだ」と揶揄(やゆ)したが、中国ではスピー
ドスケート選手が1人だけ
出場しても、「競技」と呼ぶにちがいない。

 孔子(紀元前551年〜前479年)は、「その位にあらざれば言わ
ず」(民は黙って従えばよい)、『論語』は孔子と弟子の問答集だが、孔
子が「民は之れに依らしむべ
し。これをしらしむべからず」と説いている。

 韓非子(没紀元前233年)は始皇帝の帝国統一の理論をつくったブレ
インとして知られるが、「政(まつりごと)の民に優しさはこれすべて乱の
始まりなり」と教えてい
る。それまでもすべての王朝が内乱で滅びたから、何よりも内乱を恐れた。

 今日の中国も天安門事件の記念日などに天安門広場を封鎖して、人民が
立ち入ることを禁じるが、内乱に対応するためである。

 韓非子は人性利己説を唱えたことによって、知られている。中国人は自
己中心だから強権をもってしか纏まらない。性善説、性悪説は当てはまら
ない。

 毛沢東主席(1893年〜1976年)が「政権は鉄砲の銃口より生ま
れる」と豪語したが、政権は鉄砲の銃口によって維持される。

 中国は古代のままの社会なのだ。近代文明を受容する能力を欠いている。
中国と日本は、何と対照的な国なのだろうか。

 聖徳太子が推古12(604)年に『十七条憲法』の第17で、「夫れ
事独り断むべからず。必ず衆とともに宣しく論ふべし」と定めて、よく話
し合うように命じている
が、天地の差がある。

 日本では、とくに経済人のあいだに顕著だが、中国について生半可な知
識しかなく「中国に阿(おもね)ないと、日系企業の活動に悪い影響が出
る」といって、日中友好を
求める者が多い。

 紀元前3世紀や、15世紀の人々と私たちが話し合っても、意志が通じ
るはずがない。

もっとも、紀元前や600年前の人々も武力は理解しよう


   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆奨学金のどこが「悪質な学生ローン」なのか?

返済に苦しむ若者が見落としている5つの
              自業自得=午堂登紀雄

昨今、奨学金が返済できずに苦しんでいる若者がいることで、「奨学金は
悪質な学生ローンだ」などという論調を目にします。奨学金で進学した私
にはちょっと残念に感じます。(『午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト
入門』午堂登紀雄)

プロフィール:午堂登紀雄(ごどう ときお)
米国公認会計士(CPA)。1971年生まれ、岡山県出身。中央大学経済学部
国際経済学科卒。株式会社エディビジョン代表取締役。一般社団法人 事
業創造支援機構代表理事

奨学金は「悪質な学生ローン」か?
今は受験シーズンですが、春からは奨学金を借りて進学する人がいると思
います。あるいは4月から新社会人になる人の中には、学生時代に借りた
奨学金の返済が始まる人もいるでしょう。

しかし相変わらずコロナ禍が続いており、不安を感じている人は少なくな
いと思います。

昨今、奨学金が返済できずに苦しんでいる若者がいることで、「奨学金は
悪質な学生ローンだ」などという論調を目にすることがあり、それが奨学
金で進学した私にはちょっと残念に感じ、感じることを論じたいと思います。

奨学金の「おかげ」で進学できた
私自身、高校・大学を旧日本育英会から借りた奨学金で進学しました。

返済猶予制度を利用しましたから、総額約350万円を完済したのは15年後
の確か40歳頃だったと思いますが、私に東京に出る機会を与えてくれた奨
学金制度には感謝しています。だから私の場合好意的なバイアスがあるの
は確かです

もちろん、経済的に苦境に陥っている人もいて、奨学金を借りたことを後
悔している人がいるのも事実でしょう。コロナで収入が減ったり、仕事を
失ったり、病気などで働けなくなって返済が苦しいという人もいると思い
ます。

延滞を繰り返し、ブラックリスト入り(個人信用情報データベースに事故
記録として記載される)してしまった人もいると思います。もしかした
ら、お行儀の悪い督促をする担当者に遭って精神的につらかったという人
もいるのかもしれません。

世の中にはいろんな状況、いろんな立場の人がいますから、「これが正し
い」とか「これが絶対だ」というわけではありません。

しかし昨今、奨学金に関して世間の注目を集めるのは、こうした社会的弱
者の存在を根拠に、奨学金悪玉論に傾きがちな世論です。

しかし私はそれは制度へのミスリードにつながると感じており、そうした
見方に対して「奨学金は社会に必要な救済制度である」ということを主張
しておきたかったからです

なぜなら、お金がない家庭でも「奨学金のおかげで進学できる」からです。

「奨学金は借金だ」という意見がありますが、もちろん借金です。それを
ことさら「借金だ」とネガティブにいう人は、「奨学金はもらえるという
前提」があるのでしょうか

「だったら教育ローンとか学資ローンという名前にした方がいい」という
声もあるようですが、奨学金には給付型と貸与型があり、前者は返済不
要、後者が返済が必要なので、すべてがローンというわけではありません。

奨学金はその名のとおり、学ぶことを奨励するための資金であり、ローン
であろうと何も問題ないと思います。大学に進学するかどうかは本人の自
由意志であり、進学しなければ奨学金も不要だからです。
       


━━━━━━━━━━


◆金融リスクの虎たち

「宮崎正弘の国際情勢解題」 
  令和四年(2022)2月14日(月曜日)
      通巻7218号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今度は銀行と食糧備蓄の責任者の腐敗に司直の手
  「金融リスクの虎たち」を最高検察が連続的に逮捕している
***************************

 2022年2月9日、河南省党委員だった甘栄伸が汚職、重大に規律違
反で逮捕された。
 同月10日 中国銀行副総裁、中国銀行監督管理委員会副主席という重
責にあった蔡顎生が逮捕された。71歳、金融界の大物である。
 同月11日、杭州市党委員だった周江勇が逮捕された。

 食糧備蓄分野の不正にも検察の手はおよび、12日には国家糧食局副長
の徐鳴が収賄、地位利用などの容疑で逮捕された。

「次は誰か?」の噂が飛び交う中、2月12日、中国国家開発発展銀行の
副総裁だった何興祥が、収賄、不正貸し付け、違法起債、海外預金の隠匿
という四つの罪状で逮捕された。
何興祥は銀行畑を歩んできたエリートで、吉林省、海南省、山東省の支店
長などを歴任し、中国農業銀行の副総裁を経験した。

 これら一連の逮捕劇は「金融リスクの虎たち」と呼ばれた一群の人脈が
背後に繋がっているとされる。
     
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム 
@@@@@@@@

【知道中国 2329回】           
 ─英国殖民地だった頃・・・香港での日々(香港211)

    △
 いずれは食用として犬買いに売り飛ばそうと考えて、子犬を可愛がって
育てていた。たしかに残酷な話とは思うが、曽妹だけがそうしていたわけ
ではないだろう。香港の農村部では、曽妹と同じような魂胆で子犬を飼育
していた例は数多くあったはず。ならば無数の子犬が、食用になる運命を
背負って愛玩されていたに違いない。

 ヒドイと言えばヒドイようだが、アッケラカンと割り切ってみれば、
それはそれでスッキリしている。ここで「動物愛護を!」などとキザった
らしい物言いをする積もりは全くないし、するべきではない。それが食を
通じての生き方(食文化)なのだから。

 曽妹と子犬の関係から中国庶民の死生観を引き出そうなどと大仰な考え
は毛頭ないが、それにしても《生きているモノ》と《死体というモノ》に対す
る向き合い方の切り替えを見せてもらったことは確かであり、彼らの生き
方の一端を実感させてもらった思いだ。

 ところで香港の農村部の先に広がっているのは、広東の農村である。も
とは同じく広東の農村であり、たまたま殖民地と人民共和国の違いがある
だけで、農村での生き方に大差があろうはずもない。ならば犬の運命もま
た同じだったと考えらはしないか。

 対外開放されて程ない1980年初頭、広東の農村を訪れた時、ある農家の
軒先に皮を剥かれた犬が頭を下にぶら下がっていた。そこにいた農夫に
「旨そうですね、食べるんですか」と尋ねると、「だから買ってきたの
さ」と皺くちゃな顔がニコッと微笑んだ。文革終焉から僅か数年。やはり
食い物に関する習慣は政治の力でも容易くは換えられないらしい。農家の
壁に残された「毛主席万歳!」の文字は色鮮やかなままだった。

 ここで麻袋に押し込められた犬の運命に戻るが、もちろん犬買いの手に
委ねられる。
 1匹ずつ詰めた麻袋を幾つか持って、犬飼は沙田から九龍に向かう幹線
道路の大埔道(タイポ・ドウ)まで出て小巴(ミニバス)を拾う。バスの
狭い通路に犬の入った麻袋を置くのだが、九龍の街に入る直前の山道で潜
り抜けなければならない関門がある。「野蛮で残酷な犬肉販売」を取り締
まるため、10月前後から山道の脇にパトカーを停車させ、警察官が目を光
らせるのである。

或る日、麻袋が置かれた小巴に乗り合わせた。警官の指示で小巴は道の
脇に停車する。ドアが開くと、入り口のステップに片足を掛け、警察官が
身を乗り入れる。乗客をヌメッと見回した後、通路に置かれた麻袋に視線
を落とす。「これはなんだ」。乗客は下を向いたりして視線を逸らし沈
黙。再び「これはなんだ」。またまた沈黙。すると麻袋がモゾモゾと動
き、運悪く袋の中から「キャンキャン」とくぐもった鳴き声がする。「こ
れはなんだ」。またまた沈黙。すると、やおら警官は運転手に向かって
「発車していいぞ」と。ドアが閉まり、小巴は動き出した。
 
 警察官の職務怠慢ではなく、明らかに温情、いや見て見ぬ振り、という
やつだ。乗客の視線は一斉に麻袋の持ち主、つまり犬買いに注がれること
になる。とはいえ彼を非難しているわけではなく、ホッと安堵の雰囲気が
車中を漂う。
 この先、犬買いは九龍の市街で「香肉上市」の張り紙をした屋台の犬肉
屋に「生きのいい香肉」を卸すことになる。

 その先だが、犬はクビに輪を掛けられ、屋台の店先に繋がれる。客が立
て込んできて用意した分が少なくなると、新しく仕込まなければならな
い。そこで店先に繋がれた何匹かの中から1匹を選び、路地の奥の暗がり
の方に連れて行こうとするのだが、ここで犬が前足を突っ張って抵抗す
る。犬もまた自らの運命を察知するのだろう。
オヤジが手にした綱を強く引くから、前足を突っ張ったままズルズルと引
きずられて行かざるを得ない。やがて客の視界から消えるや、「キャン、
キャーン、ウン」の鳴き声を残して絶命です。
     □☆●□☆●□☆●☆□☆●□☆●□ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆⌒☆     
  ★読者の声  どくしゃのこえ  READERS‘ OPINIONS 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1) 建国記念の日に中東のアブダビ国営石油グループは本社ビ
ルに感謝のディスプレイを設置。
https://twitter.com/ArabNewsjp/status/1492416949464223744
 アブダビとの付き合いはもう50年にもなるのかと驚き。カタールの天然
ガスも日本企業が開発した。イラン革命で頓挫したIJPC石油コンビナート
では3千人以上の日本人が働いていた。
 イラン革命自体いまだによくわからない。ホメイニが英国のエージェン
ト説、ソ連のエージェント説、2重スパイ説、その他もろもろ。
 パーレビ国王時代にはイスラエルの航空会社のオフィスまであった。ア
フマディネジャド大統領などユダヤ人の家系であるとの報道もある。昔か
らバザール商人はユダヤ系が多いしバザールが革命の震源地だったりする。
現代では世界の中華街が中国共産党の隠れ蓑になっているようなものかも
しれない。
  (PB生、千葉)



  ♪
(読者の声2)「反中央集権化」が世界中の人民が望み、進んでいる。そ
れは、反グローバル化、国家主義、の内側で進んでいる。ある程度の権力
の集権化、商品の大量生産化、標準化は、効率の効果、低価格をもたらす
が、同時に使用者と提供者の間の剥離が、必ず生じる。その不満を権力・
暴力で解消する国が中共、ロシア、北朝鮮、などである。英国民は、民主
的にEUから英離脱を行った。
 しかしながら日本では260年間の長い「徳川家中央集権政府」の独占支
配により、人民のDNAに変化をもたらし、常に絶対的に「お上に従う」と
いう習慣が定着し、お上を代弁するNHKや朝日などの正しい、唯一の情報
を信じて疑わない。「霞ヶ関から離脱」などは夢想だにしない。戦後の
GHQ占領下に強制され「自主的に」書かされた「憲法」も「不磨の大典」
として未だに尊重されている。
 当時13州(現在は50州)からなる米国で、憲法が書かれ、現在に至る
までに27回部分的な改正が行われてきた。禁酒法もそんな憲法上の改正
で、やってみてしばらくして、正式に取り消している。
その改正の手続きは「上下議院の2/3以上の賛成、国民投票で
2/3」、とかなり難しい。同憲法には、民主的な「改正の方法」が二つ
(重複)あって、その一つが、中央の連邦政府議会に依存していない、各
州が独自に指導・発議する方法で、今かなり進んでいる。つまり。多くの
州の国民が、反中央集権化を望んでおり、その運動が本格化している。
(南北戦争のような「分裂・独立」運動ではなく、過度の中央からのお
せっかいな介入を制御しよう、という事)
 米国憲法、第5条によれば、50州のうち34州(2/3)が希望すれば、「州
議会(Convention of States)」を開くことができ、そこで38州が賛同す
れば、連邦政府の権限、予算、人事を制限することができる。この議決に
は、連邦政府の議員の賛同を得る必要がないため、地方の州議会議員が独
自に主導することになる。この改正手段は米国歴史上、使われた事はまだ
無い。
 あまりにも肥大化し、膨大な負債を生み出したワシントンの政治家、官
僚・役人から、各地方に権限、予算、人事などを取り戻そう、という運動
が2013年から始まり、300万人の支援を得て、すでに17州で決議され、24
州が協議・検討しており、目標に近づいている。著名な保守の言論人、政
治家が賛同している。
 https://conventionofstates.com
2020年からの人民の人権を無視し奴隷のように扱うバイデン独裁政権に対
する不満が高まり、民主党の州さえも鞍替えが予想される。
これで常に巨大化・独裁化する連邦政府を止め、小さな政府、民間企業、
個人の財産、自由を尊重する本来の米国が蘇る、可能性が生まれる。これ
が成功すれば、実質的にこれまでの「憲法の誤った拡大解釈」を大幅に変
え、本来の連邦政府の限られた運営に戻すことになる。(しかし、同時に
連邦政府の縮小とは、「内向き」の外交、軍事を意味し、かつての不干渉
「モンロー主義」の再来ともなる。正義の味方「世界の警察官」も予算も
賛同もなければ、出番は無い。と、いう日本防衛への影響もある。)
 言うまでもなく、日本にも同様なもっと無責任な政府機関の暴走があ
り、国の赤字は断トツで世界一。
GHQが即席に作った「日本憲法」には、これに相当する改正条文は無い。
しかし、故石原慎太郎氏、故渡部昇一氏などが宣言なされているように、
この「憲法」なるものは、占領下において、主権のない国民が「自主的
に」作られたものであり、不法であり整合性を持たず、単に「破棄」すれ
ばいい。
米国も他国も、こんな純粋の国内問題に文句を言うはずはなく、中共、ロ
シア、北朝鮮、朝日新聞、日本共産党、自民党ぐらいだけが反対するのだ
ろう。
 現在、米国も憲法の根本的な問題を解決しようとしており、これに乗じ
て、日本も真似て、戦後処理を行うべし。しかし、私見によれば、遺憾な
がら「あっしには、関わりのねえこってす。ごめんなすって」と仰言る、
大多数の無関心な日本人によって日本が消える、らしい。
「無関心こそ最大の悪」とはユダヤ人の大胆な虐殺を傍観したドイツ人の
現象からの教訓。 
https://www.zerohedge.com/political/nebraska-joins-call-convention-states-amend-us-constitution
(在米のKM生)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。