2007年09月25日

◆マロニエの餅

                           渡部亮次郎

9月半ばを過ぎて、東京湾岸の都立猿江恩賜公園の栃の実はすべて落ちてしまった。しかし1つも存在しない。誰かが、何人かが持ち去ったのである。食べる方法を知っているのかな。

親友一家が一昨年の秋、パリに遊んだ。通りのあちこちに大きな栗に似た実が落ちていた。聞くとこれが歌に歌われるマロニエの実だが食べる事はできないといわれて棄ててきた。

マロニエこそは栃(とち)なのである。栃木県の県花。栃をフランス語ではマロニエというのである。英語ではhorse chestnut
馬栗という。歌手松島詩子さん(故人)がよく歌っていた。「わたしにとっては"恩"のある歌」と生前語っておられた。

松島詩子(1905-1996)
<山口の柳井出身。地元の音楽教師から歌手に転身。作曲家の佐々木すぐるの勧めで昭和7年、レコードデビュー。柳井はるみの芸名も持つが、松島詩子は山田耕筰が命名。

多くの芸名を持っていたが、東北の巡業先で、以前と別の名前で公演を行ったところ「偽者」と騒ぎになり、それ以降は松島詩子で通す。

10年に「夕べ仄かに」がヒット。12年には自らのピアノの弾き語りによる「マロニエの木陰」が大ヒット。13年に歌劇団パヴォーを創設し、「ボッカチオ」の公演なども行った。小学校歌唱指導の旅で「月の砂漠」を全国に広める。

21年には強盗に遭遇。27年1月には第2回紅白歌合戦に向かう途中、タクシーが事故に遭いドタキャン。30年には「喫茶店の片隅で」がヒット。53年、勲四等瑞宝章受章。59年に傘寿記念の新曲「今は忘れて」を出すが、晩年は声が出なくなるとテレビ出演を断り、公の場で歌う事はなくなった。

平成8年11/19午後10時21分、心不全で死去。本名は内海シマ。住まいは小平市小平学園西町だった。故郷の柳井には松島詩子記念館があり、松島詩子を記念した音楽コンクールも行われている。夫も歌手の内海一郎。>(「誰か昭和を想わざる」)

広辞苑でマロニエを引くと、地中海沿岸の原産。イタリア、フランスなどで街路樹として栽培。セイヨウトチノキとあるから、西洋のは日本産と品種が若干違って、どうやっても食べられないのかも知れない。

いずれ日本には昔から「栃餅」というのがあった。広辞苑にも「光沢ある褐色の種子からアク抜きして澱粉や栃餅・栃粥などを作る」と出ている。

そこはインターネットの便利さ。アク抜きは大変面倒なものである。石川県白山市白山名物「栃餅」の志んさ が出てきた。

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%C6%CA%CC%DF&fr=top_v2&tid=top_v2&ei=euc-jp&search.x=1&x=27&y=6



志んさへようこそ! 白山名物の栃餅の他、オリジナル商品もございます。 ... 私達が「志んさ」のおいしい栃餅を作っています。 ... 白峰に古くから伝わる栃餅は、ほんのりと苦みにある、どこか昔懐かしいような気持ちにさせてくれるお餅です、とあるではないか。
ご注文は(電子メールでもOKです)

〒920−2501
石川県白山市白峰ロ166―3
志んさ本舗
tel:fax 0761-98-2030
info@shinsahonpo.co.jp

まず、栃の実を保存できる状態にします(約1カ月)

1)山で拾ってきた栃の実を水につけて2〜3日置きます。こうすることによって実についている害虫を取り除きます。

2)実を水洗いしてから、1カ月ほど天日干しで完全に乾くまで干します。これで、長期保存ができるようになります。

栃の実を食べられるように下準備をします(約2週間)

1)乾燥した栃の実を戻すために、使う分だけ熱湯に付けてそのまま一晩置きます。

2)翌日、もう1度熱湯に浸けながら実を割って皮をむきます。

3)皮をむいた実を、約10日ほど流水につけておきます。水につけ始めた翌日と、水から上げる日に、水洗いします。

4)水を切った栃の実を灰と一緒に煮て、煮汁と一緒に保温して2日ほど寝かしてアクを抜きます。

5)栃の実の水気を切れば下準備OKです。

いよいよお餅にして食べられるようにします。

1)アク抜きした栃の実と、前日から水に浸けておいたもち米を、一緒に約1時間蒸します。

2)蒸し上がったら、栃の実ともち米をいっしょについてできあがり。

3)さあ、できたてのお餅を、あんこをつけたり砂糖をつけたりして食べましょう。なんともいえない懐かしい気持ちにさせてくれます。

店のご主人曰く「私個人としては、切り餅を焼いて砂糖をつけて食べるのが好きです。栃餅を焼くと栃独特の苦みが香ばしさに変わり、それが砂糖のシンプルな甘みととてもよく合います。

白峰の村人や栃餅通の方は、この食べ方を好む人が多いようです。また、餅の中にあんが入った栃餅を焼くと、熱々のあんことほろ苦いお餅でホッペもお餅もとけて落ちそうになります。ぜひお試し下さい」。

●価格(税込)
中あん      外あん  切餅
栃 餅 130円  130円  130円

栃かきもち    390円
栃の味せんべい(6枚×12袋入)2000円
栃の味せんべい(6枚×6袋入 1100円
栃の味せんべい(6枚入)150円
2007・09・20

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック