2008年03月09日

◆翌檜とは残酷な

                  渡部亮次郎

ある総理大臣が不能になった衆院議長を「マシュマロ君」と呼んだのは
冗談にしても失礼だが、江東区が精神薄弱者の作業所に翌檜(あすなろ)
と名づけたのは残酷すぎないか。

明日は檜になろうとしても絶対なれないのが翌檜(あすなろ)の意味。さ
も希望があるように見せるのはどうか。我々は根拠も無く明日に希望を
見出そうとするが、翌檜に明日は絶対無いのだ。だから残酷だと言うの
だ。

広辞苑によると「翌檜 (「明日は檜になろう」の意)ヒノキ科の常緑
高木。5月ごろ花を開く。果実は楕円形の球果。材は建築材、船材、枕木
など。木曾の五木の一つ。別名ひば、しろび、あて、あすひ、あすはひ
のき。

翌檜は実は東北地方の木である。つまり東北には檜は生えない。檜より
価値において低い翌檜しかない。正確ではないが能登半島以北には翌檜(
ヒバ)しか生えないと聞いたことがある。

<アスナロ(明日檜:翌檜) False Arborvitae ヒノキ科の常緑高木の1
種。山地の尾根筋などの乾燥地や、湿地の周辺などに生え、乾湿両極端
の環境に適応し、日陰にも強い。

アスヒ、オニヒノキ、オニヒバともよばれる。和名のアスナロは、「枕
草子」にもみられるように「明日はヒノキになろう」という意味だと俗
にいわれるが、その名の由来は、ヒノキに比較して葉が厚いという意味
で、アツバヒノキとよばれ、それが「明日はヒノキ」→「明日はヒノキ
になろう」→「明日なろ」と転じたものともいわれる。

日本の固有種で、本州および四国、九州に分布する。

木材は水湿に強く、腐りにくい。木目は美しいが、特有の精油成分によ
る異臭が一般には好まれない。建築や土木、家具、船舶、車両、桶(おけ)
などに用いられる。木曽地方では、ヒノキやサワラ、クロベ、コウヤマ
キなどと共に「木曽の五木」のひとつに数えられる。

アスナロの変種であるヒノキアスナロは、ヒバともよばれ、球果がやや
まるく、北海道の渡島半島以南、本州北部に分布する。青森県の下北半
島、津軽半島にはヒノキアスナロの純林があり、秋田のスギ林、木曽の
ヒノキ林とともに日本三大美林の一つに数えられる。>

1936年生まれの私が「あすなろ」という名に初めて接したのは井上靖の
小説「あすなろ物語」であるが、それが「ひば」のことだとは知らなかっ
た。


インターネットで調べてみると昭和28(1953)年の「オール読物」(文藝春秋社)の1月〜6月号に連載された作品だった。少年の成長記のような小説だった。「明日なろう」とはなんとなく希望の持てる感じを受けた。それは確かである。

しかし東北では「あすなろ」なんて言わない。みんなが「ヒバ」と呼び、青森県が名産地である。きわめて耐陰性が大きいところから門扉に用いられる。

東北を僻んでいる人は「いや、檜に劣るような事は断じてない」と頑固
に明日は檜になれるのだと言い張る。終いには百科事典の執筆者が知ら
ないのだといい始めた。

<ヒノキ(檜) False Cypress 美林と高級材で知られるヒノキ科の常緑針葉高木。和名は「火の木」の意味で、昔、この木をこすりあわせて火をおこしたことによる。

ヒノキは福島県と新潟県以南、九州の屋久島までの山地に自生の分布を
持つが、重要樹木のために植林が各地で盛んに行われていて、丹精をこ
めた育成と管理により、美しい樹林を作り出している。

とくに木曽のヒノキ林(→ 木曽川)は古い歴史を持ち、秋田のスギ林、青森のヒバ(ヒノキアスナロ)林とともに、日本3大美林とよばれることも多い。

高さはふつう20〜30m、大きいものでは50m、幹の直径2mにもなる。材は、加工しやすい、ゆがみにくい、年を経ても強度が落ちないなど、すぐれた性質がある。このため古くから木材として使われてきた。

1300年前に建てられた法隆寺はその殆どにヒノキ材を使い、建築物以外
でも仏像などの材料になった。現在でも、様々な建築部材に使用されて
いる。>< >内はいずれも「エンカルタ」マイクロソフト

檜と翌檜。似て非なるものなのだ。明日ヒノキになる事は絶対かなわな
いのだ。    2006.12.23 (再掲)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック