2008年04月17日

◆砂漠でない「月の沙漠」

                   渡部亮次郎

東京音楽学校(現在の国立東京藝術大学)出の流行歌手藤山一郎は太平
洋戦争が激化すると、前々から激戦地に赴き慰問演奏をしたいという希
望があり、1943年(昭和18年)読売新聞社の企画で南方慰問団を結成、
2度南方に赴き、幾度の死線を突破して音楽活動を続けた。

ところが1945年(昭和20年)、インドネシアで終戦を迎え、インドネシ
ア解放軍、イギリス軍の捕虜となる。この抑留体験が大衆音楽家藤山一
郎の人生を決意させた。1946年(昭和21年)、航空母艦「葛城」に乗船
して復員。この間、巷では藤山一郎、南方死亡説が流れた。

帰国後、コロムビア専属藤山一郎としてスタート。ハバネラタンゴの『銀
座セレナーデ』『ふるさとの馬車』が巷に流れたものの放送に出る機会
はなかった。ようやく1947年(昭和22年)、ラジオ歌謡『三日月娘』に
出てファンは藤山の生還を知り歓喜したのだった。

「三日月娘」は藤山の生還第1声、戦後初のヒットとなった。

私は小学6年生。家には未だラジオが無かったが、向かいの友達が兄さん
の買ってきたレコードをかけて呉れて「三日月娘」を聴いた。
「幾夜重ねて 砂漠を越えて 明日はあの娘(こ)のいる町へ
鈴が鳴る鳴る 駱駝の鈴が 思い出させて 風に鳴る」
作詞:薮田義雄 作曲:古関裕而。共に軽快である。

しかし砂漠と言うものを見たことの無い少年は、なんとなく「月の沙漠」
で砂漠を連想するだけ。しかし「月の沙漠」は千葉県御宿海岸の砂浜を
モチーフに書かれたと聞いた事があり、本物の砂漠もそれこそ果てしな
く広がる砂丘を連想していた。

ところが41歳の時、想像もしていなかったサハラ砂漠上空を飛んで実見
した。果てしなく広がる不毛の土地は間違いないが、岩山あり、谷あり、
水なし。迷ったら死ぬ事必定の地獄だった。

時々、油田のガス抜きの炎が高い煙突から拭いているのが見えて、ここ
がいまや不毛の地が、厖大な冨をこの国にもたらす油を溜めている事を
改めて知らされるのである。

余談だが、私を乗せたのはサウジアラビア政府提供の大型ヘリだったが、
猛烈な騒音が子守唄になってしばし眠ってしまった。「時差ぼけ」をあ
れほど実感した事は無い。

また駱駝に乗ったキャラバンは確かだろうが、厳しいイスラム教の男女
関係を律する教えを知れば知るほど、三日月娘は夢の世界と知る。

サハラ砂漠砂漠(さばく、沙漠とも)とは、雨があまり降らず降雨量よ
りも蒸発量の方が多い土地。植物がほとんど生息せず、水分も少ないた
め、気温の日較差が激しい。

よって農業には適さず、人間の居住が難しい地域(アネクメネ)である。
砂漠地は岩石(メサ、ビュート)、礫(れき)、砂、ワジ(涸れ川)、
塩湖、一部人などが生息できるオアシスなどで形成されている。

「砂漠」という表記からの連想もあり、一般的には見渡す限り砂地が広
がって風紋を織りなしている情景がよくイメージされるが、実際には岩
原など、地形にはバリエーションがある。世界では岩石砂漠、礫砂漠、
砂砂漠の順に多い。

地球上の砂漠は、毎年600万ヘクタールの規模で拡大を続けている。これ
は、上記のような気候による影響だけではなく人間の活動に伴う要素が
大きい。

砂漠化によって、その地域に居住する人々の食料生産ができなくなる。
二酸化炭素の吸収源である森林が減少し、地球温暖化を加速させる など
という深刻な影響がある。

こうした砂漠化を進行させる原因は、熱帯雨林の過剰な伐採により土地の
給水能力が衰える、家畜の過放牧、過剰な焼畑農業などが指摘されてい
る。

当用漢字制定前は「沙漠」という表記が使用されていたが、「沙」が当
用漢字から外れたために「砂」を用いた「砂漠」という表記が使用され
るようになった。なお、「沙」も「砂」も「すな」という意味を持つ漢
字であり、「水が少いから『沙漠』と書く」というのは俗説。

学術用語としては「desert」に対して「砂漠」という訳語が当てられる。
このため、学術用語の「砂漠」はすなじ(砂地/沙地)だけを指すもので
はないことは既述のとおり。

中国語では沙漠(砂漠)・(礫漠)・岩漠・泥漠・等の総称として「荒
漠」を用いることがある。2008・04・11

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック